« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

【夜勤80】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月27日(水)シャバ@02131

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

えーと、また事故が(ノ△T)

明け方ふらつき歩行の利用者さんがトイレに行こうとしてシリモチをつきました…。

ふらつきがあるということでベッドマット下にセンサーを敷いて対応策をとっていましたが、センサーが鳴って駆け付けたときにはふらついてシリモチをつく瞬間でした。

あと1歩2歩早ければもしかしたら抱き止められたかもしれません。

その時間帯は離床介助をしている時間帯で、一人ひとり起こして着替えてトイレorパッドを換えてということをしています。

ちょうど一人が終わって、次行くかって感じのときに鳴ったわけです。

すぐ駆け付けたんですが、動きが早いときや距離が離れていたら間に合わないときもあります。

ほんとにあと1歩2歩だったんですが、目の前でのシリモチ。

ショックです。

どうすればよいのやら。

センサー対応者がいると、鳴るたびに確認に行きますから、夜中のオムツ交換や、別の業務をしているときなどは駆け付けが間に合わないときがあります。

おまけに複数いるとね…。

体動だけの空振りもありますし、ストレス大です。

離床介助もそうですが、そもそも夜勤を一人でやってることが問題なんですよね。

もちろん複数にしたからといって事故を完全に防ぐことはできません。

でもセンサーやナースコールを(ある程度)気にしないで業務ができるメリットは計り知れないと思います。

寝た切りな方ばかりなら問題は少ないかもしれません。

けれどふらつき歩行、とくにショート利用者はそういう方が多くて、認知症や徘徊が合わさると非常に転倒リスクが高まります。

今回の方も病識がなく、『大丈夫、大丈夫』と言っててこれでした。

自宅でもよくコケてるし、物忘れもあるので、コケたことを忘れてます。

だから『大丈夫』となるのでしょうが、鵜呑みにしたらエライ目に遭います(鵜呑みにはしませんが)。

介助されることを不愉快に思う方もおられますし。

とくにまだ認知症の浅い方の場合、自覚が乏しいですから。

命に関わる場合を除いて、意思を持って動く人を止めることはできません。

ふらつきがある方の転倒リスクはかなりのものになります。

たとえセンサーを0秒セットにして、鳴ったらすぐ駆け付ける対応をしていても、今回のように間に合わない場合もあります。

リスクとして受け入れていただくしかないと思います。

繰り返しますが

『夜 間 は 一 人 し か い ま せ ん か ら 』

根性とか気合いで事故は防げません。

リスクを少しでも下げようとするのなら、

『 複 数 者 夜 勤 』

それしかないでしょう?

働く側の甘えでしょうか?

もちろんそうする前に穴のない業務を模索することも大切です。

うちの施設にはフロアの夜勤者にプラスワンのフリー夜勤がいますから、オムツ交換時は必ず二人いるようにするとか。

そうなると各フロアのオムツ交換時間に合わせてフリーを動かす必要が出てきます。

それが果たして可能なのかどうか?

検討が必要でしょう。

夜勤者もフリーも休憩時間がなくなる気もしますが…。

とにかくリスクのあるフロアだけやってみますか?

あとは離床介助。

今回も離床介助中に発生しています。

真夜中のオムツ交換&トイレ誘導時でさえリスクがあるのに、離床介助を職員が一人しかいない時間帯にすること自体が事故を呼び込んでいるようにしか私には思えません。

どこの施設も人員不足なので、そうせざるを得ないのはわかりますが、やはりリスクがデカ過ぎます。

たとえ寝た切りの方といえど車イスからのずり落ち事故はあとをたちませんし、それはそもそもきちんと座位をとっていただいていないのが問題ではあるのですが、たとえそうしていたとしてもまさかのずり落ちはあるわけです。

やはり一人離床介助もリスクが高いです。

回避するには

『 早 番 が き て  か ら 離 床 介 助 す る 』しかないのではないでしょうか?

自分で起きてフロアにくる方は仕方ないですので、早番がきたら、その方たちの見守りとお茶出し、あとはセンサー対応をしてもらう。
夜勤明けは離床介助をする。

役割が逆でもいいです。

ただこれをすると、朝食の配膳車が上がってくる時間とかち合います。

自分できてる人たちから食べてもらいましょうか?

バラバラ食事ですね。

自分でこれるひと

⇒誘導が必要でも自分で食べれる人

⇒誘導も食介も必要な人

こういうふうになるでしょうか?

フロアに職員が一人いてくれるだけで、どんだけ安心して起こしていけることか。

つまり今回の事故で検討することは2つですね。

真夜中のオムツ交換時と朝の離床介助時。

おそらく今までセンドこの話題は介護業界の中で触れられ議論されてるきてるはず。

けれど人員不足という大義名分のなかでやむなしに続けられている一人夜勤という悪習。

もっと議論を大きくして一人夜勤禁止の方向にもっていかないと、介護職員はストレス大で疲弊しますし、利用者の安全も守ることができません。

そんな施設ばかりなのに、大事な家族を平気で預けられますか?

ユニットの施設ならまた違うのでしょうか?

ユニットでない従来型のうちの施設の場合は、もっともっと業務に関する話し合いを深めて、完成度の高い業務にしていく必要がありますね。

もしかして、他の施設はとっくに安全策を確立していて、うちの施設だけがいまだにどんくさいことをしているのでしょうか?

その可能性はあるな~\(☆o☆)/


大事に至らなくてよかったですが、ご本人様とご家族様に申し訳がありません。

それに私のときに事故が続いています。

凹みます(┳◇┳)

でも、巻き返して跳ね返してやらないと!

ナメんなよ!

ですね。


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【疲れとれないね】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月26日(火)シャバ@02130

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

やっぱ精神的なものもあるんじゃないのかな。

しかーし、いよいよJ1開幕。

しっかり希望休入れたんでがっつり応援に行けるよ。

しかも翌日は早番じゃないし!

これは大きいわー。

だいたい疲れの原因は、

夜勤~明け~休み~早番

というリズムがキツいの。

ほとんど休みの次が早番なんだもん。

休んだ気ィせえへんし。

もっといえば、

夜勤~明け~休み~休み

みたいなシフト希望。

ていうか、夜勤ならひと月ずっと夜勤な方が疲れないと思う。

そういう風にしてる国もあるという。

是非とも検討してもらいたいね。

てことで、まだ選手名鑑を手に入れてないので、当日までに手に入れたいです。

たぶん前日に本屋さんに行けると思う。

新潟戦かー。

昨シーズンはホームで負けて、アウェイで勝ちました。

今シーズンはどっちも勝たないといけません。

優勝を狙うにはどんなにドングリになっても最低でも勝ち点60以上は必要ですから。

全勝すれば勝ち点104になるわけですが、さすがにそれは現実的ではないので、そこからどんだけ引くことになるかですね。

2勝を計算できるところ、1勝1分けなとこ、2引き分けなとこ、勝てないとこ等々、相手のコンディションも含めて戦略を考えていかないといけませんね。

もちろん負けていい試合なんて1試合もないわけで、計算しつつも全部勝つ勢いで!

どこにも負けたくないですよね。

でも特に挙げれば

鹿島ですか。

ほんとに後味悪いイヤな思いさせられましたから。

優勝した広島にも負けたくないですね。

仙台、東京、川崎、柏…、あかん全部になってまいますわ(笑)

とにかく魅せるサッカーで、初タイトルを絶対獲るシーズンにしていきたいです( ̄ω ̄)

ホームは全部行きたいな~。

希望休と相談だ。


ほなね (-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【昔語り】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月25日(月)シャバ@02129

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

やっぱ早いのかなぁ。

子どもの頃に比べると時間の進み方の体感時間が圧倒的に早いです。

子どもの頃はプールの時間以外、何をやってもなかなか時間がたちませんでしたが、大人になってからは何をやっても時間が過ぎるのを早く感じますね。

おっと仕事のとき以外かなぁ。

営業時代はとくにやることのない日もあって(?)、朝からお昼まで、昼ごはんから退勤時間までが長~く感じました(笑)

いえいえ、そんなにないですよ。

せいぜい月に1日くらいです。

月初の月初のときとかです。

その日はみんなのんびりしてました。

電話もほとんど掛かってきませんでしたし。

毎日の忙しさがウソのようでした。

唯一定時に帰れる日でした。

普段は定時に帰れませんでしたし。

体質の古い会社で、『先輩が仕事してるのに、帰るとは何事だ!』みたいな(笑)

時代遅れですね。

だからバブル崩壊後、一気にしぼんじゃったそうです。

そうですというのは、その前に退社しましたから。

ムリしたら勤められたかもしれませんし、経理などの事務部門で残らないかと言われましたが、なりたての(わかりたての)クローン病患者としてはその判断はできませんでした。

でも、(形だけだったかもしれませんが)引き留めてもらったことは感謝しています。

社員たちがどう思ってたかはわかりませんがね。

結構風当たり強かったですしね(これは今もか)。

性格的なものなんでしょうが、あまりかわいがってもらった思い出ないですもんね。

飲みに連れていってもらったりとか、ないねー。

簡単に言えば『仲間内に入れてもらえてなかった』ってことでしょう。

原因?

わからん、知らん。

あー、でも分社してた営業部門を本社に統合するときに、酔った勢いで、その分社勤務の同僚に、

『間借りするくらいの気持ちでこなあかんわー』と言ったことに尾ヒレ羽ヒレが付いて、

『なんやねん、アイツ!』みたいになったらしいです。

酔った勢いで言った私も悪いけど、余計なことご注進すんな!(笑)

もうかなり昔の話なんでいいと思うけど、その分社は社長の親戚が仕切ってて、商品アイテムとしては、毎年の売り上げが計算できる優良アイテム。

必然的に、売り上げも益率も良く、グループ全体を支えてる!みたいな感じだったんですが、それはそれでいいとして、結構(社長の身内ということもあり)やりたい放題みたいだったんです。

あるとき『それではいかんだろう』とグループの組織を再編成するときに、いろいろ出てきまして…。

いろいろというのはいろいろらしいです。

私も本社の先輩たちがいろいろ言ってたので、いろいろの内容は言いませんでしたが、本社側の社員がどう思ってるかをついしゃべっちゃったんですよーって大失敗でしたな。

次の人事で分社側に異動しましたが散々な目に遭いましたね。

小さな取引先がメインだった私。

益率、支払いはともかく、売り上げ的には低いですし、どうしても大手から商品は回ってしまいます。

のみならず、私の商品を抜いていく(!)こともされましたねー。

『お前のとこは小口やからかまへんやろ』というわけです。

そんなことされたら納期に間に合いませんがな~。

でも、大手最優先ですから逆らえなかったですね。

そもそも揃わないのに、さらに抜かれていくんですから。

納期に間に合わないと回収も困ります。

ババでしたね。

同僚たちは大手担当の先輩のサブみたいな形で仕事してましたから、そういう苦労はなかったのかなぁ…。

『期待されてんねんで!』と言われてましたが、期待に応える前に辞めてしまったのは心残りと言えば心残りでしょうか。

でも何社からは、

『あんたが今までで、いちばん熱心にしてくれる!』とか

『あんたがおらな仕事の話ができひん』と言ってくれたりしたのは、今でもとてもうれしく思います。

今から思えば、2年くらいは大手担当のサブについて、一人立ちはそれからみたいにするのが、育成という面ではよかったように思いますが、そこまで悠長に成長を待ってくれる企業って今も昔もそんなにないですからね。

厳しい環境に置かれたことで鍛えられたってことですね。

四面楚歌な状況もありましたし。

でも、負けなかったことは勲章です!

いずれ辞めていたでしょうが、私が辞めるときで同期の3分の2がすでに辞めてましたし、後輩たちも…1人くらいか、辞めてないの?

結構1年満たずに辞めてってましたね。

そう思えばよくもった方ではないでしょうか?

と自分で自分を正当化しとこう。

そうそう、自宅通勤なら続いてたかもしれませんね。

でも、クローン病の衝撃は、今とは違って告知も乱暴でしたから、

『もう普通にご飯食べられへんで』なんて言われて、ショックを受けない方がおかしいでしょう?

そんだけドクターにとってもまだまだよくわからない病気だったのです。

今はクローン病のことを知らない消化器ドクターはほぼいませんし(100%いないと思う)、早期に発見されて、いきなりレミケードで抑え込んだりしますし、患者によってはそれ以降症状が出なくなることもあるようです。

私にはレミケードは使えませんが(ヒュミラも)、昔に比べたらクローン病に慣れた分、生きやすくはなってるでしょうか。

もともとエレンタールも苦になりませんし、今はサボってますが鼻注も経験済みだし。

あとはお腹の緩みがもう少しなくなるのと、直腸の状態が良くなればHappyでしょうか。

お腹の調子は保っておかないと、気持ちの問題ですが、お腹が痛み始めると『何もしたくない!』ってなっちゃいますから。

サッカーにもライブにも映画にも行けなくなってしまいます。

闘病が始まった頃は(始まる前からもですが)、サッカー、ライブ、映画に行こうなんて考えたこともなかったですから。

気持ちの&ココロの余裕がない!

何にもしたくない!

てかできない!

痛いですからね。

ようやく平成18年に回盲部全部と小腸&大腸合わせて40センチ切除することで、痛みとオサラバできたわけで。

狭窄、癒着、瘻孔なんでもありで、小腸造影と内視鏡写真を素人目で見ても、

『なんやねんこれ?

おかしいやん!』ってわかるくらいでしたから。

そうなるまでほんまによう頑張りました。

平成13年にも長期入院してまして、そんときは回盲部の狭窄を内科療法で何とかしようとしましたが、結局現状維持がやっとで、体重も入院前が47kg、退院時で52kgくらいだったかなぁ…。

そんとき切ってたら、また状況は変わってたかもしれませんが。

わかりませんからね。

いやはや、振り返ってもどーすんのって感じですが、HPをホったらにしてますし、どこかで振り返っておかないとーって(笑)

まー、ようやくクローン病とも共存できてきているのかなと。

そーいえば今年で20年になるのかもしれん。

もはや歴史ですね。

残りの人生どうなるかわかりませんが、とにかく幸せかき集め集めたいですね(笑)


ほなね (≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【体調がー】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月24日(日)シャバ@02128

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

体調も体腸もだよね。

緩すぎます。

朝から番までトイレとの往復。

ふぅ、体力が持つのが不思議。

といいつつ、夏場だったらかなりキツい気がする。

まぁ、夏は夏で何とかするけども。

鼻注をしてないのが地味に効いてきているのかもしれないなー。

表立った体重減がないからわかんないけども。

なんとかなんとかしのいでいくしかないですね。


ほなね (-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【身体拘束?】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月23日(土)シャバ@02127

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口0(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130222_172201

えーと、下手な図で申し訳ないのですが、円形テーブルの内径の中心に、車イスの利用者を配置して動かないようにする。

これってヤバくねかね。

対象者は自走は一応できるけど、自走用の車イスではないので、カラダを前後に揺らせながら動きます。

当然、滑落の危険性がありますし、目が届ききりません。

ここまで書いて思ったけど、まずスムーズに動けるように車イスを替えないとですね。

ただ自走式にしたからといって理解が及ぶかはわからないのですが…。

とにかくトイレに行きたい方で、1時間に2回は行きます。

立ち上がり不安定で、絶対付き添わないとヤバいです。

フロアの場が荒れてるときに動き出します。

そういうときに目が行き届かないので、上記のようなことをしていやがるわけですが、どーよ?

