« “近付く年の瀬” | トップページ | “何回トイレに行ったらいいのだ!” »

“一気観…無印医龍”

2010.12.18.sat@シャバ01410

●鼻注0(1/275-135ml/h)

●経口0(1/300)
●体重?kg

休みだったんで、昼から無印医龍を一気観してしまった。

のぐたんのキャラが違いすぎる(笑)

それはさておき、無印は加藤助教授の野望と伊集院の成長物語がメインだったんだなと改めて思った。

チーム員を集めていく課程がいい。

朝田と深い絆で結ばれてるいるミキ。

激しい対立から信頼へと変わる藤吉。

少しづつボクちゃんから成長する伊集院。

消せない過去を飲み込んで今を生きる荒瀬。

そして、加藤の野望から理想への回帰。

霧島の改心。

一人ひとりが丁寧に描かれてる。

去っていく朝田をさわやかに見送って無印の幕は下りていきます。

うーん、ときどき見返さないとね。


ほな! (^^)/


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« “近付く年の瀬” | トップページ | “何回トイレに行ったらいいのだ!” »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/50345708

この記事へのトラックバック一覧です: “一気観…無印医龍”:

« “近付く年の瀬” | トップページ | “何回トイレに行ったらいいのだ!” »