« 【病院の日】 | トップページ | 【(映画)『ジャンゴ』、『レッドライト』】 »

【第1節○vs新潟 1-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年3月2日(土)シャバ@02164

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130302_1312

待ちに待った開幕戦。

タイキャンプ、宮崎キャンプを順調にこなし、3位以内を目指すスタートの試合。

ときおり粉雪舞う長居スタジアムだけど、選手たちは最高の気合いと動きで初戦を戦ってくれる!

と思いきや…、開幕戦の固さもあるんだろうけど動き悪すぎ。

それに比べ新潟の選手のなんと生き生きしてること。

どっちがホームやねんって試合。

セレッソの攻撃は、ハーフラインで止められて、全然前に運べない。

シンプリシオ選手、横山選手までは何とか渡るけど、あっという間に囲まれるし、サイドに出しても苦し紛れで通らないし、通ってもサイドも囲まれてしまって、そこからいつものようにショートカウンターを浴びて…失点しないのが不思議な展開。

いやいや、決定力のあるチームなら前半だけで3点は取られてたで。

ほんまにたまたまゼロなだけで、セレッソの得点の匂いもゼロ。

後半も全然変わらへん。

ブルーノロペス選手の動き全然落ちひんし、セカンド拾われへんし、引き分けやったらよくしのいだで御の字な感じにどんどんなっていくやんかー。

ホームやでホーム!

しかも開幕戦や開幕戦!

去年と全然変わってないねんな。

ゴールキックのセカンドボールはマイボールにでけへん。

ボランチに渡っても出しどころがあらへん。

サイドに出しても狭いとこでライン際に追い込まれてロスト。

苦し紛れのパスもことごとくカットされる。

マイボールの時間が短くて、ハーフラインからのショートカウンターを浴びまくる。

これは3位以内を目指すチームのサッカーでは全然ない。

初戦で早くも『何も変わってない』ことが浮き彫りになった。

負けてもおかしくない試合だったけど、88分に8番を継承した柿谷選手の泥臭いゴールが決まって勝つことはできたけど、前途多難感は半端ない。

もし勝ったことで満足してしまったら今季も残留争いに巻き込まれてしまうのは必定。

開幕戦やからって、新潟も開幕戦なわけで理由にならん。

どう打開するか…。

ボランチに渡ったときにどんだけパスコースを作れているかだなー。

前線の選手たちの動きを整理して、出たり戻ったりの緩急をつけないと。

裏を取る動きも杉本選手が入るまで全然あらへんかったし。

期待のエジノ選手はまだ使えないことが判明、ってかワントップ向きな選手ではなさそうな感じ。

もう少し動かないと試合を動かせない。

もしかしたら連携があってきたらこのポジションでもできるんかしらんけど、今日のデキではムリな感じ。

使うのなら去年のケンペス選手のように柿谷選手との2トップで使うのがよさそう。

そうなると4-4-2になるなー。

1トップ3シャドーをするなら、4-2-3-1。

この1に誰をはめるかでできるかできないかが決まってくるのね。

できそうなのは…杉本選手くらいか…。

私はいっそのこと、4-2-1-3の3トップでいってしまえ~って思ってたりして。

4-1-2-3でもいい。

そうすれば前線のプレッシャーを緩和できるし、3人でプレッシャーを懸けてもいける。

パスコースも増える。

というより、短いとこでパス交換するときに取られすぎだから、中盤と前線を間延びしない程度にワイドにしたいの。

サイドチェンジもほとんどできなかったし。

セレッソの選手は巧いと言われることが多いけど、プレッシャーが懸かる場面でのボールロストはめちゃくちゃ多い印象がある。

巧さが個人の巧さにとどまっててチームとしての巧さになってないねんな。

止めるとこで止める。

キープするとこでキープする。

出すときに出す。

これがチームとしてできないと、上位は望めないよー。

そのためにはパスコースの選択肢がたくさんできるように、受け手が守備陣をかわす動きをしないと。

パスが出せないのは、出し手のせせいより、受け手のせいだから。

ボーッと待ってたらアカンてこっちゃ

マークを外す動きをしないとね。

たとえ1歩、2歩くらいの距離でもさ。

もちろんガチガチマークにさらされてても、その状況で受けれる受け手がいるのならそれでもok。

でも、おらんやろ、バルサちゃうし。

たぶんマークを外して受けるっていうのはブラジル人なら自然にできることじゃないのだろうか。

だから日本人はかなり意識をしないと修得できないんじゃないのかなぁ。

今日のところは魅力ある攻撃サッカーは見られませんでした。

ブルーノロペス選手みたいに、ガッーと動かれるタイプのフォワードにも相変わらず弱いし。

彼に渡る前に何とかしないとあかんのが、全然できませんでしたね。

そりゃそうだ、ことごとくセカンドの場面で取られたり、ロストしたり。

そこからならワンタッチで渡るわけで。

その段階では対応できません。

だからその前に…なんだよなー。

うーん、戦術の話になると素人なんで思い付きしか書けません。

思きしピント外れならゴメンナサイ。

もっと違う次元で選手たちは戦ってると思ったりします。

さーて、この状況をどう建て直すというか、まともなサッカーができる状態にもっていくのか?

クルピ監督の手腕が問われます。

交代に関しては、

山口選手⇒ブランコ選手

エジノ選手⇒杉本選手

横山選手⇒扇原選手

と3枚切りました。

当たったのは杉本選手で、動きがなかなかよかったです。

だいぶ意識してきたんかなぁ。

動かないと崩せませんからね。

ブランコ選手も何気に効いてましたし、隠し球かも。

扇原選手は、うーん、コンディションの関係でスタメンじゃなかったのかなぁ?

ちょっとわかりません。

まだまだ課題山積みー!

てことは…まだまだ伸びるチームってことやと、ここはポジティブシンキングしときましょう。


ほなね ( ̄▽ ̄)

|

« 【病院の日】 | トップページ | 【(映画)『ジャンゴ』、『レッドライト』】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/56873843

この記事へのトラックバック一覧です: 【第1節○vs新潟 1-0】:

« 【病院の日】 | トップページ | 【(映画)『ジャンゴ』、『レッドライト』】 »