私も今日の今日目撃したのです。

『緊急的に仕方ないかもしれませんが、身体拘束にあたりますよ』と指摘したのですが、

『動かれると困るし、コケられるよりマシやから』…だそうです。

さらに『拘束かー?』って(x_x;)

拘束やん!

自分の意思で動こうとしても制限されてるわけやし。

いくら危ないからといってそれはないわー。

仕事後なんとか職員の一人と対話。

『この状況ではしないとしかたないしれないです。

でもほんとはそういうことしたくないでしょ?

今の状況がやりたくないことを強いているのではないですか?

どうですか?』と話すとようやく、

『そうかもしれない…』と。

私たち介護職員は、介護職員であって、監視職員や管理職員ではないはずです。

けれども限られた人員の中、また曲者ばかりの利用者の中で、ケアのココロが磨耗してしまい、ありえないことをしてしまうことも、残念ながら多々あります。

だからこそ、いつもリフレッシュしていく必要があるのです。

何も感じない、何も考えない…、そんな介護職員ばかりになってしまったとしたらどうなってしまうことでしょう?

今以上に虐待件数も増えてくるでしょうし、それ以前に介護の仕事をしようという人さえいなくなってしまうのではないでしょうか?

たしかに今の高齢者にも大きな問題があります。

若者にオンブにダッコで負担になっています。

でも、今のうちに何とか形を作っておかないと、10年後、20年後、さらに悲惨な状況を招いてしまうのではないでしょうか?

考えすぎでしょうか?

その負の流れに堂々と異を唱えられるのは、今このときに現場に根を張り踏ん張っている介護職員だけなのではないでしょうか?

仕事へのスタンスは人それぞれです。

仕事への情熱をうまいこと合わせてコーディネートしていく、そんな役割の人も必要だと思います。

組織の縦のライン、横のラインをきちんと定めて、ブレない運営をしていくことが、施設の大小を問わず必要なのではないでしょうか?

そういう点では、まだまだ介護施設は幼いです。

介護保険導入後、始まったばかりなので仕方ないかもしれないのですが、もうそうもいってられませんよね。

大人な対応のできる施設がドンドン増えてほしいものです。

もちろん、現場の職員を大切にする施設方向で。


ほなね ( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ネコの日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月22日(金)シャバ@02126

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口0(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ニャンニャンニャンでネコの日。

うちのネコちゃんは悪さばっかりで、悪さをするのが仕事みたいです。

障子や柱で爪研ぎとか、たたんだタオルを引っ張り出してニャーニャー。

あとは『外に出せ~』とニャーニャー。

ネコちゃんの本能ですから仕方ないですね。

あの子たちの好きにさせてあげることも大切です。

ゴハンの保証をしているとはいえ、狭い家の中で我慢してもらっているのですから。

悪さが仕事ではあるけども、かわいいのも仕事なので、ストレス溜まらないよう気ままに過ごしてほしいものです。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤79】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月21日(木)シャバ@02125

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

えー、ショートの新規がたいへんでした。

1時間おきのトイレ、それは別にいいんですけど、

『 待 て な い 』

夜勤中は一人ですから、タイミングの悪いときに、『おーい、おーい』と呼ばれても…。

そういうことのわかる人はまずきませんが。

やっぱトイレが在宅生活を続けられるかどうかの境目でしょうか。

本人からしたら当たり前でも、連れていく側(まずは家族、とくに配偶者)からしたら、堪ったもんじゃないでしょう。

眠剤飲んでぐっすりとか、バルーンつけるとか、どんだけ気が楽になるか。

ただ本人の承諾がね。

しっかりしてればしてるほどね。

毎日続けてるトイレが他人の手を借りるとなると、どんだけ負担になるか、本人には想像もつかないでしょうから。

やっぱ若いときに介護経験しといた方がええわ。

ボランティアとかでも。

どんだけ自分が周りに生かされてるかちょっとはわかるでしょうし。

利用するには介護経験を義務付けしてほしいくらいだわな。

まだまだ課題だらけだね。


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【思いついた】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月20日(水)シャバ@02124

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ていうか、何で入浴介助がバタつくかというと、

『早番が入浴介助してるから』なんだよねー。

どんなに早く始めようとしても、朝の申し送りが終わらないと始められないし、終わりも早番の退勤時間マイナス30分って感じだから(浴室掃除の時間がおよそ30分ね)。

実際に入浴介助に懸けられる時間は午前2時間、午後3時間の計5時間(最大の最大の数字。実際は4時間半くらい)。

この5時間でショート含めて35人は入れないといけない。

1時間で7人。

一人10分足らずなわけ。

もちろん誘導の時間を入れるともっと時間は狭まってくる。

いっそのこと早番でなく、日勤とか遅番がやるようにすれば、あと1時間は伸ばせるから、もう少し時間に追い立てられないですむんじゃないかと思うんですよね。

さらに、早1、日1、遅1、夜1という危険極まりない人員配置をやめて、せめて入浴介助だけ別時間で動くようにフロア業務と切り離す形で配置できんもんかなと。

てかそうせんと危ないでしょ。

ただでさえ危険なのに、自らさらに危険を招いてるんだから。

事故が起きても『シラね』みたいな施設のあり方だと話になりませんよね。

少しでもよくなるように考えてはいるんですが、いかんせん介護業界は悪い意味で保守的なので、先が見えません。

早でなく遅が入浴介助するようにできんかね?

各フロアから一人遅がでるようになれば、早がやってたとしても、最後の掃除は遅にお任せみたいにできるやんねー。

フロアがもたんか?

んなこたーないよ。

夕方はお喋りしてること多いもん(笑)


ほなね (-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【休みて~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月19日(火)シャバ@02123

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

休みはあるんですけど、何も休みがほしいです。

休みではないですが、明けの日も何も予定は入れたくないです。

セレッソの応援に行くか、映画を観に行くかの他は。

ワガママかなぁ?

いや、決してそうではないよと。

それだけ疲れてるんですよね。

毎日スッキリしない時差ボケ状態ですもんね。

それなりな生活リズムはできてはいるものの、やっぱり夜に長時間起きてるってことで、体内時計が狂いまくりなのねー。

私がボケたら、絶対規則正しく生活できないわ。

寝ない年寄りになるのは間違いない!(爆)


ほなね (x_x;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【水際】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月18日(月)シャバ@02122

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130218_1725

風邪を引きそうな引きなさそうな水際状態が続いています。

夜勤のときに思いの外冷えるときがありますからね。

一枚余計に着ることも考えた方がいいかもしれません。

あとはウガイ&手荒い&マスク。

どれも大切です。

マスクは抵抗ありましたが、外出時にすると温い!

さぶがりな私にとって、これはありがたいです。

それと効果があるのかなと思うのは湯気。

シャワーや入浴時などに思きし湯気を吸い込むと、肺の中の湿度が上がるのでしょうか?

勝手に効果があるんじゃないかなと思ってます。

クローン病闘病者としては、体調維持により細かく取り組まないとね。

あまりにキチキチにすることもアレなので、できることをできるだけって感じで。


ほなね ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤78】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月17日(日)シャバ@02121

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口6(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130216_1745

夜勤はほんとに緊張する。

夜だからといって大人しく寝てくれてないから。

一人で20人、30人を見ろってハナからムリやんね。

ほんとに一人夜勤禁止法とか複数夜勤法とかができてほしいよ。

施設の努力に期待してもムリだからさ。

配置基準を満たしてるからといって、事故発生ギリギリの綱渡りを強いられてるわけださからさ。

だから離職者も多いわけで。

介護業界はすでに詰んでる。

でもその中でも一生懸命いいケアをしようと踏ん張ってる人たちもいるわけなので、私もできることからやっていきましょう。

もちろんストレス受け流して楽しみながら。


ほなね ( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【特浴ってさー】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月16日(土)シャバ@02120

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

結局なんなんだろね?

