« ☆あきまへんなー☆ | トップページ | ☆明日から☆ »

☆人は老いるもの☆

091116_


2009.11.26.thu@シャバ01087

●鼻注4(1/300)
●経口2(1/330)
●体重?


出勤したときにデイの利用者さんと玄関で出くわした。

車イスに乗っている。

家でコケてしまって車イスでないと生活できなくなったそうだ。

もうあかんと言う利用者さんに何と言葉を返していいのか悩んだ。

『大丈夫ですよ』っていうのも他人事だし。

もちろん車イス生活になったからといって人生が終わるわけじゃないし、元気に車イス生活してる人も多い。

でもそういうことをその人に『説明』しても仕方ないんだなー。

本人は車イス生活になったことがまずショックだし、受け止められてない段階。

もちろん受け入れられてもいない。

そういうときに

『大丈夫』とか『心配ない』とか『○○さんも車イスだけど大丈夫だからあなたもすぐ慣れるよ』って言ってもねー。

『話を聴いてほしい』って気持ちが根底にあるんだから、まずその気持ちを受け止めてあげないと。

あとは本人が受け入れるのを待つこと。

受け入れられないこともあるけど、それは本人がこれまで生きてきた経験や人生観で決まってくるから任せるだけ。

気持ちに寄り添うことがまず大事で、あれこれいうのはそれからでも遅くない。

でも、そういうプロセスを軽視してる場合があまりにも多い。

結局は

『他人事』なんだな。

で、そういう人ほど、いざ障碍や病気、老いに直面したときにウロタエル。

自分だけは大丈夫なんてことはありえない。

もし大丈夫でもそれはラッキーだっただけでたまたま。

伸び伸びと身の丈にあった生き方をしたいですな。


ほな! (^^)/

|

« ☆あきまへんなー☆ | トップページ | ☆明日から☆ »

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/46943391

この記事へのトラックバック一覧です: ☆人は老いるもの☆:

« ☆あきまへんなー☆ | トップページ | ☆明日から☆ »