« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.0607 Tue

「激闘編」
東京に着き最初に本部へ行こうと信濃町へ。
部長のお姉さんのマンションで一休みしつつ接遇センターへ。
日曜日なのでものすごい人。
先生へのお手紙を受け付けてもらうまでまで30分くらいかかったなー。
まぁ、こういうのもいい。
たまにしか体験できんし。

ほんでそこからは3グループに別れて行動開始。
私は友人のいる大田区へ。

しかーし、ここで前回の悪夢が復活。
やはり夜行バスは寝不足になるので寝過ごしの連続。
かなり時間がかかってしまったわい。
おまけにやっとのことで探し当てた友人は留守だし。

(-_-;)

アポとってないから仕方ない。
仕方ないついでにたまたま見つけた大田池田文化会館の看板を手がかりに大田文化へ。
ものすごいデカイ会館。
大阪とは違う。
東京ってデカイもの好き
大きいことはいいことだなのだ。

ほんで会館を後にして集合場所の品川駅へ。
次の目的は品達。
品川駅に7つのラーメン屋が集まっている。
私は塩ラーメン大好き人間なので迷わず「旭川のさいじょう」に入り塩ラーメンを注文。
結構美味いじゃん。
やっぱ塩ラーメンは北海道?
ラーメン後進国の大阪としては大阪のラーメンを確立してほすいなー。
豚骨ばっかだもんね。

で、おみやげを買いつつ集合場所の浜松町へ。
17:00に出発。
一路大阪へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0606 Mon

「旅立ち編」
駅付近ににバイクで乗り着けターミナルの集合場所へ。
夜行バスで東京襲撃第2弾である。
2時間前にKUDANから掛かってきたあの電話を気にしながら。

「ケビンくん、盛上げんの上手いからバスの中でちょっと盛上げてくれへん? ゲームかなんか考えといて~♪」ということで考える。

そのことがあるからちょいと緊張しつつバスに搭乗。
前から二つ目の席に陣取る。

バスは予定通り0:00出発。
高速に乗ると同時にゲームスタート!

今回チョイスしたのは

・おーちたおちた
・歌合戦

最初「ポッキー送り」が浮かんだものの♂同士でやるのは気持ち悪すぎなので却下w
タオル送りとか伝言ゲームもノリが心配なんで却下しますた。
当然、ケビンワールドのがっつりトークも途中はさみながらですw

で、何かの参考のため(?)ゲームの説明をすると

「おーちたおちた」は

リーダーが「おーちたおちた♪」と言ってみんなに「なーにがおちた」と返してもらい「功徳」「バチ」「KUDAN」のうちのひとつを選んで

「功徳」なら口を開けて上を向いてもらい
「バチ」なら耳をふさいでもらい
「KUDAN」なら頭を隠してもらいます。

まぁ、これで軽くジャブしながら次のゲーム、歌合戦。

この歌合戦はチームを真中の通路で二つに分けて一方は「常勝の空」、一方は「威風堂々の歌」をかわりべんたんに歌って、つられずに最後まで歌いきれたチームが勝利! というゲームなのだが、理解のツライ男子部。
だんだん一緒くたになってしまって威風堂々の大合唱になってしまったw
私も行きがかり上、通路で指揮を執ってたりしてwww
走行中のバスの中で指揮を執らすなっちゅーねんw

ほんでそれからは静かに(?)東京へ向けて。
途中、養老SA、牧之原SA、海老名SAで休憩して東京は浜松町バスターミナルに到着したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0605 Sun

ちーかれたー。
とにかくちーかれたー。
でも自分の限界を超える闘いだ。
クローン患者にしてはすごい行動力だw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0604 Sat

いよいよ東京襲撃っとその前にサッカー日本代表大勝利おめでとー!

∩( ・ω・)∩ バンザ~ィ

直近で小野が骨折で離脱してどうなることやらと心配してたけどなんとか勝ててよかったす。
中田が浮いてるって報道もあったけど今回はチームをまとめてくれたみたいで。
彼がもすこし大きくなれたらもっといいだろーなー。
とにかく日本代表ガンガレ!