個浴にすれば大概の人が入れるのに。

そういう意味合いのことをツイしたらリツイートされて、レアな人のケースを上げて『○○な人は無理っ!』ってされたことあるけど(小さな「っ」まで付いてたぜ!)

勝手にリツイートしといて勝手に意見付けてんじゃねーよと思ったわ(爆)

個浴といってもほんとに小さな一人用のものから、3~4人用の大きなものまでありますのに。

たしかにTwitterは140文字なので、どうしても言葉足らずなとこが出てきてしまうけどさー。

勝手にリツイートして、勝手に意見付けてんじゃねーよ!

大事なことなんで2回書きました( ̄ω ̄)

まー、そもそもリツイートって勝手にされる(する)もんなんだけどさ。

ただ頭ごなしにレアなケースを出されてドヤ顔されてもねー。

個浴に取り組んでる人から言われるのならいいけど、そうではなさそうだったので(笑)

さて、残念ながら私の勤める施設は個浴はありません。

正確にはあるんですが、使われてません。

使えたとしても、完全な個浴ではないので残念。

車イスごと浸かるのと大浴場と寝たまま入る特浴。

寝たまま入るって言っても全身全部は入れません。

せいぜいカラダの半分が浸かるくらいです。

あとはひたすらお湯かけ~。

ナースさんから

『こんだけしてもらってたら大満足やね』とお褒めの言葉をいただきつつも、

『個浴なら肩まで浸かれるのになー』と思うわけです。

やっぱ個浴とターミナル(あとオムツ外し)に積極的に取り組んでる施設に修業に行きたいわ~。

『お前なんかくんな!』って断られちゃうかも知れんけど。

まー、何とか無事に入ってもらえてよかったし、本人の笑顔があったからよかったんだけどね。

普通のお風呂に普通に入ってもらうことのハードルが、なんでこんなに高いんかとても疑問に思いマウスm(__)m


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ダイハード・ラストディ】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月15日(金)シャバ@02119

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

たぶんこれで最後なのかな。

シリーズは1観て2観て3観て、4…あるの?

スクリーンで観るのは初めてで、どんな感じなのかなーって。

作風を語れるほど映画に深くはないですが、今作品も頭を空っぽにして楽しむ作品かなと。

いや、シリーズ全部そうなのかも。

舞台はモスクワ。

息子を訪ねて訪れた異国の地で、またもやトラブルに巻き込まれてしまう主人公。

余計な心理描写なしに最後まで突っ走るのはほんとに爽快で、冷静に考えたら、これだけのことをしでかしてよくまー国際問題にならんもんだと(笑)

けどそれは、ウルトラマンが破壊した街をどーすんねんって話とおんなじで、関係アチャコです。

父と子という、まーお約束な展開なんですが、最初から最後まで思きしやらかしてくれる主人公たちがほんとに最高です。

息子役のジェイ・コートニーは『アウトロー』でも悪役を好演してましたよね。

主役のブルース・ウィリスもやはりこういうのがはまり役で、最近映画に出まくってる気もしますが(笑)

で、思ったんですが、今回父と子というテーマ(?)『運の悪さは遺伝する?』みたいなキャッチも付いてるんで、過去のダイハード…、つまりジョン・マクレーンの父親とかオジィとか、米国民大好きな西部時代のダイハードももしかしたらアリかも~。

素人の思い付きですけど。

もっと遡って、アメリカが発見されたときのファーストマクレーンモノもありかも~(笑)

それってモロBTTFになるやん(爆)

まーこういうアホなこともたまには思い付くということで。

頭を空っぽにして、バババブーンが好きな人には思きし楽しめる映画ですね。


ほなね ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今度はグァム】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月14日(木)シャバ@02118

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

また痛ましい事件が発生。

容疑者は21歳の元俳優(芸能人?)。

ここ1年くらい友人たちと接点がほとんどなかったんだと。

よくわからんわ。

誰でもいいから殺したかったってよく言うけど、頭の中の想像でならともかく、実際にやってしまうところがあかんわなー。

人を殺して自分も死のうと思ったってのもよく聞くし。

このまま残して死ねないとかね。

要は拡大自殺みたいなもんで、ほんまに道連れなんやんね。

でも本人は死にきれないことが多いからやっぱ殺人が目的だったんだろうなと。

人を殺すことで、何かが変わるって思ってるんだろうか?

目の前の苦しみから逃れられると思ってるんだろうか?

その苦しみからは逃れられたとしても、別の苦しみが始まるし、被害者&家族に苦しみが広がる。

問題解決は自分の中でしー!

それがでけへんからこういうことをしでかしたってことやけどさ。

別に無職でも孤独でも悪いことしない人がほとんどなんだから、色メガネで見ないでほしいなー。

それか無職にならないように何らかの仕事を与えるとか。

肉体的に精神的にドクターストップな人以外はさ。

何かあるでしょ?

ないかなー。

もし社会との接点で防げるのなら、そういうことへのアプローチも必要だと思う。

やっぱ世間は物騒。

世界はもっと物騒。

いつも危機意識は持ってないと。

てか、持ってても巻き込まれるときは巻き込まれるから、そんときのための覚悟は持っとかないとね。


ほなね (ノ△T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物騒ですよ】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月13日(水)シャバ@02117

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

北朝鮮の3回目の核実験。

物騒だし、ええ加減にせーと思いますよね。

そんなことに金を使わず、飢えてる人たちに使えって!

ここといい、中国といい、『人権後進国』は自分の国の国民はもとより、他国の人たちの人権さえ平気で踏みにじります。

自分たちの手で毒の夢から覚めるしかないですね。

とにかく迷惑だけは懸けてくれんなと思います。

すでに存在自体が世界の迷惑なんですが…。


ほなね (x_x;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤77】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月12日(火)シャバ@02116

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

いやー、ぶちギレてしまいました。

もともと気の短い私。

そんな私がよく待つことが基本の介護の仕事なんぞしてると思いますが、ぶちギレの理由はナースコール。

いつものように寝ないジーさんが来てるので、極力集中したいところ。

それを邪魔するナースコール。

回数的にはそれほどでもないのですが、タイミングが悪すぎです。

まー、いつもナースコールってのはタイミングの悪いときを狙ったように鳴るんですけどね。

鳴らすのは片マヒのバーちゃん。

認知症的にはそんなに進んでないので、判断力はあるはずなのですが、最初の定時パット交換前の時間帯に決まって鳴らしてきます。

その時間になったら換えにいくっつーの!

それにその時間帯は眠前薬で回ってるから鳴らされてもどうしようもありません。

これまで何度も説明してるのですが、ダメなようです。

さらに交換して1時間後にまた鳴ります。

『もう○時じゃないですか?』

ちゃうわー!

それがさらに1時間後にも…。

寝ないジーさん対応をしてるときに鳴らされると困ります。

それにセンサーが入ってる利用者も、ちょっとした体動でも鳴りますから、鳴ったら確認でバタバタしてます。

そういうときに余計なナースコール…。

『時間になったらちゃんと換えにくる!』

何度言ってもダメです。

これが

『パットが濡れて気持ち悪いから』だったらまだいいんです。

そんなときに換えないほどやぶさかではありません。

だからこの人の場合は定時をやめて随時にしたらと思うんですよね。

本人が時間に縛られ過ぎですから。

それに大部屋で他利用者との交換のタイミングが違うので、他の利用者のトイレ誘導や、パット交換するたびに『便乗してナースコール』。

堪りません。

介護の仕事をしてない人にはなかなかニュアンスとして伝わらないと思いますが、ナースコールってほんとにウザいものなんです。

とくに夜は。

どうしようもない用事ならまだしもこの方の場合は、

『テレビのリモコンが落ちました』

『イヤホンが絡みました』

『お茶がなくなりました』

『テレビが終わりました』

『○○さんに○○の番組やってると伝えてください』

『(すでに塗ったのに忘れて)○○の薬を塗ってください』

さらにムカつくのが

『私以外の職員のときはほとんど鳴らさない』のです!

