« “脱エレン4日間の結果” | トップページ | “11月も終わり” »

“UTAU2010”

2010.11.29.mon@シャバ01451

●鼻注4(1/300-155ml/h)
●経口3(1/300)
●体重50.4kg
101126_
行ってきました。

会場はブリーゼ。

大きなピノキオがいるとこ。

座席は後ろの方でしたが真ん中のいいとこでした。

教授の繊細なピアノと大貫さんの透明感のある声。

今の音楽業界ではほんとに貴重な存在だなぁ。

教授のライブはいつもそうなんですが、今回もあっという間。

こんなに早い2時間ってないです。

一曲一曲がココロに染み込んでいきます。

MCも最高で、リトルブッダのあるシーンの曲を作るのに、とにかく悲しい曲にしてくれとの監督の要望で、1曲目、2曲目はあえなくボツ。

3曲目はこれでもかと悲しくしたら悲しすぎ。

結局5曲目でOKという、何とも監督ってこだわりの鬼だなと思いました。

教授は3曲目はスウィートリベンジという曲にして、発表したって言ってました。

聴いてみたいなー。

それとボレロ風にって言われて、その通り似ていながらも外しながら作ったら、フランスで訴えられかけたって(笑)

フランスではアレンジにも著作権が認められてるってことで。

知らんことだらけだわい。

うれしかったのは唱歌・童謡。

教授が子どもに(美雨ちゃん?)聴かせたいと思って市販のを聴いてみたらアレンジがヒドい。

これは自分で作んなきゃいけないのかなーって思ってるうちに美雨ちゃんは大きくなっちゃって…教授らしい。

DVDも出てるからこれは注目です。

今は世代を超えて歌える歌がないもん。

唱歌・童謡って今の若い人は歌えないんじゃないのかなぁ。

危うし音楽療法。

まぁ、団塊の世代辺りになるともうあかんけど。

悲劇だと思う。

もっと大事にしないといけないと思う。

日本の良いとこ。

伝統って大上段に振りかぶらなくても、小さなとこからね。

繋いでいくことが大事なので。


ほな! (^^)/


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« “脱エレン4日間の結果” | トップページ | “11月も終わり” »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/50176639

この記事へのトラックバック一覧です: “UTAU2010”:

« “脱エレン4日間の結果” | トップページ | “11月も終わり” »