« ☆ビアンカ行方不明☆ はれ | トップページ | ☆俺、復活!☆ はれ »

☆北の塔☆ はれ

☆北の塔☆ はれ
2008.5.7.wed@シャバ517

ぷぎゃーーーー!
俺はこういうのは苦手なんだー。
やーめーてーく~れ~…。

ってここどこだ?
目の前に教会。
北の方角に薄気味悪い塔。
シスターの言うには、しばらく前にモンスターの集団が塔の方に集結していったという。

なんてことー。
やっぱモンスターにさらわれたのか?
とりあえず塔に入ってみる。

ヘンナ兄弟が宝探ししていやがる。
お前らは気楽でええーなー。
俺は下手したら男ヤモメになっちまうとこなんだぜ!

ひたすら塔を登る。
モンスターは限り無く襲ってくるがテキパキと撃退。

最上階にボスらしきものが…。
ビアンカもいる!

てめぇ、この野郎!
尻に敷かれっ放しとはいえ俺の女房なんだ!
とっとと、返しやがれ~。

怒りに萌えた(燃えた)俺の攻撃でモンスターの親玉どもを撃退!
俺って強い(笑)

さぁ、ビアンカを返してもらおうか、と啖呵を切った瞬間新たな敵ボスから異様な光が放たれた。

うにゃー、かっカラダが動かにゃーい。

カラダが石化していく!
うわー、俺のカラダが石像に変わっていく~。

5秒後…。

俺、完全に石像じゃん。
くっそー、こんな姿にされるとは…。
悲惨。

おーっ!
さっきのヘンナ兄弟が上がってきた。
やっぱ俺って運がいい。
さっそく助けてって、オイコラ、俺たちを売り物にする気かい(怒)

くっそー、石像になってなけりゃ、こんな奴等に好き勝手させねーのに。

俎板の鯉のようにオークションにかけられる俺。
情けねー。
いくらで売られようとどーしょうもない。
それ以前に、この石化魔法って解けるのか?
その疑問とともに大富豪の庭が俺の人生の終着点とは。

俺を守り神にしやがって。
俺はグランバニア王なんだぜ!

いくら叫んでも声にならず。
あるときは子どものおもちゃ。
あるときは記念撮影の背景。
あるときは八つ当たりの的。
そうして月日は過ぎていく。

そんなある日、俺がいつものようにボーッとしてると、いつものように大富豪の子どもがジャレついてきた。
俺の子もこれぐらいかなーなんて思った瞬間、モンスターどもが来襲。

子どもをさらっていきやがった!
くっそー、あいつら大っぴらにー。
許せねーなってチョイ待ち。
俺んせいじゃないよー。
父親が怒る怒る。
勝手に守り神にしといてそれはないよなー。

まぁ、俺の人生終わってるからどーでもいいけど。
そーいえば、石化してるから年とらんのかなぁ?
とりとめもなく考えてる俺の元にアイツらが…。


~Always love yourself!~

ほな! ノシ (`・ω・) ノ

|

« ☆ビアンカ行方不明☆ はれ | トップページ | ☆俺、復活!☆ はれ »

ドラクエⅤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/41286819

この記事へのトラックバック一覧です: ☆北の塔☆ はれ:

« ☆ビアンカ行方不明☆ はれ | トップページ | ☆俺、復活!☆ はれ »