« 【第16節△vs浦和 1-1(長居スタジアム)】 | トップページ | 【夜勤26-30】 »

【一青窈さんの『瞬き』コンサート】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成24年7月1日(日)シャバ@01952

<エレン>
◆鼻注0(1/366ml)
◆経口1(1/500ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

非常にハードな毎日である。

連休中なんだけどね。

しっかりココロの洗濯をしたいもんね。

べったりとストレスの泥がココロにへばりついてるから。

今日は一青窈さんのコンサート。

すばるホール。

大阪の南の内陸部。

富田林。

日頃はとんと縁のない地域。

阿部野橋から近鉄。

古市で乗り換えて川西駅へ。

そっから歩いて600m。

着いたら16時半。

開場30分前だよー。

でもグッズの先行販売ってことで並ばずにTシャツゲット。

パンフもあるんだけど、買っても一二回しか読まないからなー。

コップは好きだけど、コップないみたいだし。

Tシャツなら実用的だよね。

高い(3500円)けど。

キャラもんだからね。

夜勤のときとかしっかり着ちゃおう、と思ったけど汚れるのヤだから着んとこう。

外出用にしましょ。

ケツTもガンガン着ないともったいないよね。

日頃は黒Tシャツ一択だから。

着るものにはほんと無頓着。

チェックシャツばかりのシンジもそうだ(笑)

あんま出歩かないのにも原因あるかな。

お腹に爆弾抱えてる身だから無茶できんのよ。

外で飲み食いしないし、したくないし。

だから行動範囲が狭い。

だから大阪を離れるときは基本冒険(除く京都、神戸)。

それと半日以上出るとき。

水分補給も気を使うから。

まぁ不便ではある。

でもそういうカラダだからね。

慣れるしかないわな。

えーと雑談はいいんだよ。

いつも本題に入るまでが長いから(笑)

今回のテーマは『瞬き』。

会場に入ってすぐ正面に大きな目のセット。

瞳をイメージしてるのかな。

いつものように情報は一切シャットアウトして臨んでるで。

なるべく核心部分は触れないようにしよう。

客層は中高年が7割。

カポー1割、一人客1割、その他1割(?)てとこかなぁ。

カポーも彼女さんのお付き合いみたいな。

中年男性の一人客も目立つまではいかないまでも目にはつくかなぁ。

子ども連れとかも。

例の騒動以来だいぶ人気に翳りがあるのかも。

だからキャパの狭いホール?

でも『人気でどうこう』って人じゃないと私は思ってるんで。

単純な歌手でなくて、Artistだって思ってるんで。

最初のMCでのラーメンの話は滑り気味。

ジモッティほとんどおらんのちゃうかなぁ。

MCでは震災の話で、『来てくださいー』の声があっても最初は行くのが怖かった。

何を言っていいのかどうすればいいのか?

かえって傷付けちゃうんじゃないのか等々の葛藤。

でも手元に届いた被災地の中三生の『芸人では光浦さん、歌手では一青さん』の声に押され、光浦さん、ゆってぃさんとともに被災地へ。

会場の体育館に入った瞬間の待ち人たちの笑顔に『来てよかった』との思いが。

そして、震災で親を亡くした子どもたちの『照れくさくていつか言おうと思ってたけど、言えないまま親が死んでしまった』との思いをきいて、『思いは伝えないとー』と思ったって。

スピリチュアル系の話も面白かったなー。

『もらいなき』で裸足で歌う姿から、『大地からパワーをもらっている』みたいに思われて、スピリチュアル系に思われてしまってるけど、『ぜんぜんないです』って。

そういう誤解されてるよなー。

足を運んで実際の一青窈さんを知ってる人はともかく、そうでない人は『一青窈? あぁ…』ってなのがあるもんね。

私も散々『暗いだの』なんだの言われてきたし。

一青窈さんのサービス精神&ノリの良さはラテン系だと思う。

被災地訪問後やっと書けた詩が『道案内』の詩だとか(ちょっと自信なし)。

今回の『瞬きツアー』で感じたのは、震災のこともあったんだろうけど、『ふっきれた感』を感じたなー。

例の話もあったしね、真相はいざ知らず。

楽しそうに、嬉しそうに歌ってたのがとても印象的だった。

そうそう、Tシャツの絵を書いてくれたのは『キャンディキャンディ』の作者のいがらしゆみこさんで、一青窈さんが子どもの頃『キャンディキャンディ』が大好きだったんでーってことで。

何も知らず買う私はスゴいぞ(笑)

最後に、すばるホールの2階のプラネタリウムのとこに七夕の笹があって、願い事を書いて短冊をしてくださいとあったんで『セレッソがタイトルを取れますように!』としといたよー( ̄▽ ̄)

わっちゃー、曲のこと全然触れてないわいなー(笑)

てことで一曲。

カバーだけど、『時代』。

よかったよー。

この歌には個人的には思い入れがあって、中学のときのアルト笛の課題曲だったのだ。

ひさぶりに聴いて、いろいろ思い出したよ。

『今日は倒れた旅人たちも、生まれ変わって歩き出すよ』ってさ、私のことじゃんよ。

『今日は別れた恋人たちも、生まれ変わって巡り合うよ』はわざと抜いたのかトチったのかあれだったけど。

たぶんわかった人はほとんどいないと思う。

それはそれで。

お初な人が多くてめちゃビックリした。

もしかして『もらいなき』『ハナミズキ』から引き続いてる人はもう少数なのかなぁ。

だったら一青窈さんに興味を持つきっかけって…?

わかりません。

『歌窈曲』から?

わかりません。

芸能情報にはとんと疎いんで。

まーいっか。

元気で楽しげな一青窈さんと同じときを過ごせてよかったよん。

相変わらず内容がないですねー(笑)


ほなね ( ̄ω ̄)

|

« 【第16節△vs浦和 1-1(長居スタジアム)】 | トップページ | 【夜勤26-30】 »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/55113313

この記事へのトラックバック一覧です: 【一青窈さんの『瞬き』コンサート】:

« 【第16節△vs浦和 1-1(長居スタジアム)】 | トップページ | 【夜勤26-30】 »