甘えられても相手によってうれしいときとウザいときとありますよね。

他の職員は言います。

『してあげるからしてもらおうとするんですよ~』

私が悪いのか?

定時前でもパットが濡れてるとナースコールがあれば換えなきゃダメでしょ?

不潔だし、気持ち悪いし。

それが『○時になったら換えてください』とワザワザナースコールを鳴らされるととたんにウザいです。

行くんだから、ちゃんと。

時間を気にするより寝とけって思います。

黙って待ってりゃいいんです。

濡れてりゃ別ですよ。

そういうときは素直に、

『濡れたので換えてほしい』と言えばいいんですが。

でもそれができない…。

年寄り特有の『待てない病&ムダに高いプライド』です。

ほんとにぶちギレてしまいました。

いろいろその方の要望を、嫌がる他職員に頭を下げてお願いして協力をしてもらってきてるんです。

それが…、恩仇ですよ。

そんなことを振りかざすな、仕事だろ、当たり前だろとお叱りを受けるかもしれませんが、私も人間なんでね。

きっと相性が悪いんですよね。

好きでもない相手に言い寄られるウザさ。

わかります?

可愛いげがあればいいんですが、申し訳ないながらないし。

もちろんそういうことでやるべきことの区別は付けませんが。

私以外の職員は総スルーですし。

私が最後の砦なのかもしれませんが、シンドイですわ。

てことで普通にしようと思います。

今までもそうでしたが、ちょっとだけクール対応に。

だいたいもともと、絆とか、寄り添いとか気持ち悪く感じる私。

そんなことわざわざ言葉に出さなくとも普通のことでしょ?

違和感があるのです。

この感覚はたぶんあんまり伝わらないと思います。

しゃーないですね。

私は私なので。

朝になってきちんとフォローしときましたが、まー、変わんないでしょう。

しゃーないですね。

それが年寄りというものなので。

唯一よかったのは、寝ないジーさんが寝たことです。

夜間に失禁してリハビリパンツのポリマーを床にぶちまけてたけど(笑)


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【『一挨一拶』…一青窈さんのコンサート】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月11日(月)シャバ@02115

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重50.50kg

130211_2029

えーと、いたみホールです。

こないだは時間を間違えたんで、今日はそんなことのないよう万全の体勢で臨むっと。

でも日頃の不規則な生活リズムのせいで眠いの~!

これは夜勤があるから仕方ないです。

何とかスッキリするには3日くらい思きし寝ないといけないでしょう。

眠りが浅いのも影響してるでしょうね。

ぐっすり眠るためには…どーしましょうか?

少なくとも寝る前の飲食を控えねばならないですか…。

ムリ!

どうしても寝る前になってしまいます。

これはどうしようもないです(x_x;)

とくにエレンを飲むので。

飲まなくても鼻注してたらおんなじですか。

夜勤がなくてカレンダー通りの生活をしてる人でも不眠で悩んでるのだから、しゃーないですか。

不眠てとこまでヒドくはないですけど。

疲れてるのに寝付きが悪いとか、目が覚めるとか、それがねー。

おっとぜんぜん関係ない話になっていやがる。

さて、いたみホールはキレイなホールでございまして、キャパは1200人くらいでしょうか?

2階席もありますね。

客層は、圧倒的に中高年以上です。

おばさま率も高そうで、連れ立ってきています。

なんかドンドン客層が上がってる気がしますが、最近の若い人はそもそも音楽を聴かなくなってる?

んなこたーないですね。

みんなWalkmanしてますし。

若い人向けな歌ではないってことでしょうか?

コンサートは

『竹田の子守唄』で始まり、『道案内』で終わりました。

いつも思うんですが、曲の合間のトークが面白いんですよね。

昨夜はおでんを食べて『ライフ・オブ・パイ』を観たそうです。

今日は地元の日本最古の酒蔵見学をして、ラーメン食べて(いつも)と。

グランベル(?)の話とかすごいですね。

お父さん、お母さんのお話は定番ですが、それだけ思いが深いのでしょうね。

台湾のお話をもっと聞きたいです。

飼い犬の柴犬・信子ちゃんの話も楽しいですね。

私的には信子ちゃんの服を作ったとき、上前身頃ろより後ろ身頃の方が長いってのがビックリ。

ワンちゃんの体型もそうなんですが、一青窈さんから『前身頃』という言葉が出てきたのが新鮮で。

知らないでしょ、普通。

裁縫する人は知ってると思いますが。

いや、私の勘違いで女性はみんな知ってるかもしれん。

要調査ですな。

江戸ポルカ~もらい泣きの流れは最高でしたねー。

場内ほぼ総立ち。

こういうときは楽しんだもん勝ちなんで楽しみましょう!

もう江戸ポルカの振り付けは完璧です。

それにこの歌は私が初めて一青窈さんを知ったきっかけの歌なので、もしもらい泣き、ハナミズキを外したとしても江戸ポルカだけは外してほしくないですぅ。

もらい泣き、ハナミズキを外すことはないですが(笑)

とにかく一青窈さんのコンサートは絶対行きたいのです。

これからも!


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【(映画)『アウトロー』】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月10日(日)シャバ@02114

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


トム・クルーズ主演の映画です。

バババブーン♪というアクション映画ではありません。

スパイミステリーでもなくて、探偵物語みたいな映画です。

予告編がいいとこ出しすぎかも。

トム・クルーズファン向けでしょうか。

ストーリーは狙撃犯の疑いを懸けられた男が取り調べ中に、『ジャック・リチャードを呼べ』という殴り書きをします。

誰やねん?

でもそれに関係なくジャック(トム)はやってきました。

以前、戦場のイラクでこの男を狙撃犯として逮捕したことがあるのです。

今度何かやらかしたら殺すという約束を果たしにきたのです。

調べが進むにつれ、この男に懸けられた容疑は濡れ衣ではないかとという疑惑が…。

弁護士役とのコンビも付かず離れずでいい感じ。

もしかして続編もあるのかもしれない。

あっと驚く展開はありませんし、もう少しテンポがよければとも思いますが、良質な映画と思います。

ただ邦題からすると、法を無視してガンガンやりまくるみたいに思うので、原題のまま(『ジャック・リーチャー』)な方がよかったかも。

一説によると『ジョン・カーター』がこけたから名前そのままの題名を避けたらしいですが。

ベタですが『撃ったヤツを裁け』とか『俺が正義だ』とか(笑)

『ジョン・カーター』も『未踏の惑星』とか(爆)

いい邦題って難しいですね。

『サッカーパンチ』も『エンジェルウォーズ』なんて付けられてましたし。

『最後のキーをつかんで』とかでもよかった?

