« “(映画)ロビンフッド” | トップページ | “近付く年の瀬” »

“医龍3(最終話)”

2010.12.16.thu@シャバ01468

●鼻注0(1/250-155ml/h)
●経口0(1/300)
●体重?kg


聞くところによると、一話削られたってことで、詰め込みが目立ってしまいました。

ロシア人ピアニスト、いっけいの奥さんに加え、お約束の突然の容体悪化のいっけいの娘さん。

同時に3つのオペを並行してやるはめに。

北洋の二人も取ってつけた感が大きくて。

もう少しストーリーが練り込まれてたら…。

けど、オペの緊張感は見応えあった。

残念なのは黒木が死んだこと。

仕方ないんだけどね。

そういう設定だったんだし。

ど真ん中のストーリーがブレずにあれば…。

のぐたんの失脚もお約束だったけど。

ちょっと消化不良感あったけど面白かったし、続編に期待しましょう。

続編…あるよね?

きっと?

あってほしいなー。


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« “(映画)ロビンフッド” | トップページ | “近付く年の瀬” »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/50345683

この記事へのトラックバック一覧です: “医龍3(最終話)”:

« “(映画)ロビンフッド” | トップページ | “近付く年の瀬” »