« 【ボストンマラソン爆発事件】 | トップページ | 【夏い】 »

【セレサポとして思うこと】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年4月17日(水)シャバ@02209

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130413_122512th

『そりゃ、あのときは確かにショックだったけど、そのあとスペインに移籍したときは石が飛んできたからね。

お前なんか日本に帰っちまえって。

レストランに行っても注文を受けてもらえないことがあったり…。

ああいう状況に身を置いたら、選手はイヤでも必死にならざるをえないでしょ。

そういう日々の必死さが、選手たちを磨いていくって部分は確実にあると思うんだけど、日本はまた違うから。

選手にとっては、その方がはるかに楽で、居心地がいいっていうのはあるんだけどね』

城彰二氏の言葉。

フランスW杯で日本は惨敗した。

帰国した城氏は空港で水を掛けられた。

サポーターの怒りの矛先が無得点の城氏に向いたのだ。

このことは大きく報道され、日本にもフーリガンが現れたかのようにも言われた。

本場からしたら笑われるくらいのこの水掛けだが日本ではそういうことがなかっただけに、大きく報道されたのだ。

しかし、スペインでは石が飛んできたという。

レストランでも注文を受けてもらえないと。

別の取材では、『勝ったときは酒でも料理でも何でも出てくる』と言ってるので、それだけスペインの人たちにとっては自クラブの勝敗というのは天と地ほどに違う。

セレッソの場合はどうか?

先日の対大宮戦。

不本意な先制のされ方をしたが前半終了間際にエースの得点で同点にした。

相手の17戦無敗を止めれば意気も上がるしマスコミの報道も大きくなる。

セレッソのことを知ってもらえるチャンスが増えるわけだ。

当然ホームということもある。

絶対勝たねばならない。

ましてや相手が10人になった。

これで勝たずしていつ勝つのだ、である。

しかし敗けた。

無様に敗けた。

半ば引き分け狙いの相手に勝ち越された。

引き分けでもブーイング相当なのに、敗けたのだ。

なのに選手を労う拍手がある…。

あり得ない!

敗者をムチ打つのではない。

奮起を促す意味でブーイングが相当である。

敗けたのだ。

敗けたのだ。

引き分け狙いの10人の相手に勝ち越されて敗けたのだ。

あり得ない。

あり得ない。

あってはならない。

なのに拍手。

かえって選手たちをバカにしているように思える。

敗けたからブーイングではない。

勝ってほしいからブーイングなのだ。

勝ってみんなと喜びたい。

だからなのだ。

敗けたら何が起こるかわかってるやろ?

本来はしなくていいはずの不平不満のぶつけ合いだぜ。

味方同士で罵り合ってどうする!

セレッソの味方はどこにおる?

どんなときもセレッソをサポートするサポーターたちしかおらんやろ!

だから何があっても勝たなあかん。

勝ったらすべてがうまくいく。

無冠のセレッソはまだまだ薄い存在でしかない。

もっともっとセレッソの応援が和になって大きくなるように、いい試合をしたときは思きし拍手。

おかしな敗け方したらブーイング。

それでいこう。

そのためにも一人ひとりのセレサポがしっかり地に足つけて、現実社会で結果を出してスタジアムに集う。

選手たちだけが戦ってるんちゃう。

俺たちも戦ってる。

戦うもの同士が集って相手チームと戦う。

そうしていこうやと思う。

道はまだ遠い。

けれど、歩みを止めなければ必ず辿り着けるから。

辿り着くまで歩みを止めない。

セレッソとともに戦うことを決めたから。

セレッソとともに戦うと決めたから。

バモ、セレッソ!


ほなね (>д<)

|

« 【ボストンマラソン爆発事件】 | トップページ | 【夏い】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/57193701

この記事へのトラックバック一覧です: 【セレサポとして思うこと】:

« 【ボストンマラソン爆発事件】 | トップページ | 【夏い】 »