あー、やっぱ難しい。

邦題付けるのって難しいですね。

素人お手上げです。


ほなね (x_x;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【フレーバー】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月9日(土)シャバ@02113

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口6(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

エレンタールを経口で飲むときは味付けのためのフレーバーを使います。

青リンゴ、ヨーグルト、オレンジ、パイン、マンゴー、梅、コーヒー…などなどあります(もっとあったかなぁ)。

いろいろ試してみましたが、青リンゴが好みです。

ヨーグルトに比べると、ちょっと匂いがキツくなりますが濃ゆい味なのでエレンタール独特の臭みをかなり消してくれます。

今のエレンは、昔のエレンに比べるとかなり味は改善されてるんですけどね。

それでも入れた方が飲みやすいです。

しかーし、次の受診日までフレーバーが持たないことが発覚(笑)

実はエレンがダブついてて、

『2週間分でいいです』とドクターに言ったのですが、

『僕、来月のその日、休みなんですわ』とのことで、

『63日分出しときますわー』と63日分出されてしまいました。

そんときに『2週間分でいいです! 大丈夫です!』と言えないのが気の小さいところ。

山のようなエレンは宅配で送ってもらえるからいいのですが、薬局でフレーバーの計算を間違えて、1包に1つ使うと足りない状態になってます。

ボケてましたねー。

ということで、家で飲むときは2包に1つで調整したいと思います。

1日3つ使用になります。

これなら最後の10日辺りまで持ちますか…。

あとは『生』ですね。

『生エレン』も飲めないことないですから。

昔の『すり下ろしたジャガイモ』みたいな味ではなく、薄くとはいえヨーグルト味が少ーし付いてますから。

それにいざとなったら夕食後の2包を鼻注すれば、少しでも生エレンの回数が減らせるわけで。

モノは考えよう。

鼻注か生か結構究極の選択っぽい(爆)

まー、うまいことやっていきましょう。


ほなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【目標は経口5包】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月8日(金)シャバ@02112

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口5(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

鼻注をサボって久しく経口のみですが、体調は再燃傾向かと思いきや、ギリギリで踏ん張れてるようです。

とはいえエレンを緩めると、いつ再燃ロードに突入してしまうかわかりません。

まー、再燃するときは何をしても再燃するんですが。

でもできれば再燃はしたくないですよね。

痛みが出てくると痛いですから。

当たり前か(笑)

外科的な痛みでなく、体の中が痛いのは違う痛さがありまして。

炎症⇒潰瘍⇒狭窄・瘻孔・癒着・閉塞

という恐ろしいサイクルが発動しても困ります。

経口だけでもしておきましょう。

朝イチ2包。

これは明けの日以外はokです。

昼1包。

これも職場にボトルタイプを持ち込むことでok。

あと2包は夕食後に!

これで5包確保ですね。

濃度も300mlとかボトルの場合は400mlですから、浸透圧的にも少しやさしいです。

あとは時間を懸けれればいいんですが…。

そこは鼻注には敵いません。

でもこれでしばらく様子を見つつやっていきましょう。

食事ももちろん『一日一食』で。

さらに野菜中心で。

ベジタブルな食生活ですね。

次回のCRPが0.3をきるようにー(●^o^●)


ほなね ( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【キリンカップ(H)○vsラトビア戦 3-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月7日(木)シャバ@02111

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

快勝なのかな?

所用があって後半アディショナルタイム以外は観れずでした。

先発10人を海外組で固めて、前半1点、後半2点の内容で、先制、追加、ダメ押しという理想的な展開だったみたい。

香川選手、清武選手、乾選手とセレッソ出身の選手たちが出場したので、全部観たかったなー。

やっぱセレッソ出身者がいると気合いが違うです。

3月のヨルダン戦で勝って、5大会連続5回目の出場を決めて、今度こそベスト4、欲を言えば優勝してほしいなー。

当然そのときは柿谷選手、山口選手、扇原選手、杉本選手も代表入りしてるに違いない。


ほなね ( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【体調は…】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月6日(水)シャバ@02110

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130202_1111

夜勤のある生活に慣れてきたようなまだまだなような。

一人でしているというプレッシャーもあるんだろうけど、気が荒くなってるかも。

もともと気が短いイラチな私。

導火線の長さは超短い(笑)

温和そうな外見なので、そう見られないことが多いですが、荒いですよー(爆)

それをそのままでいけたらいいのですが、自己抑制が強いので、それがストレスの原因なのでしょう。

ただ自分の本性を知っているってことはアドバンテージかなと。

自分を振り返れますし。

自分を許せるのも許せないのも自分自身です。

いいときの自分、悪いときの自分。

いろんな自分があります。

それはそれでokで、それでいいんです。

過ぎたあとで『失敗したな~』と思っても、ドンマイです。

自分自身を愛でることが大切です。

たとえそのとき愛でられなくても、根っこのところで愛でられてたら、必ずいい自分になっていくし、悪いときの自分でさえ、そのままいい自分になるのです。

言葉にするのは難しいんですけど。

行きつ戻りつ、時間は過ぎていきますね。

あっクローン病の方は落ち着きを見せてきているような気がします。

再燃の道は回避できそうかなぁ。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤76】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月5日(火)シャバ@02139

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

寝ないジーさん!

昨日の夜は寝たと記録にありました。

さてと、今夜はどうかなぁと思ったら…寝ません。

眠前薬を飲んでも寝ません。

実はこのジーさん、とても体格がよくて力仕事をやってたのでとても体力もあるんです。

だから少々の眠剤では効かないのではないでしょうか?

かといって薬を増やしておかしくなられても困るし。

でも寝ないし。

結局寝たのは4時過ぎでした。

もちろんその間にしなければならない業務はすべて、このジーさんの様子を見守りながら綱渡りで行いました。

一人ひとりパット交換が終わると様子を確認です。

ウロウロしてたらイスに座ってもらって(眠剤のせいでふらつきがでてるんです)、タオルタタミもどきをしてもらったり、お茶を飲んでもらったり。

はかどりません。

でも目が離れたことでコケられてもイヤですからね。

とてもリスクがありマウス。

寝てもらえればいいのですが、寝ないからここにショートできてるわけで。

何も問題のない方なら家でみれるわけで…。

寝ないのはいいのですが、ふらつきながらウロウロされるのがほんとにツラいです。

何もできなくなります。

どーするべー…。

二人で見るしかない…でしょう?

結論としては(このジーさん対策だけでなく)一人での夜勤が問題なのです。

いつも危険と隣り合わせ。

見守りの目がないのに事故が起きたら報告書に『見守り強化』…笑うしかありません。

見守る人が物理的にいないのですよ(笑)

自分で能動的に歩く人の行動を制約することはできませんし、してはなりません。

徘徊するのなら、お付き合いするしかないのです。

ほどよく疲れるからこそ『寝れる』わけで、昼間から『座っといてー!』『動かんといてー!』『歩かんといてー!』と叫び声が飛び交ってたら、運動不足で眠れないですよね。

だから、昼夜にわたってのその人への関わりを練らないといけないのです。

もちろん昼間も職員は不足しています。

でも職員同士おしゃべりしてる時間があるのなら、少しでも利用者のために使わなければなりません。

だって『それが仕事なのですから』。

何とか事故なく乗りきれましたが、いつも綱渡りだとしんどいですね。

一人夜勤禁止法ができないでしょうか?

施設の努力には限界がありますから、法律で決めて守らせるしかないでしょうね。

それまでは危険と隣り合わせの、いつ事故が起きてもおかしくない状態が、全国の介護施設で1年365日続きます。

現場も努力と対策を練ってはいますが、そういう法律的なサポートも必要です。


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【忙しいですね】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月4日(月)シャバ@02138

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

何度か書いたように『忙』という字は『心を亡くす』と書きます。

いろんな心を亡くしてしまう様を表意しているので、困った困った。

そういうときは体調も崩れがち。

夜勤のないときは、早寝早起きで体調を調えたいです。

自分自身は誰も守ってくれないですからね。

食べ物も気を付けて。

とりあえず、七味や一味、ショウガなどは止めてみた。

物足りないけど仕方なし。

お寿司のワサビは使っちゃうな~。

ワサビなしでお寿司なんて有り得んのですけれど、最近の若い人はワサビ抜きが主流なようで。

食べ過ぎない限りいいでしょか(笑)

何事も普段はホドホドに。

ここぞというときにドカンとガッツリいきましょう。

そうそう柿谷選手のレプユニの先行予約が始まったんで、ポチしました。

いつもは12番ですが、今年は8番です!

