« ☆ミンストレルソング☆ | トップページ | ☆ミンストレルソング☆ »

☆ミンストレルソング☆

2009.7.28.tue@シャバ00966

●鼻注4(1/250)
●経口1(1/400)
●体重?

シェリルも無事旅立った。

あとはサルーインに引導を渡すのみ。

巨人族の族長から、サルーインはイスマスの地下にいると聞く。

これまでのすべてにケリをつけるためイスマスに向かい、洞窟最深部にあるサルーインの紋章からサルーインの居城にワープする。

人間の胎内を思わせるフロアを進み、ついにサルーインと対面。

何だかんだ言ってるけど、結局は自分かわいさのお子ちゃまじゃん。

俺なんかずっと一人で生きてきたんだぜ。

甘えんなってことよ。

俺とアルベルトの電光石火。
ディアナの生命波動。

エルマンの吹雪とナイトハルト殿下の火の鳥の連続猛攻でさすがのサルーインも息絶え絶え。

しかしヤツは俺たちを道連れに、居城もろとも吹き飛ばす作戦にでた。

サルーインのうなり声。

その瞬間、光が俺たちを包んだ。

何もかもを飲み込むかのようなでかくて深い光だった。

俺たちのココロとカラダもその光の中に溶け込んでいった。

これまでの出来事が走馬灯のように現れては消えていく。

マルディアスのすべての地を巡っていく。

そして宇宙が見えた。

吸い込まれていく。

あー、このまま生命の源に還っていくのかなー。

意識もあるのかないのかわからない。

無意識さえも…。

どんどん吸い込まれていく。

宇宙の果てだ。

もう戻れないと思ったそのとき。

温かい、これまでに感じたことのない温かさに包み込まれはじめた。

『生きよ!』

エロールの声?

たしたにエロールの声で『生きよ!』と聞こえた気がした。

その瞬間、俺たちのココロとカラダが宇宙の果てからものすごい勢いでマルディアスに引っ張られ始めた。

…。
…。
…。

気が付くと、俺たちは破壊されたイスマス城を見下ろす丘の上に立っていた。

なんだ?

幻だったのか?

それはわからない。

とにかくサルーインを再び退けることには成功したようだ。

さて、これからどうするか?

それはこれから考える。


ほな! ノシ (`・ω・) ノ

|

« ☆ミンストレルソング☆ | トップページ | ☆ミンストレルソング☆ »

ミンストレルソング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/46046993

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ミンストレルソング☆:

» 全裸オナニー生配信で募金活動の女性登場 [ニコニコ動画 生配信者 まつちゃん 全裸で募金活動!]
ニコニコ動画で全裸オナニー生配信の募金活動!実話だからすごい! [続きを読む]

受信: 2009.08.28 10:30

« ☆ミンストレルソング☆ | トップページ | ☆ミンストレルソング☆ »