« 【出血と浸出液】 | トップページ | 【9.11】 »

【vs広島(長居スタジアム)】

平成23年9月10日(土)パート2@シャバ01656

●鼻注0(1/225)
●経口4(1/225)
●体重?

リハパンにパットで応援にきてるのもいないだろう!

仕事を終えて長居スタジアムに駆け込む。

110910_vs

早番だったんでキックオフ10分前に到着。

試合はいきなり茂庭のアニキが怪我で退場。

代わりに藤本選手が入るがディフェンス力の低下は否めない。

案の定サイドに振られ空いた真ん中を面白いように抜かれる。

ぜんぜんいいとこなく最悪の0-3。

ブーイングの嵐。

何度も応援にきたけど前半で帰りたくなったのは初めてだ。

それほどヒドイ試合だってこと。

後半は播戸選手(杉本選手)とボギョン(山口選手)を入れて立て直し。

山口選手と扇原選手にはまだ荷が重すぎるか…。

しかーし、サッカーは終わってみるまではわからないもの。

清武選手、播戸選手、播戸選手の怒濤の3連チャン!

これで同点に。

ボギョン選手が入ってやられっぱなしだった中央でボールが取れるようになって、チャンスが生まれるようになった。

選手交替でどんだけ試合が動くか目の当たりにしちゃった。

そのまま勢いにのって5‐3まで引き離す。

試合終了間際に意地の1点を返されてヤバヤバだったけど何とか逃げ切り。

打ち合いってのは一点入れる、入れられる、引っくり返される、追い付く…みたいな展開やん。

0-3の圧倒的不利な状況からよく勝ったけど、茂庭選手の負傷退場があったにせよ最初のゲーム運びに難があったかなぁ。

試合の入りは結構よかったのに。

相手の術中にモロに嵌まった、嵌められた観が強いかな。

広島は試合巧者って印象はないんだけど。

といって楽に勝たせてもらえるなんて舐めてもなかったし。

今のセレッソは調子のいいときと悪いとき、出場選手でガラッと変わってしまうとこがまだまだなとこだなぁ。

簡単に強くはなれないってことはよくわかってるんだけどね。

やっぱいつも勝ってほしいわけで。

そういうとこは勝負のあるスポーツってことだなー。

ライヴなら外れないもん…たぶん。

今日のまとめとしては

『勝ててよかった…』これにつきる。

前半終わったとき思ったのは

『1点でもいいから返してー!』だったもん。

ほんまに何点入れられるかわからんくらいひどかったもん。

ゼロで終わることだけは避けてほしかった。

ACLまで日ぃないし。

勝って迎えるのと負けて迎えるのとちゃうもん。

いろんな意味を込めて山口選手と扇原選手を先発させたのはわかってるんだけど、当たったら最高だけど外れたら(結果的に)怖い。

この経験をいい意味でプラスにしてほしい。

ちょっと遠慮というかビビった?んかなぁ。

メンタルな部分も大事だからね。

やっぱ最初の茂庭の兄貴の負傷退場が痛かったんだなー。

精神的な柱が抜けちゃったわけだから。

もっともっと修羅場をくぐって、どんな展開になっても華麗に、ときには泥臭く勝つ、そういうセレッソになってほしい!


ほなね(≧ε≦)

110910_


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

|

« 【出血と浸出液】 | トップページ | 【9.11】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/52696712

この記事へのトラックバック一覧です: 【vs広島(長居スタジアム)】:

« 【出血と浸出液】 | トップページ | 【9.11】 »