8番を背負った柿谷選手がどんなプレーを魅せてくれるのか今からワクワクが止まりません。

彼ならきっと8番のプレッシャーをエネルギーに変えてやってくれると思います。

チームも3位以内を目指すと高らかに宣言してますし、いつも10試合は試運転のクルピ監督も、初戦から勝ち切るサッカーをすると言ってくれてます。

きっといい結果を出してくれると思います。

試合を観に行くため、HUBさんに行くためにも体調をきちんと調えていくのです!


ほなね ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【(映画)『レ・ミゼラブル』】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月3日(日)シャバ@02137

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

小さなパンを一つ盗んだ罪で投獄されたジャン=バルジャンの償いと救済の物語。

残念ながら、フランス革命後の話、小さな女の子が出てくる話…くらいしか知りません。

もちろん原作も読んだことはなく、『あぁ無情』という邦題が思い浮かぶくらいです。

作品としては大作です。

世界的にも有名なミュージカルですし、あのビクトル=ユゴー原作ですから、相当なプレッシャーがあったように思います。

監督も出演者も。

普通の役者さんがミュージカルを映画で演じるという、『サウンド・オブ・ミュージック』的な感じでしょうか。

みな熱演してます。

主人公のヒュー=ジャックマン、警部役のラッセル=クロウ、薄幸の女性でありコゼットの母親のアン=ハサウェイ…気合い入ってました。

原作通りなのか違うのかわからないので、帰りに本屋さんで探してみましたが、売り切れ中でした。

みんなおんなじことを考えてるんですね(笑)

3時間という長い時間なので、トイレが気になる人は予め済ませといてくださいね。

あとはフランス史を少し知ってるといいと思います。

映像もきれいだし、パリの街もリアルだし、一見の価値ありますよ。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤75】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月2日(土)シャバ@02136

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

最近の夜勤はトラブル続きです。

それだけたいへんな方が増えているのです。

とくにショートでたいへんな方が増えてるので、危険度はかなり上がります。

ご存知のように危険の代表は、

『歩行が不安定な人』ですね。

本人は歩けるつもりでも、フラフラしてると転倒の危険が増大します。

ましてや家ではないところです。

さらに『履き慣れない上靴』なんて履かされて、さらにさらに『踵踏んで履いて』たら『最悪』です。

そういうときは『履き慣れた外靴』の方がどんだけ安全か。

家族さんは是非、知っておいてください。

もちろん介護シューズも履きやすいのでお願いします。

できれば外靴も上靴も同じ介護シューズならいいですね。

歩行が不安定になれば、履き慣れた靴を履き続けるか、履きやすい介護シューズに変えるかですね。

その方が新しい普通の靴よりよっぽど安全です。

さて、ここに『認知症・夜間寝ない・徘徊』の3連コンボが絡んでくると、危険度MAXです。

ふらつきながらの徘徊ほど恐ろしいことはありません。

さらに、大人しく寝ていただけない。

ベッド臥床していただいてもすぐ起きてくる。

その方の見守りで何もできなくなります。

とくに夜勤帯は『一人』ですから、たとえ『センサー』をしてたとしても、他の方の介助をしているとセンサーが鳴っても『どうしようもありません』。

またセンサーが敏感な場合、ちょっとした体動でも鳴りますから、その都度確認しなければなりません。

鳴って、駆け付けて、ただの体動だったときの徒労感。

それが夜勤の間に何回、何十回も鳴る…、疲れますよね。

『どうせ体動さー』と高をくくって確認を怠ったときに限って『事故』が起きますし。

『自分で動く方の転倒を防ぐことはできません』。

『大丈夫、大丈夫という方に限って危ない』。

今まで何十人の方が『大丈夫!』と言ってコケてきたことでしょう。

『大丈夫』ではないのです。

『大丈夫』なら『要介護認定が出るはずない』のです。

『自信と過信』は違います。

鬱陶しくてもそれとなく見守りさせてください。

ナースコール押してください。

おそらく全国の介護職員がそう思ってるのではないでしょうか?

さて、ここに認知症が絡んでくるとどうしようもありません。

さらに自分の状態を理解されてないわけですし。

『寝なくて、ふらつきながら、徘徊』されるとどうしようもありません。

何もすることがなければいいんです。

眠前薬もオムツ交換もトイレ誘導も『しなくていい』のなら、一晩中付きっきりでお付き合いします。

でも『一人しか』いないのです。

せめて、眠前薬やオムツ&トイレ誘導のときは『大人しく』していただきたいのです。

…ムリですね。

むしろ、『そういうときを狙って』動き出しますよね。

どうしようもありません。

毎晩どこの施設も『危険と背中合わせの綱渡り』しています。

よく政治家のみなさんが施設訪問なんぞして、新聞の紙面に載ってたりしますが、いまだかって見たことがありません、『夜勤のときに訪問して、夜勤体験しました』という記事を。

いえ、いいんです。

来られても迷惑ですから。

ただ、『一度くらいやってみな!』と思います。

和やかに入所者と話す写真とかも見ますが、一度くらい、『とんでもないの』の相手をしてもらいたいものです。

暴言・暴力バリバリの方のね。

わからんと思います。

あと処遇改善、処遇改善と『バカの一つ覚え』みたいに言いますが、何をもって『処遇改善』なのでしょうか?

お給料?

人員?

その他の待遇?

全部?

個人的な意見としては、人も金もともに『1.5倍』は『最低でも』しないとモチませんよ。

見てください、街中のご立派な体型の中高年の方々を。

あと10年もすれば、体重60kgオーバーの方々が、平気で要介護状態になってこられるのです。

いくら腰を痛めない介助方法を身に付けていても、二人で対応しないといけない方も増えてくるでしょう。

そういう意味でも、『最低1.5倍の人員増』が必要なわけです。

ただ、『今のお給料』ではやりませんよね。

就職氷河期の今でさえ、介護職を『選ばない!』んですよ。

最低1.5倍、できれは2倍に引き上げないと成り手はますますいなくなるでしょう。

もちろん介護職員自身のケアのスキルも上げていく必要があります。

一斉食事、一斉トイレ、一斉入浴。

こんなことをやっていてはダメですね。

『排泄介助≠パット交換』。

このことすらわかってないのですから。

…嘆いても仕方ないです。

目の前の一人に、過不足のない、最適なケアを提供していくしかないですね。

ということで、本日はお一人が救急搬送になりました。

ショートの方です。

ご家族が病院にくるまで、職員一人付き添います。

当然、現場の職員が不足します。

当たり前のように夜勤明けが残ります。

たとえ残業代が出たとしても(出ますし、請求しますが)勘弁願いたいですね。

一人抜けても大丈夫な職員配置にしてくださいませんでしょうか?

おそらく全国の施設もそうでしょう。

だから事故が絶えませんし、離職していくのです。

介護が割りに合う仕事になるのはいつになるでしょう?

こないのでしょうか?

みんなでいい知恵出しましょう。

出さなあかん!


