« 【栄養?摂取】 | トップページ | 【ヘロヘロ】 »

オムツ外し学会In東京2011】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

【平成23年11月23日(水)シャバ@01730

<エレン>
◇鼻注0(1/160ml)
◇経口0(1/200ml)
◇体重?kg

111123_

えー、勢いで参加してきました。

惰性に流れてたりあるし、自分の中をローンダリングしようかなと。

今年はほとんど介護関係の研修いけてないもんね。

てなわけで、次の日が早番にも関わらず、いつもの弾丸往復。

次から遠出するときは余裕を持った日程にしよう!

夜行で8時頃新宿に到着。

池袋でメトロに乗り換えて茗荷谷へ。

111123__3

歩いて10分くらいで全林野会館に到着。

111123__2

早すぎなんで誰もおらんで(笑)

いきなり三好さんを目撃したけど。

しばらくうとうとしながら時間を潰して、まずは梅沢佳裕氏による①『生活リハビリ式記録のすすめ』。

午後は

②『2011年を、認知症薬害元年にしないために』by東田勉氏。

③『生き方としての老人ケア2』byピーマン三本さん、細川鉄平さん

④『対談・藤渕安生×細川鉄平』byお二人。

に参加しました。

①はどうしても記録の内容が薄くてどうしたらいいのかなと。

口体操、ラジオ体操参加だけじゃね。

介護職の思いを書いていくという提案はすごく参考になった。

いろんな職員がいるけど、ケアの大まかな方向性は合わせとかないと、チームケアがなりたたないもんね。

情報を共有化して風通しをよくしていきたいな。


②はみんなアリセプトに振り回されてるから。

副作用の易怒性はドクターもわかってるはずなのに、やめようとしない。

お金が流れてるからなー。

変な薬は高齢者本人と家族、介護職員にしんどい思いさせるだけやんね。

アリセプトのジェネリックが今後かなりの種類出ると聞いて背筋がさぶくなったよ。

コウノメソッド提唱者のドクターコウノみたいないいドクターを探すしかないなー。

しっかり要観察して。

認知症は病気じゃないってのが常識にならないと。

進行を遅らせるのではなく、穏やかにする。

できれば薬物は使わないように。

老いてゆくことは自然なことだから。

当然老いることに慣れないとね。

本人も周りも。

治る治らないちゃうから。


③はピーマンさんのノリのいいお話。

『ムカついたり、たいへんなことないと家に帰ったときのビールが美味しくない!』は笑た。

そんとおりなもんねー。

本音トーク炸裂で楽しかった。

細川さんは写真とイメージが違った。

きっとスマートに仕事してんだろうなーと思ってたんだけど、決してそうでないことがわかった。

思ってたより不器用な人そう。

でも真摯なトークがとてもよかった。

シリトリの話のときに『オムツ台車がくると空気が張り詰める』ってのは、『その場にいなければ絶対わかんなかった』ことだろう。

貴重な話が聞けました。


④はもう藤渕さんと細川さんのフリートークやね。

内々の話だけど、だからこそ現在進行の生の声が聞けるわけで。

キッツイ日程の中だったけど、参加できてよかったよ。

今回聞いたいろんな話をどう生かしていくか、生かさないかは自由なんで、それもまたよいこと。

とにかくみんな現実の荒波の中でときには悩みもがき、ときには喜び楽しんで介護という仕事してんだなって思った。

感じることがいちばん大事な仕事やからね。

正しいとか間違ってるとかの二者択一ではおもんないですな。

111123__4

ほなね ( ̄ω ̄)

|

« 【栄養?摂取】 | トップページ | 【ヘロヘロ】 »

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/53324160

この記事へのトラックバック一覧です: オムツ外し学会In東京2011】:

« 【栄養?摂取】 | トップページ | 【ヘロヘロ】 »