« “なんくるないさー、ケセラセラ” | トップページ | “ひさぶりの何もなし” »

“ケアの基本はいわるゆ母性”

平成23年1月7日(金)@シャバ01430

●鼻注0(1/300)
●経口0(1/300)
●体重?kg


さてと、職員をデイにヘルプに出してるのでキツい日。

徘徊じーちゃんは大活躍だし、他フロアで熱発者続出でマスク着用指令。

しかーし、スタッフが少なくて見守りできず事故りました…なんてブサイクなことはプロのCaremenとしてはゴメン。

ココロ落ち着かして気持ちに余裕を持って対処する。

認知症老人は介護者のココロの鏡とおんなじ。

介護者の喜怒哀楽。

とくに 怒 の感情に敏感に反応する。

本人が勝手に不穏になるのは仕方ない。

けど介護者の不適切な接遇で不穏にしてしまうのはマズい。

もちろん、イライラさせらることは多い。

ただこちらがイライラしないように、あらかじめ心づもりをしておくことは大事。

徘徊、帰宅願望、介護拒否。

それら問題行動といわれる行動は、原因があるときもあればないときもある。

穏やかに穏やかに不穏状態をソフトランディングさせていく。

それもケアスキル。

もちろん何をやってもダメ、何もしない方がいい場合もある。

それを見極めるのもケアスキル。

一人の高齢者を総体で包み込むこと。

それが大事。

ケアの基本はいわゆる母性なんだなー。


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« “なんくるないさー、ケセラセラ” | トップページ | “ひさぶりの何もなし” »

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/50533145

この記事へのトラックバック一覧です: “ケアの基本はいわるゆ母性”:

« “なんくるないさー、ケセラセラ” | トップページ | “ひさぶりの何もなし” »