ほんで0:00集合&出発。
現地着6:00。

その後のことはまた連載しますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0603 Fri

5連勤4日目。
キツサのピークに近づいてるw
足がつりそう。

ほんでこの日は家に帰ってダウン・・・。
ほんまに疲れのピークっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0602 Thu

部の日なのでSN室はお休み。
部の日に行くのだ。

いよいよ今度の土日の東京襲撃へのカウントダウンが始まった。
今回も自分への挑戦。
5連勤後の私の体力がどうかということだ。
強靭な体を作りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0601 Wed

さーて、6月。
梅雨間近でござるよ。
今年はどんな梅雨になるんだろう?
月初の創作はカレンダーづくり。
要するにカレンダーに色を塗るのだ。
最近、キチンと見本をつくってあげれてないからつらいよな~。
ちゃんとしたいすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0531 Tue

<エピローグ>
で、今回急に思い立ったように東京にいったのには理由があります。
ここで何度か触れてるように今年になってまったく低迷してる私。
いろいろ思い当たる原因はあるものの脱却できなくてもがいていました。
GWの後倒しの3連休が迫ってくると葛藤が起こりました。
ほんとはゆっくり休みたい。
何もしないで休んでたい。
これが本音です。
でもそれでは何も変わらないってこともわかっていました。
ここでこれまでの自分の選択と同じ選択をしたら、これからもずっとおんなじ選択をするに違いない。
そういう自分と訣別したい。
そのためには東京に行こうと決意を固めることができました。

でも臆病な気持ちは絶えずでてきました。
まず24日に任務が入ったこと。
これで22時大阪発のバスに乗れないことになりました。
この時点で最初のあきらめの気持ちがでました。
でも京都でバスに追いつこうと智慧がわきました。
勇気がでてきたんです。
残りチケットは4枚でした。
ゲットするしかありません。
それで何とか任務を早く切り上げて京都まで行きバスに飛び乗る!
ここまで勇気を出すことができました。
でも向こうに行ってどうするんだという心配も当然ながらありました。
弟に会うという目的はあるもののほんとに会えるのか確信はありません。
ただここで引き下がるわけにはいかない。
何か困難なことがあるたびに、『避けたい』『逃げたい』と思ってしまう自分にはもううんざりだったんです。
他人の決め事の中でしか行動できない自分も嫌でした。
自らが主体となってやりたい。
今しかない!
こういう思いで東京に行ってきました。
答えがどうでるのかまだわかりません。
でも確実に自分を変える第一歩を踏み出すことができたと確信しています。

『見る前に跳べ!』

という言葉があるように

『迷う前に行動する!』

このことが大切ですね。
長々とカキコしてしまった。
お付き合いサンクスでした (*_ _)ペコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0530 Mon

<再び東京編3>
弟と会ったあと東京駅へ戻る。
バスが出るまであと2時間。
どうして過ごそうか・・・。
これなら帰りは新幹線でもよかったですな。
時間を持て余す私。

晩飯をとひとつぎ屋という蕎麦屋に入りDセットを注文。
ミニカツどんとタヌキそばで650円。
まぁまぁかな。

八重洲の地下へ行くとラーメン横丁がありました。
でも目ぼしいとこはなし。
後で聞いたら品川の方がいいそうだ。
今度行くときはもっと下調べをして行かないとなw

KIOSKでお土産を買ってバスを待つ。

そうそう、今回困ったのがトイレ。
ちょいと今クローン病再燃中みたいでゲリピョン気味なんです。
だから駅に着くたびにトイレに駆け込んでました。
当然ウォシュレットなんてないしツラカッタ。
でもここ八重洲の地下のトイレでウォシュレット発見!
さらにうれしかったのはウォシュレットがあるのでコンセントもある~♪
てことは携帯に充電できるw
まぁ、もうすぐ東京を離れるのに充電もないですが・・・。
私の携帯の充電機能も限界ですんで今回必要以外は電源切ってましたw
次回からは充電が切れそうになったらトイレで充電だー!
(たぶん法律的には窃盗罪になるだろーけどなー。ヤヴァい。)

そうこうしてるとバスがやってきて乗り込みます。
大阪まで約8時間。
夜行バス往復はキツイっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.0529 Sun

<邂逅編>
さてさて次なる目的地は弟のとこ。
初めていくんで地図を片手。
最近は便利になってネットで調べられるから楽ですな。
駅から歩いてほどなく到着。
途中電話するもルスw
仕事中ですよね。
仕方ないので近所の公園等で暇つぶし。

で、そろそろかなと電話すると帰ってた。
家に行くと嫌がるのわかってたから近くの河川敷で話。
だいぶ変わってたなー、もしかしたら私よりおじさんに見えるかもしれん。
まぁ、もすこしあればもっと話ができたんだけど。
事前に電話したら嫌がるだろうし、どうしたもんかね。
ちょっとづついくしかないですな。
にしても彼女でもいれば安心なのだが・・・。
お互い30代も後半の後半になっても未だ独身とはw
まぁ、これからこれからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »