« “休みん” | トップページ | “肉食=不健康” »

“えー、というわけで”

2010.12.23.thu@シャバ01415


●鼻注0(1/300-155ml/h)
●経口0(1/300)
●体重?kg


非常にキツい。

徘徊(という言葉は好きじゃないけど)がすごいおじいちゃん。

説得も理屈も何もかもが通じない。

入所者さんも不穏になる。

どーすりゃいいのだ!

断るのは簡単。

けど、断っても家族さんの負担は変わらんし、本人もツラい。

簡単な人しか利用できないサービスなら、わざわざ介護保険を立ち上げた意味がないし、介護の専門性もない。

たいへんな人の行き場を確保して、本人と家族が壊れないようにするために介護保険はあるはずだ(違う?違うのなら悪いね)。

たいへんな人ほど受け入れなければ(なければというのも変なんだけど)いけない。

もちろん、現場のケアスキルのレベルにもよる。

スキルのないとこが受けいれるのは無謀。

きっちりスキルのあるとこが受け入れないと。

けど、現状はスキルがあろうとなかろうと、とにかく空いてるとこに放り込むことしかできてない。

そのことこそが問題。

すべての施設が高いスキルを持っているわけではない。

高いスキルを持っているところ、そこそこのスキルを持っているところ、最低限のスキルすらもってないところ。

まさに玉石混合。

そういう意味ではもっと介護業界も淘汰されないといけないわけだが、今は受け皿を広げないといけない時期なんで、そこまでは至ってない。

けど、いずれはそうなるはず。

少しでもケアのスキルがあるところへ行きたいというのは普通のこと。

そのニーズに介護に携わる人間が対応できるかが問題なんだなー。

世間的にも介護業界への理解は浅いし、むしろ無理解な側面が圧倒的だから、理解してもらえるようにしないとはいけない。

加えて、世間も介護の仕事にある程度、理解を示さないとはいけない。

介護の仕事は誰でもできるものではない。

ADLを損なわず介助することがどんだけ創造力のいることか、まだまだ理解はされてはいない。

定量的に評価できるものでもない。

そこが難しい。

評価という側面が入ることでかえって見えなくなる現状もある。

大切なことはすぐ目の前にいる一人ひとりに最善の手を差し延べること。

最善の手を差し延べるためにあらゆることを想像して創造する。

介護の仕事はそういうこと。

単純に介助すればいいですむならどんだけ楽かいなー。

てなわけで、話が難しくなってきたんでひとまず置きまする(笑)


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« “休みん” | トップページ | “肉食=不健康” »

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/50391831

この記事へのトラックバック一覧です: “えー、というわけで”:

« “休みん” | トップページ | “肉食=不健康” »