« 【今日は】 | トップページ | 【病院の日】 »

【介護従事者が絶対忘れてはいけないこと】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年4月4日(木)シャバ@02197

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/350ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


○虐待

子どもや高齢者のように弱い立場にある者に対して、必要な養育や介護を行わなかったり、不適切な養育や介護を行ったり、暴力や侮辱を加えること。

子どもへの虐待に対しては、早期に発見し、迅速に保護するなどの対応を行うべく「児童虐待防止法」が成立したが、悲惨なケースがあとを絶たない。

その背景には核家族化や地域社会の崩壊などがあると考えられており、対策が模索されている。

高齢者への虐待には、

①身体的虐待
②性的虐待
③心理的虐待
④経済的虐待
⑤介護放棄

があるとされる。

最近では、「抑制」などの身体拘束、排泄ケア不在のままのオムツ使用、汚れたオムツのままの放置なども、虐待と認識されるようになってきた。


○身体拘束

手足やからだをロープなどでベッドのさくなどに固定して手足や動きを不能または制限すること。

老人虐待の一つ。

錯乱状態で自分自身や他人に危害を加える恐れのあるときや、苦しがってからだを動かすために治療ができないときなどに、やむなく身体拘束が必要とみなされることがある。

その場合でも、複数の関係者による判断があり、拘束方法が適切、かつ拘束時間が最小限で、きちんと記録がとられ、家族の事前承諾を得、それが不可能な場合はすみやかな事後報告がなされる、などの条件を満たしている必要がある。

裁判所など第三者機関の承認を必要とすべきだとする意見もある。

したがって、トイレで排泄ケアがなされずにオムツを当てられて「オムツを外したがるから」、口から食べる工夫がなされないで「チューブを抜くから」、高いベッドに寝かされて「危険だから」といった理由で身体拘束をするなどは、適切な介護をしていないことも含め二重の意味での高齢者虐待といえよう。


いったい全国で何人の介護従事者がこれらのことを知っているのだろうか?

つくづく『無知は罪』である。


ほなね (._.)

|

« 【今日は】 | トップページ | 【病院の日】 »

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/57105932

この記事へのトラックバック一覧です: 【介護従事者が絶対忘れてはいけないこと】:

« 【今日は】 | トップページ | 【病院の日】 »