« 【夜勤83】 | トップページ | 【東日本大震災から2年】 »

【第2節○vs甲府 1-2(HUB)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年3月10日(日)シャバ@02172

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

スタメン
GK21キム ジンヒョン
DF3茂庭 照幸
DF4藤本 康太
DF14丸橋 祐介
DF17酒本 憲幸
MF2扇原 貴宏
MF6山口 螢
MF8柿谷 曜一朗
MF30シンプリシオ
FW9エジノ
FW20杉本 健勇

ベンチ
GK1武田 洋平
DF23山下 達也
DF33椋原 健太
MF16枝村 匠馬
MF18横山 知伸
FW11播戸 竜二
FW13南野 拓実

今日のシステムはとても楽しみで、4-3-3。

ずっとやってほしなーと思ってたシステムなのだ。

機能するのかしないのか、戦術面での完成度が問われます。

形的には、杉本選手がポストに入って、エジノ選手がもらいにいって、柿谷選手がえぐるみたいになれば面白いと思うなー。

甲府も昇り調子ではあるので、気は抜けない。

シンプリシオ選手がボールを収めて散らすことができたらチャンスも増えると思うんだけど、つくづくマルチネス選手は大きな存在だったなと思います。

試合の入り際はセレッソのペース。

流動的な前線、ガッチリ守る守備陣。

ホーム初戦の甲府の緊張感のある動きにも助けられ、前半6分、先取点をゲット!

決めたのはエース柿谷選手!

最近はどこも『エース』と冠を付けますな。

しかし、そこからがいけない。

解説の羽中田さん曰く『セレッソは大人なサッカーに切り替えてますねー』とのことだが、1点取ったら2点目を狙ってほしいもの。

しかも甲府の動きは鈍かったわけだし。

大人なサッカー=カウンターってな意味合いで羽中田さんは使ってたんだけど、セレッソには似合わないわけで。

案の定、少し引き気味になってたところを攻め込まれてウーゴ選手に決められてしまいました。

ここで忘れちゃいけないのは、ライン際で寄せきれなかったシンプリシオ選手。

おまけに出し際のプレッシャーも懸けきれずにクロスを上げられて、落とされて、そこにいたウーゴ選手に決められてしまった。

もうあと半歩寄せられてたらもう少し不正確になっていただろうになーと。

シーズン間もないせいか、というより昨シーズンより動きがイマイチに思うな~。

早くキレが戻ってきてほしい。

さて、後半。

シンプリシオ選手⇒枝村選手

エジノ選手⇒南野選手

クルピ監督はいっぺんに2枚切ってきた。

これでいつもの4-2-2-2になる。
リズムはなかなか変わらなかったけど、少しずつ南野選手のキープ力が冴えてきて、34分に山口選手のクリーンなゴールが決まりました。

南野選手のシュートがポストに弾かれたのを見事にボレーで弾き返しました。

いやー、狙ってましたって感じのゴールでした。

試合はこのまま守りきって15年振りの開幕2連勝となりました。

勝って良か良かですが、課題はやはり解決されきってません。

心配なのがブラジル人選手のコンディション。

南半球と北半球の季節の違いはあるんだけど、早くキレのいいプレーを魅せてほしいよー。

あとはやっぱ

『攻撃は最大の防御』やんね。

攻めて攻めて攻めまくるセレッソをいつも見ていたい。

酒本選手は大丈夫だろうか?

ムリしないで椋原選手でもいいかも。

短い時間ながらいいプレーしてたよん。


ほなね ( ̄ω ̄)

|

« 【夜勤83】 | トップページ | 【東日本大震災から2年】 »

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/56925916

この記事へのトラックバック一覧です: 【第2節○vs甲府 1-2(HUB)】:

« 【夜勤83】 | トップページ | 【東日本大震災から2年】 »