ほなね (x_x;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年2月1日(金)シャバ@02135

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


○外科
少し直腸に悪化傾向見られる。

様観しつつ悪化傾向続くならシプロキサン。

○内科
とくに問題なし。


○検査
・採血:CRP=0.4
・MR:悪化傾向あり
・腹部エコー:とくに問題なし

○処方薬
・シプロキサン:1回1T、1日2回(朝夕)
・ペンタサ:1回4T、1日3回(朝昼夕)
・ビオスリー:1回2T、1日3回(朝昼夕)
・ロペミン:1回1T、1日3回(朝昼夕)
・タケプロン:1回1T、1日1回(朝)
・ソリタT3号:1回1包、1日6回(朝昼夕夜)
・イリボー:1回1T、1日1回(朝)
・プロマック:1回1T、1日2回(朝夕)
・ポステリザン1回1個、1日1回(夜)
・エレンタール1回1包、1日5回(朝昼夕夜)


今回から『病院の日』のエントリーを作って、検査や処方薬の記録も書いていこうっと。


さて病院の日。

今日は検査が目白押し。

採血、MR、腹部エコー。

おそらく来月は内視鏡。

再来月に小腸造影になりそう。

内視鏡と小腸造影はだいぶやってません。

2年は空いてるかなぁ。

基本は1年に1回でしょうか?

特疾の更新手続きがありますから。

特疾なので簡単に治るわけないのですが、これも制度なので仕方ありません。

今日の採血いかんで絶食するかどうか決めようと思います。

自分の勘では0.5くらいまでCRPがきてる気がしますがはてさて。

まずは採血から。

朝一行きましたが、すでにたくさん並んでました。

いつもの通りです。

流れはスムーズで、30分ちょっとで順番が回ってきました。

4本採りました。

昔はなかなかな血管がでなかったんですが、そうでもなくなってきました。

さて、結果はどうでしょう?

次はMRです。

受付で書類を書いて、でも今日はボケてるのか、以前に造影剤使ったことがあるのに『ない』にしたり、『造影剤使用』のとこを『拒否します』にチェックしたり、さらに検査着の下はパンツ(と靴下)だけなのに、シャツ着ちゃったり、何をしてるんでしょうか?

変わったとこは、メガネはロッカーに置いてくるってなったのね。

以前は検査室前で預かってもらってましたが、トラブルが多かったのでしょうか。

検査前には大きな穴の空いた虫メガネで金属チェックします。

これは変わらず。

検査室に入って、器械の上に横になって、ヘッドフォンにナースコール。

手を上にしたのはCTのときでしたか?

うろ覚えです。

直腸造影なので(?)お腹の上に30×50センチほどの板(半径10センチほどの穴がいくつか開いてます)を乗せて器械の中に入っていきます。

BGMが流れててウトウト。

ときどき『ガガガガガ』とか『ゴンゴンゴンゴンゴン』とか聞こえます。

15分ほどして、造影剤をして15分ほど。

トータル30分ほどでしょうか。

診察受付をして待ち合いで待ちます。

次の検査までに呼んでくれると待ってましたが、検査の15分前になってしまったので、次の検査に行きます。

診察券を出して手続きして、中待ち合いで待ちます。

結構混んでましたが、すぐ呼ばれ、腹部エコー検査です。

この検査はゼリーを塗られてムニュムニュするだけなので楽です。

息を吸うときがちょっとキツいでしょうか。

肺活量ないですからねー(笑)

お腹を一通りして、膀胱と前立腺を調べてもらって終了です。

しっかりタオルでお腹を拭きましょう。

これで今日の検査は終了です。

外科と内科の診察を待ちましょう。

おしっこを我慢してたのでトイレにも行って、造影剤を使ったのでジュースを買って水分多目にしましょう。

普段は絶対と言っていいほど飲まないですが。

しばらく待ってましたがなかなか呼んでくれません。

もしかしたら忘れられてるのかもと思った頃にようやく呼ばれました。

『すみません、MRの結果がなかなかこなくて。

えーと、自覚症状で何か変わったような感じはありませんか?

あっ、なんかそんな気がしますか。

悪性ではないんですが、ちょっと悪化してる部分がありまして。

この白いとこですよね。

ピークは過ぎたかどうかなんですけど、どうですか?

あー、やっぱり診た感じも良かったときと比べて少し違ってますね。

抗生剤のようなものを飲まれたりしましたか?

飲んでないですか。

うーん、どうしましょうか?

このまま様子をみてもいいし、シプロキサンを1週間か2週間ほど飲んでみてもいいし。

様子をみて、悪化傾向が続くようなら飲むことにして、1週間出しておきましょうか』

てな感じで。

悪性でないのはいいんだけど、やっぱ悪化傾向ね。

思い当たるフシはアリアリです(笑)

CRPも0.4。

これが直腸からきてるのか、他の病変部からきてるのか、はたまたその両方か?

どっちにしろちゃんとポステリザンしないといけないですね。


次は内科。

これまた待たされます。

3時間待ちの人もいたみたい。

『エコーの検査では問題なしでした。

とくに注意することもなさそうで、お尻の方は外科の先生にお任せしておけば大丈夫ですし』

てな感じ。

診察室を出てから気付いた。

検査の日を決めてないー!

しかも次回はドクターがお休みなので、診察は4月。

てことは…5月、6月で検査ってことに。

検査が続いたんで、ついつい忘れちまってたよん。

しかもだいぶ待ったし。

ウトウトしてたしね。

そういうときは呼ばれてもすぐスイッチが入らない~(笑)

ゴルゴ13のようにはいかない(テレパス参照)


まー、しっかりしろよってことでもありますが、いいことなら忘れませんが、いいことでもないですしね(爆)

しばらく様子をみながら対処していきましょう。

なるべくお腹にやさしい食べ物をメインにして。

早寝早起きで、ストレスも受け流しつつ。

思うに今の状況は、職場でのストレスも大きいと思うのです。

新人職員云々でイライラすることもあるし、転倒事故が続いてることもあるし。

あとは刺激物ですねー。

基本的に辛いのキライじゃないですから(笑)

どちらかと言えば好きな方で。

そりゃムチャクチャ辛いのはダメですよ!

でも、Leeの20倍ってあるでしょ。

あれ好きなんです。

ヤバい。

嗜好を変えるのはなかなか難しいですよね。

あとはゆっくりしましょうか。

検査がかぶるとたいへんです。

朝イチからたっぷり14時半過ぎまで懸かりました。

次の予定がない限りは、待つのは気になりませんし。

そもそも病院は時間の懸かるものと思ってますし。

これでも早くはなってきてると思いますし。

やたら診察室で長い時間、何をしてるのかしゃべってるのか時間の懸かる人にはイライラしますが。

待たされた分、しゃべらないと気が済まないのでしょうか?

空気を呼んでほしいですね、心配なのはわかりますが。

まー、他人事なので、ほっとくに限りますか。


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サポコン】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年1月31日(木)シャバ@02134

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重51.25kg

130131_1001

サポーターコンベンション。

今年は阿倍野区民センターでした。

開始1時間前に着いたのに8割方入ってました。

平日なのにスゴいです。

そんだけみんなセレッソが好きやねん!

700人以上だったそうです。

サポコンの内容は書けませんが、最終節で社長が言っていた、

『3位以内!』を最低のノルマとして戦いますということです。

配布されたアンケートに書いたんですが、とにかくタイトルをとってほしいです。

J参入20年になります。

20年になるのにタイトルゼロというのは残念でなりません。

私としては

リーグ制覇=ACL制覇>天皇杯>ナビスコ杯

でしょうか。

早く☆を付けたいですし、今年は隣との対戦はありませんが、もし隣が戻ってきても最低で5年間は負けないでほしいです。

ほんとの大阪のチームはセレッソだけなのですから。

さて、ついに柿谷選手が8番をつけることになりました。

涙チョチョギレです。

やっぱり8番はセレッソにとって特別な番号なんですね。

どよめきが起こりました。

新加入選手もいいプレーしてほしいですし、開幕からスタートダッシュしてほしいです。

そして、攻め勝つサッカーで今季こそJ1制覇をしてほしいです


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »