« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

【気が抜けないのです】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月30日(木)シャバ@02252

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

次のユニットリーダー研修は施設研修。

来月半ばの予定。

それまでにいろいろ課題をまとめておかないといけないのです。

私の場合は項目全部をやらないといけなくて、真剣に細かくやったらとてもじゃないけど終わらない。

だから主任に『施設長ともすり合わせしとかないといけなくないですか?』って座学研修のあとに言っといたんですが、『それはええやろう』ってな感じで、『あーそうですかー』だったんですが、今日になって『施設長とかコメントもらう項目があるから早目にしておかないと』みたいな。

人間当事者にならないとわかんないってことっすね。

まーいいけど。

とりあえず、月曜までには仕上げる勢いで。

明日から(笑)

けどー、日曜にケツメイシの名古屋ライヴがあるから、金、土でやっちまわないといけないですね。

とりあえず、明日で下書き終わることを目標に。

まー、最悪火曜提出でもなんとかなるかー!

集中すれば大丈夫ー!

集中集中、コンセントレーション!


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【モネゲーム】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月29日(水)シャバ@02251

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

リメイクみたい。

うだつの上がらない美術鑑定士が、雇い主でもあるやり手のメディア王に仕返ししようと、モネの贋作を用意して、その所有者にキャメロン・ディアスという内容。

お気楽に観れます。

キャメロン・ディアスのカウガール姿がかわいいです。

ストーリーは、最後の最後で…という…。

サヴォイホテルのスタッフがいい味出してます。


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤99】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月28日(火)シャバ@02250

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

イライラし通しの夜勤でした。

なんとかせんといけませんね。

転倒不安者がいるとそれだけでヤバいですから。

かといってセンサー付けるともっと鬱陶しいし。

だいたいセンサーって、

離床するというか、重みが懸からなくなる⇒鳴るだけれども、そのすぐあとに重みが懸かる⇒鳴り止むもんだったらいいんだけど、うちのは鳴り止みません。

それが普通なのかな?

だから、鳴る⇒見に行く⇒寝返りだけみたいなことがほとんどなのです。

一人ならまだしも、複数人になってしかも寝返りだけでも鳴るという状況が続くと、鳴っても『寝返りだけかなぁ』って思ってしまいませんか?

そうタカをくくって他の人の介助中に鳴って、離れられずに終わってから行くと転倒してたーなんてありがちです。

どっちを優先すんのって!

もちろん介助中にその人からは離れられませんから。

離れられるとしたら、寝たきりで動きのない人のパット交換してるときくらいですか。

それでもコケてるときはコケてるし。

ナースコールもそうで、『押してくださいね』って言っても押してくださらないときがほとんど。

『悪いから』とか『大丈夫だから』とか。

大丈夫だったら要介護認定出ないって!

要介護だから利用してるんでしょうが!

大丈夫と言って、何人の人がコケていったことか!

気を使ってもらうのはありがたいでけど、たかが『ウンコシッコのことでコケて、転倒or骨折とかアホらしいでしょ!』

恥ずかしいのもわかりますが、ケガすることに比べたらヘーでもないっしょ!

家ではナンボでもコケてもいいけど(よくないけど)、施設ではコケないでーと思います。

だから動いたら鳴るようにセンサーですが、微妙なADLの人のときは迷います。

それに一応拘束にあたるんじゃなかったかなぁ。

ベッド横にポータブルという手もありますが、イヤな人はイヤでしょうし。

けど、コケてケガしたら病院ですよ。

度合いによっては入院ですよ。

ますますイヤでしょう?

家族にも迷惑懸かるし。

最近は生きてるからコケるんだと割り切ってますけどね。

それが理解できない家族も多いし。

意思を持って動くものが絶対安全なわけないでしょ!

過剰安全期待というか、過剰安心期待というか、日本人はそれが強すぎるんじゃないかなと思います。

かといって日頃から備えてるわけでもないし。

とくに老いに対しては。

これからの団塊世代は当たり前のように介護保険を使ってくるだろうし、要求も強くなる一方でしょう?

ますます若い人たちからソッポ向かれちゃいますよ。

ハッキリ言っときましょう!

嫌われたらオワリです。

ウザがられたらオワリです。

人生最後の1年か3年か5年か10年かわかりませんが、嫌われて過ごすのと、好かれて過ごすのとどっちがいいですかね?

我慢しろとは言いませんが、お互い様ですよ。

もし万が一ホテル並みサービスをお求めになるなら、今の職員数の最低5倍は必要なんじゃないでしょうか?

もうちょっと考えてみてくださいね。

おっと例の寝ないジーさんも、夜は多少寝たものの明け方起きてきて、着替えようとすると暴れました~!

殴り掛かってくるんだもんー!

もういい加減にしてほしいっすね。

もちろんこういうときは放置に限るんですが。

ほっとくしかないですからね。

ボケてるせいもあるけど、他者を拒否する人はほっといた方が本人も納得なんじゃないかな?

家族は堪ったもんじゃないけど。

もちろん介護施設が最後の砦=ラストスタンドなんですが、いろいろ手を尽くしてもなおかつダメな場合はどうしようもないですね。

ボケてるから殴られてもおそらく罪に問えませんし、殴り返したらこちらが罪に問われるし。

ほんとにワリが合わんですね。

危険手当て創設希望です。

暴力利用者はこれからも増える一方でしょうね。

接し方を磨くことと、身を守る術と、イザとなったときの施設側のバックアップが重要ですね。

介護者の暴力<利用者の暴力

圧倒的にこの図式ですからね。


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【眠い~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月27日(月)シャバ@02249

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

さすがに昨日の今日だから眠いですー。

けど命の洗濯ができました。

次は名古屋です。

当然、日帰りの翌日出勤(笑)

ハードな生活ですね。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【闇から光へ尿意ドーン! ケツメイシTOUR2013(大阪城ホール)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月26日(日)シャバ@02248

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130526_2009

ついにこの日がやってきた~。

大袈裟ですけど、

『よく生き延びれてこれた』です。

正直カラダボロボロです。

ココロの方もすっきりしてるわけでもなくて。

やらないといけないことも多くて、しかもぶっちゃけ望んでしてるわけでもなく。

まー、全部が全部しゃーなしにやってることでもないんですけどね。

楽しんでやってることもあるにはあるんですが。

にしてもやらないといけないことが多すぎて、自分のメンテナンスという面ではグダグダ。

ほんまに、よー生き延びてこれてるなーです。

このまま続けるとダーク色に染まるのでやめましょう(笑)

実はケツメイシの大阪城ホール参戦は初めてで、何回か触れましたが、2011ツアーのときはめでたく抽選に外れたんです。

それで、『やっぱやめとこかなー』なんて、いつものネガティブマインドが出てきたんですが、何か感じるものがあって、神戸ワールド記念ホールに申し込んだら、まさかのゲット!

神戸を皮切りに、名古屋、和歌山、静岡と計4回行ってしまったわけです。

おんなじライヴに4回も、いや、2回行くことさえ考えられないことですが(ん?そうでもないのかな)行ってしまったのです。

で、今回は悲願の(でもないけど)大阪城ホール参戦が叶ったわけです。

たしかにレコード会社を移籍して、今までのケツメイシらしいのかどうかはありますが、アーティストというのは、

『常に新しいことに挑戦したい』もの。

私は昔のケツメイシを当時としては知らないんですが、前回『6』『7』中心から、全部アルバムを集めて聴いて、今も昔も好きなので、今回の『8』を聴いたときは、ちょっとキラキラサウンドにビックリしましたが、最初のビックリを乗り越えてからはぜんぜんokです。

ということで、今回は『8』が中心なんだろうなと思いつつ参戦。

オープニングは予想通りで、いきなり涙が溢れてしまいました。

もちろん予想通りで涙なのではなく、今日この日に無事参戦できたことに涙なのです。

もうそのあとは止まりません。

大阪のノリはやはり全国一よくて、私の近くにはお母さんに連れられた小学生がいたんですが、曲の合間のコントとか爆笑してて、

『あー、いいなー』と思ったり。

結構、子ども連れさんが多くて、そりゃもう10年以上やってるわけで、若いときにハマって、結婚して子どもができて、連れてこれるくらい大きくなったってことですよねー。

最後のアリーナで3時間抱きっぱで参加してた親子連れさんを大蔵さんが紹介して画面にが映ったときは大拍手でしたねー。

ほんまに、いいなーって。

ライヴはいつものように(?)、エロ、笑い、涙ありのライヴで、全体の構成もスムーズで流れよく、うまいことまとめたなーって感じですね。

だってアルバム8枚も出してるんですから。

シングルも入れたら100曲以上あるでしょう。

その中で、最新アルバムを中心としつつ、なおかつ昔の曲を選曲するのってとても難しいと思います。

時間も3時間という制約があるし。

いやいや、3時間って長い方なんですよって!

ほんとにサービス精神豊かなみなさんですー、尊敬。

で、初めての参戦のときは、息も絶え絶えだったのが、今回は最初から最後まで息切れすることなく完全走破することができましたー!

これは思きし自分に拍手&感謝。

体力ナイナイと思ってるんですが、実はそれほどでもないのかなと。

もちろんいかなるときもエネルギー満々ってこともないんですが、少しは体力ついてきたのかなと思います。

あとはもう少し筋力と肺活力と柔軟性を身につけたいなと。

日頃は生きてるだけで精一杯なので、これからは少しさらなる体力増進に挑戦したいと思います。

こう思えるようになったのも、ケツメイシとの出会いがきっかけなので、その出会いに拍手&感謝。

さー、来週は名古屋です。

キツい毎日は変わらず続きます。

けど、そのキツい中で夢を、希望を、願いを積み重ねていくことを大切にしていきたいと思います。

だって、『幸せになるために生きてる』のだから。


ほなね (●^o^●)

130526_2259


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第13節○vs名古屋 2-1(キンチョウスタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月25日(土)シャバ@02247

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

<スターティングイレブン>
GK21キムジンヒョン
DF23山下達也
DF4藤本康太
DF14丸橋祐介
DF17酒本憲幸
MF2扇原貴宏
MF6山口螢
MF16枝村匠馬
MF30シンプリシオ
FW8柿谷曜一朗
FW9エジノ

<リザーブプレーヤー>
GK1武田洋平
DF7新井場徹
DF3茂庭照幸
MF10楠神順平
MF18横山知伸
FW11播戸竜二
FW13南野拓実

えーと、仕事です。

後半開始に間に合うかのタイミング。

職場の休み時間にエジノ選手がスタメンと知って、『そうきたか』と。

もしかして調子が上がってるのかもしれないと、こないだのナビ杯での流れから思う。

で、結局駆け付けられたのは後半20分過ぎ!

職場で最後もたついたのと、まさかの地下鉄遅延。

何があったか、車両検査のためらしいけど、途中で10分近く待たされたなー。

長居駅に着いてスタジアムに向かう途中で大きな歓声が!

思えばそれがエジノ選手の後半12分のゴールだったのかも。

通路のテレビを見たときに20分過ぎだったから、たぶんそうだと思う。

で、席についてすぐに柿谷選手の追加点ー!

いやー、やっぱエースがやってくれました。

これで2-0になって、あとは勝つだけ!

なんだけど、後半40分過ぎ辺りからピンチの連続。

3点目を取りにいくのか、ダラダラするのかの迷いが出た?

結局セットプレーで1点返され、ポストに当てられたり、あわやというシーンが最後まで続きました。

ほんまに危なかったで。

最後の5分で追い付かれたり、勝ち越されたりは、これまで山ほど見てきてんねん。

もうええかげんそういうのから卒業してほしいわー。

今日の場合は3点目を取って名古屋の心を折ってほしかったけどなー。

そういうことを続けることで苦手意識を植え付けることができるから。

選手たちにも、サポたちにも。

これって結構大切なことで、試合開始前からプレッシャーを懸けれるというか、ネガティブモードで試合ができるというか。

気の問題も大切やからね。

ということで無事5月無敗で中断期間を迎えることがでぎました。

かなり体がしぼれてきたエジノ選手。

もしかしてこのまま奇跡のフィットがあるのかー?

柿谷選手の好調はこのまま持続できるのかー?

杉本選手の逆襲はー?

吉野選手の復帰はいつー?

楠神選手のさらなるブレイクはー?

山口選手は2列目? ボランチ?

扇原選手のパス精度はさらに上がるのかー?

うーっ、ポイントがいっぱいありすぎる!

どうかセレッソの選手全員がさらなる飛躍を遂げ、タイトル奪取ができますように!


バモ セレッソ!


ほなね (o^-^o)

130525_2059

130525_2100


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日常】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月24日(金)シャバ@02246

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ユニットリーダー研修に行ってたりして非日常の毎日でした。

今日はひさぶりに普通の出勤。

職場は何も変わらず動いていて物足りないー(笑)

まー、そういうもんさ。

来月は5日抜けるけど何も変わらんだろう。

それはそれでいいことだ。

オンステージにあるのならいつも臨戦態勢でいるべきなので、その辺のとこはしっかりしとこう。

ちゃんと言ってくれとも思うけどさ。

新施設を立ち上げるのなら、法人上げてのことになるだろう?

ちゃんと話を通していかないと、ウワサ話だけが一人歩きしていきますぜ。

職員全部を巻き込む勢いでないと。

それをしないのなら一切シークレットでいきましょう。

職員を引っ張ることもしないでさ。

けど、現実的にそれはムリじゃろう?

だったらできる限りオープンにしていかないと。

知ってる者と知らぬ者の差が激しいし、他人事の職員も多いし。

そんなんじゃヤバいね。

プロジェクトの進め方を知らないってことね。

まー、一非常勤の私がとやかく言うことはないけどね。


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナビ杯第7節○vs鹿島 2-1(キンチョウスタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月23日(木)シャバ@02245

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

<スターティングイレブン>
GKキムジンヒョン
DF藤本康太
DF丸橋祐介
DF酒本憲幸
DF山下達也
MF扇原貴宏
MF山口螢
MF南野拓実
MF枝村匠馬
FW柿谷曜一朗
FWエジノ

<リザーブプレーヤー>
GKクソンユン
DF小暮大器
MF楠神順平
MF横山知伸
MF黒木聖仁
MF秋山大地
FW杉本健勇

えーと、鹿島には7連敗中なわけで、長居駅を降りてスタジアムに向かう道のりはずっと、

『今日は勝ったる。連敗止めたる! 勝ったる、止めたる!』と呪文のように心の中で繰り返し繰り返し唱えまくってました。

今日はエジノ選手がスタメンなのです。

公式戦ノーゴール。

ブランコ選手とともにお帰りいただく可能性も強まってまして、今日は捨て駒的なのか、最終テストなのか、クルピ監督の胸の内は私にはわかりません。

なんかやってくれそうな気配は持ってるんですけどね。

うーん、と思いながら試合開始。

前半2分、そのエジノ選手がついにやってくれました!

からのパスをキレイにゴール。

ほんまにやればできるやん。

動きもまずまずです。

しかし、鹿島はやっぱ試合巧者。

いやらしい動きばかりしてきます。

前半21分、大迫選手のクロスをダヴイ選手に押し込まれてしまいます。

キレイに崩されてしまってました。

今日のダヴイ選手と大迫選手の動きはほんとに素晴らしく、ヤバいシーンを作られまくりでした。

しかし前半36分、満を持しての柿谷選手のナイスゴール。

自陣から50mのドリブルで持ち込み冷静にキーパーの動きを見て決めました。

やっぱエースです。

結果を出す男です。

後半、枝村選手に代えて楠神選手、エジノ選手に代えて杉本選手が投入されましたが、二人とも今日のデキはいまいちでした。

とくに杉本選手はもっと執着をもってプレーしてほしいなー。

たぶん性格のせいもあると思うんですが、闘志が表に出てきてないのではないかと。

だから相手からしたら怖くないんですよね。

近付いたらやられる!みたいな凄みを身にまとうことができればもっといい選手になるのではないかと。

結果は2-1で鹿島をひさぶりに降してナビ杯予選1位通過です。

柿谷選手が言ってましたが、

『1位はやっぱ気持ちいい!』

これですね。

この気持ちが大事です。

貪欲に、もっと貪欲にいってほしいです。

次は土曜日の名古屋戦。

なんとしても勝って、中断期間を迎えたいです!

バモ セレッソ!

130522_2057

130522_2058

ほなね (≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【平成25年度ユニットリーダー研修③】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月22日(水)シャバ@02244

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ようやく座学最終日。

今日も朝から夕方なのですが、昨日よりちょいとだけ終わるのが早いので、ちょっと楽…でもないか。

今日は同じ施設の同じ期間に実習に行くメンバーでグループを組みました。

すでにユニット型で働いてる人、私と同じように開設前の人などなど、いろんな立場です。

最後は運営計画書を書いてみなの前で発表し、3日間の感想を全部で3分でまとめて話すというコーナー。

5人×5班あるので25人×3で75分ですね。

まーまー時間通りに終了。

私は短めで(笑)

私の場合は開設前だし、正式な辞令もでてないし。

主任からは『ほぼ決まり』、施設長からは『決定ってわけでもないんだけど』って言うことがバラバラ。

でも、わざわざ研修に駆り出されてるので、決定と思ってた方がいいでしょうかね。

まったく、何の相談もなくだもんね。

他の常勤やユニット経験者おるやろーと。

その人らに断られたからちゃうかーと思ったり(笑)

自分から志願はしないです。

だって『遠くなるもん!』。

メリットがない。

それに新規立ち上げ。

しんどいのは目に見えてます。

ただ新規開設に携われるというのは貴重かなと思ったり。

ちょっとだけですけど。

てことで、どうなるかわかんないてすが、私は私の道を進むのみですね。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【平成25年度ユニットリーダー研修②】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月21日(火)シャバ@02243

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

昨日に引き続き研修。

今日は会場も変わって、ちょっと遠くなりました。

いい運動です。

今日は24Hシートの話がメインでグループワークで進んでます。

苦手なんすよね、グループワーク。

たぶん好きな人は誰もいないかと…。

何とか意見を出してまとめて発表していくのですが、開設前の施設の職員と、すでに取り組んでいる施設職員とで分かれてまして、私は当然開設前グループなので、全員ちんぷんかんぷんなまま進んでいきます。

だってどうしても今の施設での取り組みで考えてしまうもん。

これは仕方ない。

ので、今の施設のやり方を踏まえながらまとめていきました。

私は発表係。

発表するのは気にならないので、多少言葉足らずになりながらも無難にこなします。

朝から夕方までのハードな一日でしたが、無事終了。

が、体力的にはすでにヘロヘロなのでございまして。

うーん、基本座ってるだけなのになー。

いつもと違うカラダの使い方をしてるからかな。

んで、この研修を何かに例えるのなら、学生時代の泊まりのないゼミ合宿みたいな感じですね。

さーて、座学はあと一日でっす。


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【平成25年度ユニットリーダー研修①】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月20日(月)シャバ@02242

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ついに始まってしまった…。

私とユニットケアなんて水と油ではないのかなと。

施設長は何を考えてるんだーと思いつつ、何も考えてないのが正解だろうかなと。

主任も受講するんだけど、別会場。

当日までに事前課題があるんだけど、主任はさっさと終わらせてやがりました。

施設の写真とかを撮影して添付しないといけないんですが、

『もう主任さんは撮影されて印刷もされてましたよー』ってテキスト代を渡しにきた事務員さんが言ってました。

いろいろ記入しないといけないことも多く、やっかいなのは施設長が書くとこがあるってこと。

いわゆる勤務評価みたいな。

◎○△×をつけるようにもなってるんだけど、

『こういうときは△とかつけんなよー!』(笑)

まーいいけどさ。

今日は昼から、明日、明後日は朝から。

3日連続で続きます。

なんで昼からなんかなーと思ったら、けっこう遠方からこられてるのね。

和歌山、三重、四国…。

泊まり込みですよ泊まり込み。

実地研修もあるわけで、そんときは5日。

初日に来て最終日に帰って4泊5日になるのかな。

すごい!

でも楽しいかも(笑)

それほど毎日地元にヘバりついてマウス。

しょっちゅう海外出張する仕事っていいよねーと現実を知らないからそう思う。

内容にも触れとこうかな。

今日は講義がほとんどで、ユニットの理念とか実地施設のお話とか。

一部DVDありです。

今はバリバリの集団ケア(ケアと呼べるか?)の従来型施設。

ピンとこないことの方が多いです。

そんな状況で私にどうしろ、何をしろと?

一部ウワサではとても危険なウワサが流れてましてね(笑)

真相は果たして何処に?


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ThE2vs2 第20回記念公演「成人式」】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月19日(日)シャバ@02241

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

フォロワーさんが携わってる劇団の公演。

行くのは初めてです。

ドキドキ感満載で不安もいっぱい。

だってお初の場所には弱い!のです。

場所は恵美須町。

駅からすぐそこの小劇場です。

雨が降っててなんだかなーと思いつつでしたが、なんと!公演日にはほぼ確実に雨が降るそうなんです!

パンフの中で触れられてました(笑)

だったら雨、怖るるに足りずですね。

第20回公演ということでタイトルは『成人式』。

今までの公演の中で好評だった作品をしてくれるということで、メチャ得した気分。

上演された9つの作品はどれも面白くてよかったです。

とくに印象に残ったのは『かるくフィクション』。

タイトルからピンとくるように『パルプフィクション』をモチーフにしてます。

スピード感とノリが最高でした。

次回は9月に公演されるとのこと。

長編に挑戦ってことで是非観に行きたいです。

希望休取れるかなぁ(>д<)


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第12節○vs柏 1-3(HUB)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月18日(土)シャバ@02240

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

相手はACL直後の柏。

セレッソもナビ杯後から間もないといえど海外帰りの相手。

コンディション的には負けてないと思う。

しかーし、またもや前半分に先制点を決められる。

自陣内でボールを奪われての失点。

何をしてんねん!

である。

こういうときは1分でも早く追い付きたいもの。

幸い疲れがあるのか、ガチガチとまではプレスが強くない。

パスは回しやすそう。

けど、なかなかシュートまでいけない!

キレイに崩そうとし過ぎなんだろうなと思う。

前半はこのままビハインドを負ったまま終わるのかとジリジリしてたら、アディショナルタイムに得たFKを山口選手が決めた~!

相手DFに当たったとはいえど、堂々のゴールでした。

アディショナルタイムに決めたのも効果的。

決められる方が圧倒的に多かったから。

これで振り出し。

最悪でも分けてほしいと思いつつ上位に残るにはそれではあかん。

後半はプレスも緩くなってきて、さらにパスが回しやすくなってきた。

前半は柏がいいように回してたので、ようやく五分五分というところ。

そして後半分、扇原選手からのパスが柿谷選手に通り、本人によると『ミス』というトラップがうまいこと流れてシュート!

これが決まって逆転!

まさにセレッソらしいいい攻撃でした。

さらにドラマは残っていました。

後半のアディショナルタイムに入ってから柏のバックパスを、枝村選手から交代した南野選手が必死に追いかけボールを奪取。

それが柿谷選手の元へ。

そして、こぼれたボールを収めようと飛び出してきたキーパーの横を冷静に流し込みダメ押しゴール!

いやー、こういう試合運びって初めてやん。

やればできるやんと思いました。

これで第2クールは

第11節(A)△vs川崎 2-2
第12節(A)○vs柏 1-3

と1勝1分0敗

通算5勝5分2敗の勝ち点20。

順位は変わらずの6位といえど、希望の持てる1勝でした。

第13節(H)vs名古屋
第14節(A)vs磐田
第15節(H)vs横浜マ

と続きますが、5月は次節の名古屋戦まで。

14、15節は7/6、7/10になります。

名古屋戦も取って2勝1分で中断を迎えたいですね。

ホームだし名古屋の調子はいまいちだし。

7月の磐田戦も取っておきたいですよね。

監督が関塚監督になって、チームが変わってる可能性もありますが。

そして現在2位の横浜マを撃破したい!

そしたら4勝1分0敗で終えることができ、通算8勝5分2敗の勝ち点29。

毎クール10の勝ち点に追い付いてきます。

もちろん今の上位陣(大宮、横浜、浦和)がどうなってるかにもよりますが、十分優勝圏内にとどまってこれるでしょう。

あくまで皮算用ですが(笑)

一戦一戦を大事に戦うというのが基本でありまして。

セレッソの泣き所は『お得意さんがいなくて苦手が多く、弱いとこに敗ける』ことなので、是非今シーズンでそこから脱却するきっかけにしてほしいです。

勝てる試合を確実に勝ち、敗けの試合でも引き分けに持ち込む。

こういう戦い方ができれば必ず優勝の扉が開けてくるもの。

だからこそ、ゴールの1点は1点だけど、勝ち点3に(または1に)繋がってるってことをもっと意識していってほしいです。

今のセレッソならできる!

3点取ったら絶対勝てる!

常に3点取るサッカーを!

そう思います。


ほなね ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤98】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月17日(金)シャバ@02239

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重49.7kg

今回の夜勤はひさぶりのショート大入り。

空きは1床だけ。

稼働率的には万歳だけど、クセ者夫婦付きなのだ。

夕食後、案の定旦那の方が、

『いつまでおるんや。

誰が決めたんや?』などなど、繰り返し繰り返し奥さんに訴え始める。

助かったのは、奥さんがキレずにずっと聴いててくれたこと。

仲の悪い夫婦だったら、一気に不穏になってたいへんなところ。

なんだかんだ眠くなるまでフニャフニャ返しつつ、寝かし付け完了。

夜中に3度旦那がトイレに行ったんで、3回とも付き添う。

一応杖歩行なんだけど、ご多分に漏れずフラツキ付き。

まぁ、フラツキのない老人はこないでいいと思います(笑)

たまにおるけど。

で、トイレのときはナースコールで呼んでねってお願いしてるんだけど、そのときの返事はよくてもナースコールしてくださいませんね。

まぁ、しゃーないねー。

ただそういうときに注意なのは、こちらが知らぬ間にフラフラとトイレに行かれてしまうこと。

そういうときにコケることが多いから。

だってさ、勝手知ったる家とちゃうやん。

慣れてへんやん。

歩行不安定やん、夜やん、寝ぼけてるやん!

コケへん方が不思議ちゃう?

ほんまに施設はリスクが大きいねんよ。

1対1でもヤバいのに、1対3(笑)

建前は(爆)

実際は1対20とか30とか(怒)

夜間の話ね。

だいたい『夜は寝るから一人夜勤』なんやろー?

寝ないんだって!

いや、寝るまで寝ない(当たり前)のと寝てても起きるのといるのよー。

トイレに起きるもんね。

そのトイレが頻回だったら悲惨で、重なると壊滅(爆)

だいたい暴論だけど、食事は1日3回、入浴は週2回。

だけど、トイレは1日何回よ?

最低でも5~6回やろ?

つまり言いたいのは、

『排泄介助がいちばんたいへんなん!』てこと。

しかも人の薄い夜間のね。

そういう意味では、よくないけど、寝たきりの人のパット交換の方がはるかに楽。

尿便意があって、しかも頻回なのが最悪です。

最悪って言うてたらあかんけどさ。

けど、昼間はともかく(昼間も厳しいけど)夜間の1人夜勤てのが、ほんまにババやわ。

トイレ覚醒がなけりゃいいけど、みんなフラツク足元も省みず行こうとするのよ。

しかもナースコールせずにね。

だから黙ってというか知らぬ間に起きられて行かれてコケられるってことが有りうるくらい有りうるわけで。

生きてるからしゃーないんだけど、それが理解できない家族も多いからさ。

生きてるからコケるんやで。

なんか安全過剰期待、安心過剰期待な世の中になりすぎやで。

生きるってことはリスクを負ってるってことなんやから。

絶対の安全も安心もあらへんのに、なんかそれがあるように夢見てるんちゃうかな、日本人全体。

かなりヤバいね、この状況。

まー、私は私の思うようにやってくだけだけど。

課題は多いわ。


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CRP上昇中?】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月16日(木)シャバ@02238

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

こないだの採血でCRPが0.7だったんだけど、その前は0.4だったんです。

したのは2月だっけ?

CRPなんていろんな理由で上がるんで、これといったことは言えないんだけど、可能性の1つに、直腸の瘻孔と肛門部の膿瘍があると思う。

何本か開通してて、いわゆる痔瘻なんだけど、少しずつ悪くはなってきてるんだろうなと。

膿瘍も大きくなったりしてるし。

やらかいときと固いときあります。

膿も出てることが増えてるし、出血もするときはしてます。

この可能性あるよねー。

てことで、せっせとポステリザン軟膏を塗ることにしました。

ちょっとオサボリしてたんでたくさんあります(笑)

塗るのと中に入れるのと夜寝る前に2本ね。

シートンするほどではないんだけど、いつかしないといけないだろうし、少しでも伸ばそうかなと。

6年目くらいまではなってなかったんだけどなー。

やっぱ1日に何回も下痢状態だったから、いつかなるだろうなと思ってました。

2001年の入院のときに、エレンタールのみで頑張って、結構いいとこまで塞がったんだけど、すぐ再発しました。

根治が難しいんですよね。

痔瘻だけならいいんだけど、クローン病が絡んでるから。

クローン病さえなければ外科的に処置しちゃうんだけど。

そこんとこは仕方なし。

食べ物に気を付けつつ、少しでもCRP上昇の原因と思われるものを潰していきましょー。

いざとなったら絶食すりゃいいんだしー(笑)


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナビ杯第6節○vs鳥栖2-1 (キンチョウスタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月15日(水)シャバ@02237

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重50.05kg

130515_1851

☆スターティングイレブン
GK21キムジンヒョン
DF3茂庭照幸
DF4藤本康太
DF14丸橋祐介
DF17酒本憲幸
MF2扇原貴宏
MF6山口螢
MF16枝村匠馬
MF30シンプリシオ
FW8柿谷曜一朗
FW20杉本健勇

☆リザーブプレーヤー
GK1武田洋平
DF7新井場徹
DF23山下達也
MF10楠神順平
MF18横山知伸
FW11播戸竜二
FW13南野拓実

勝てば他カードの結果で決勝の可能性ありの試合。

相手は調子の悪い鳥栖だから手堅く勝っておきたいところ。

第7~11節の5試合の成績は1勝4分。

敗けてないという言い方もできるけど勝ててないという方が正解だろう。

しかも直近の川崎戦は前半で2点のリードをしたにも関わらず追い付かれてドロー。

普通2点差あったら楽勝でしょう。

相手の攻撃の心を折らないと。

行けるぞと思わせてしまってるのが大きな問題。

怖がられてない、嫌がられてない、苦手意識を持たれていない…、しぶとく戦い、勝つことでしか培われないものなんだけどね。

てことで試合開始直後に失点。

時計見たら38秒だったわ。

誰が入れたのかも覚えてへん。

けど、キックオフのボールがすぐ右サイドの深いとこに運ばれたときにイヤんな予感がしたんよね。

ズバリ的中。

こういう当たってほしくないのはよく当たる。

一方のセレッソは鳥栖のラフ気味な球際の激しさに全然攻撃の組み立てができない。

唯一いいプレーしてたのはシンプリシオ選手だけ。

扇原選手はパスミスが多くて、37分楠神選手と交代。

これは順当。

さすがにヒドすぎた。

こんなにヒドい扇原選手は私の中では記憶にない。

流れを変えてくれーと思わず叫んだ楠神選手の投入は当たりで、少しずつ流れを作れてきた。

けど前半は追い付けないまま終了。

とにかくシュート場面が作れない。

作れていてもシュートしない。

これではね。

おまけにセットプレーでの得点も期待できない。

攻撃の形、得点の形が見えないんだよなー。

後半16分、枝村選手に代えて南野選手投入。

ようやく追い付いたのは27分、丸橋選手の、なんとフリーキック。

珍しく、と言っては失礼だけどセットプレーで得点が入った。

これは丸橋選手の技術がモノを言いました。

守りを固めていた鳥栖ですが勝つ気は満々で、さらに激しいプレーを仕掛けてきます。

後半36分に杉本選手に代えて播戸選手を投入。

これがさらに大当たりで、とくに播戸選手のディフェンスラインとの駆け引きは見応えありました。

神経戦に持ち込んだ感じですね。

そんな中ようやくの勝ち越しが、酒本選手の播戸選手へのパスからヒール、そこに南野選手という形で生まれました。

珍しく、と言ってはこれも失礼なんですが、クルピ采配大当たりです。

いつもこうならいいんですが。

けど全然楽観はできません。

選手を落としてる鳥栖にこれだけ苦戦して、辛勝というのはあきません。

いつも出てない控えの選手たちの気合いが入りまくりだったと言えど。

やっぱりはっきりしてるのは、

『攻めの形が作れない』ことに尽きます。

たしかに両サイドは上がってて攻撃的です。

けどそれが効果的になってない。

中央からの攻撃もガチガチに固められていてはシュートさえ打てない。

オサレプレーももっての外で、通らなかったらあんなのタダのプレゼントパスにしかすぎません。

サポが欲しているのは『勝利』。

これしかありません。

今は魅せるプレーよりも勝利です。

もっと相手を揺さぶらないと、慌てさせないと。

そのためにはもっと大きくピッチを使っていくこと。

効果的なサイドチェンジを磨くこと、これに尽きます。

それにプラスして、流れを変える選手の活用。

今日も明らかに楠神選手導入後流れが変わりました。

今のセレッソにとって楠神選手は貴重な存在です。

セレッソの選手にとっても、

『何をするかわからない』のですから(笑)

その辺のとこがしっくりくるようになればメチャクチャ面白くなると思います。

枝村選手、山口選手、南野選手、楠神選手、吉野選手、井上選手、木暮選手…2列目ヤバすぎっしょー!

この辺をどう組み合わせてくるか、クルピ監督のウデの見せどころ&育成のしどころですね。

18日の(A)柏戦、22日の(H)鹿島戦(ナビ杯)、25日の(H)名古屋戦のあと3戦。

タイトなスケジュールですが、だからこそここで勝ちグセをつけてほしいです(≧∇≦)

130515_2100

130515_2103


ほなね ( ̄・・ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きゅうりの浅漬け】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月14日(火)シャバ@02236

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

きゅうりが大好きです。

そのままでも漬けてもです。

高校の合宿で夕食に出たきゅうりのお漬け物が美味しすぎて食べ過ぎて、腹痛になったのもよい思い出です(笑)

夏と言ったらきゅうりとトマト。

サラダにするととても美味しいです。

何度か書きましたが、子どもの頃はトマトが苦手で全然食べれんかんたのが今は大好きという不思議。

嗜好は変わるんですねー。

今は冬でもきゅうり、トマトがありますが、やっぱり旬の夏が美味しいです。

旬の食材をなるべく手間隙かけないでシンプルに、できるだけ生に近い状態で丸ごと食す。

健康の第一歩です。

しかも腹七分目で。

思えば食べ過ぎなんですよね。

高齢者を不健康に長生きさせるものは、『食べ過ぎと過栄養』ですから。

もちろん私の勝手な思い付きです(笑)

けど結構言えるのではと思います。

あれを食べろこれを食べろとかしましいですが、シンプルがいちばんです。

日本は食材に恵まれてるのですから。

まー、本能的に自分に合ったものを食していたらそれでいいわけですが。

好き嫌いもありますし。

すべては自己責任でしょうか。

にしても野菜は美味しい。

そう感じれるのが幸せなんでしょうねー(●^o^●)


ほなね (≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤97】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月13日(月)シャバ@02235

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

もう少しで100回なのね。

去年から夜勤を始めてるので職歴に比べ夜勤経験は少ない私。

その代わりデイも特養も両方してるでー。

レクもでけるでー。

やっぱ介護職員足るもの、要支援2~要介護5までマルチプルにこなせないとダメさー。

軽い人から重い人、しっかりした人からボケボケまで。

それでないと特にショートはでけん!

要介護度関係なくくるからさー。

しかも入所の人と違って

『家に帰る人』だからさー。

えっ?

デイも家に帰るだって?

そりゃそうですね。

でもたかだか半日のデイと、24時間ベッタリの特養とは深度が違う。

たしかにデイも送迎、レク、創作活動等たいへんです。

しっかりした人も多いし、ごまかせないことも多いです。

何より家族との距離が近い。

ダイレクトですからね。

でもその分話が早い。

特養では遅い。

遅すぎるといってもいい。

もっと小回り利くようでないとね。

まー、デイにはデイの、特養には特養のやりにくさがあるわけなんですけど。

両方やった私はそんだけ広く考えられるとしとこうっと。

さて、珍しく寝ないジーサンが寝たので穏やかな夜勤でした。

こういう夜勤はがりだと助かるのになー。


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第11節△vs川崎2-2(等々力・未・雨)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月12日(日)シャバ@02234

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

昨日は仕事だったので観れてません。

何でこういうときに仕事やねんと。
いや、19時始まりなら…。

私の都合ですよね。

ほんまに全部観戦するためには、完全土日休日の仕事に変わるしかない!

介護職で可能性を探るなら、土日休みのデイしかない!

けど今はなんだかんだ辞めれんからなー。

私の事情は置いといて、
シーズン的には第3クールに入りました。

現在4勝4分2敗の勝ち点16。

順位は6位です。

首位はなんと大宮が飛び出してて、との2トップはおそらく今のJ最強の2トップではないかと思われます。

このまま独走フィニッシュもあるかもしれません。

そこにどう食い込むか、どう付いていくかです。

毎クールで勝ち点10が理想です。

てことは帳尻を合わすためには、あと勝ち点14。

第3クールを全勝してくれれば問題なしなのですが、

5/10(A)vs川崎
5/18(A)vs柏
5/25(H)vs名古屋
7/6(A)vs磐田
7/10(H)vs横浜

こういう対戦順ですよね。

横浜以外は全部取りたいと以前に書きましたが、

引き分けで勝ち点13。

敗けたら12。

うーん、現実的にはうまくいっても、3勝1分1敗の勝ち点10かなぁ。

ということで川崎戦は2-2の引き分け。

前半に2点取って後半大久保選手の2発で追い付かれたという試合。

…、勝てないねー。

試合を観れてないんで、どこがどうとは言えないんだけど、普通2点差あったら楽勝でしょう?

守りを固めてカウンター。

これだけでいいんだもん。

でもそれができない…。

だったら止めを刺す3点目を狙うべきでしたって狙ったのかな?

観てなくてスミマセン…。

これで第3クールの初っぱなは勝ち点1でした。

これで17。

順位は変わらず6位のままだけど、敗けて21試合連続無敗で止まった大宮の勝ち点は26。

9の勝ち点差があります。

1位大宮26
2位横浜23
3位浦和20
4位鹿島19
5位広島17
6位セレッソ大阪17
7位東京16
8位柏16
9位仙台15
10位清水15
11位甲府14
12位新潟14
13位川崎13
14名古屋12
15位鳥栖10
16位湘南9
17位磐田6
18位大分3

この時点で優勝どうのとは言い切れませんが、現実的にはリーグは3位狙いになりますでしょうか?

柏、名古屋に勝って、中断挟んで磐田にも勝って、横浜にも勝つ!

つまり残りのクール4連勝!といきたいとこですねー。

ナビ杯も15日鳥栖、22日鹿島とあって中断期前はタイトなスケジュールなのですが…。

15日(H)vs鳥栖(ナビ杯)
18日(A)vs柏
22日(H)vs鹿島(ナビ杯)
25日(H)vs名古屋

ですからタイトな中での試合が続きます。

柏戦以外はホームなのが救いかなぁ…。

リーグもナビ杯もなのですが、どっちに優先順位をつけるのか…ですね。

ACLに出るためにはリーグ3位以内(と天皇杯覇者)ですし、タイトルは取りたいし、かといってこの全4試合をベストメンバーで戦うにはキツいし…。

クルピ監督は平気で選手を出場させてきますが(笑)

怖いのはケガですね。

タイトであるがゆえにムリをすると思いますから。

ケガなく全勝といきましょー!


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大河原邦男氏】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月11日(土)シャバ@02233

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

130510_1247

兵庫県立美術館に今さらながら行ってきました。

もうすぐ終わるんですよね。

行けるときに行っとかないと。

大河原邦男氏と言えばガンダムでお馴染み。

それ以前にもガッチャマンかなぁ、私的には。

ヤッターマンとかも。

こういう偉大な人を産み出せたアニメ業界をもっと日本は誇ってもいいんでないかい?

ヤマト以降、アニメ=子ども向けという図式も崩れてるし。

それから早40年くらい?

もう歴史ですよ歴史。

アニメも日本の偉大な文化の1つですね。

お土産に何か買おうかと思いましたが何も買わずー。

デザインのピントくるTシャツがあれば買っちゃいましたが。

また次の機会にしましょー!

今はケツT預金を貯めとかないとー(笑)


ほなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月10日(金)シャバ@02232

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


○外科
内視鏡のときに細胞検査をすると思います。

○内科
CRP0.7。小腸造影は7月予定。

○検査
採血…CRP0.7

○処方薬
・ペンタサ:1回4T、1日3回(朝昼夕)
・ビオスリー:1回2T、1日3回(朝昼夕)
・ロペミン:1回1T、1日3回(朝昼夕)
・タケプロン:1回1T、1日1回(朝)
・ソリタT3号:1回1包、1日6回(朝昼夕夜)
・イリボー:1回1T、1日1回(朝)
・プロマック:1回1T、1日2回(朝夕)
・ポステリザン1回1個、1日1回(夜)
・エレンタール1回1包、1日5回(朝昼夕夜)


病院の日はいつもより早起き&早く出ないと。

とくに採血のある日はね。

たぶん今まででいちばん早く病院に到着。

もう受付機の前に並んでいやがる。

診察予約時間との絡みがあるだろうと思いつつ、せっかちだらけなのね。

結果が出るまで一時間は懸かるからねー。

私の予約がほぼ朝一だから、もし採血開始時刻に採血できても間に合わない。

結局採血できたのは診察予約20分前でした。

さて、結果はどうでしょう?

そうそう珍しく臨床検査技師さんが話し掛けてきた。

『連休明けなのでいつもより混んでるんですよー』って。

連休明け!

そうなのか、世間はそうなのか!

ずっと仕事してたからぜんぜんピンとこないのはいつもの通り(笑)

6連勤だったし、その前の休日も会議があって職場に行ったから、9日連続で職場に行ってたのヨノサ。

疲れが溜まってるのは、

『何にもない休みがない!』ってことが大きい。

それと

『明けの日の用事!』

実際4月は1日だけだったもん、何にもない休みは。

それが疲れの原因だお。

今月もおそらくそうなりそうで、意識して希望休を入れるしかないよね。

セレッソの応援に行くのはいいんだけどな。

それと26日にはお待ちかねの

『ケツメイシのライヴ!』

初めての大阪参戦です!

大阪在住なのに初めてというのが面白いすね。

だって前回は『外れた』から(爆)

初期の頃からはだいぶ観客層が変わったといえど大人気なんですよね。

今回もだいぶ変わってる?

何と言っても事務所移籍して音が変わったから。

初めて『KETSUNOPOLIS8』を聴いたときは、

『なんだこのキラキラサウンドは!』って思ったから。

それが聴き込むにつれて馴染んでくるのが不思議。

てことで内科。

『どーですかー。

やっぱり微量元素の値が低いですね。

吸収がよくないんでしょうね。

CRPは0.7。

どうですか、何か変わりありますか?

とくにないですか。

便回数は4~5回と。

体重は51kgと。

えーと、手術されたんいつ頃でしたっけ?

7年前でしたね。

回盲部を切除したんでしたよね。

うーん、そろそろ小腸造影もやっときましょうか?

いつからやってないかなー。

10年やから3年前やねー。

どうです?

やっときましょか、この際』

てな感じで、7月に小腸造影決定。

それはいいとして、CRPが0.7というのが気にかかる。

原因はわかんないけど、しっかり休めてないのもあるかなぁ。

次は外科。

『どーですか。

膿は変わらないようですね。

膿瘍は柔らかくなってるし。

今度内視鏡されるので、そのときに細胞も取ると思いますので、その結果を診てまた対策を練りましょう』

てな感じ。

やっぱCRPと栄養状態が課題やね。

なんでCRPが高くなってのかな。

心当たりなー。

食生活はあんまり変わってないし、やっぱ休めてないのとストレスですよ、ストレス。

なんだかんだあるんでねー。

ストレスのない生活なんてないわけですが(笑)

死んだらなんもなくなるでー。

そんなに生に執着してないし。

かといって死にたいわけでもないよ(爆)

毎日気の済むように生きたいだけで。

納得できるようにともいう。

生に執着はしてないけど、もうちょい幸せにはなりたいですね。

まだまだ幸せになりきってないから~。

ということで、クローン病との戦いはまだまだ続くのです”(ノ><)ノ


ほなね (._.)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【(映画)L.Aギャングストーリー】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月9日(木)シャバ@02231

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

第2次大戦後のロス。

街は暗黒街の帝王、ミッキー・コーエンに牛じられていた。

市民はもとより、政治家も、警察も、裁判所もすべてが。

そこに立ち上がったのがオマラ巡査長。

市警本部長の密命を受け、集めたはみ出し警官とともに、ミッキー率いる悪の帝王をブッ潰す戦いを始める。

なのである。

マシンガンをガンガン撃ち合う映画です。

スカッとします…が、何でだろう、もっと面白くできたような気が。


悪役のコーエン演じるショーン・ベンの存在感はメチャクチャあるし、思わずこのヤローと握りこぶしをしてしまいます。

警官たちもそれぞれ個性があってキャラ立ちしてるんですが、やはり地味な印象。

もっとシリアスにするか、もっとコメディに寄らすかした方がよかったのかも。

うん、きっとそうだ。

私的にはもっとシリアスにした方がよかったと思います。

その辺は感じ方なので自由です。

40年代のロスの風俗ももう少し描かれていたらなー。

一本調子な感じなんです。

事実を元にしたストーリーということで、どこまでが事実で脚色かはわかりませんが。

でも、クライマックスはグッときます。

マシンガンがほしくなっちゃいました。


はなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤96】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月8日(水)シャバ@02230

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口4(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

静かな夜勤。

熱発、嘔吐、体調不良者もいなくて順調。

朝の離床介助もいいペースで進んでたら…床で寝てるショートさんが!

なんでー?

ついさっきはゴソゴソしてるといえどベッドで寝てたやん!

たぶんゴソゴソしてるうちに足がベッドから出て、さらにゴソゴソしてるうちにお尻が落ちたんだろうと推測。

離床介助中にというより、こういうのは防げません!

落ちるなってことは動くなってことで、動くなってことは死んどけってことだから。

訊けば家では布団で寝てるという。

そーだんいーん!

ちゃんと家ではどうしてるか聞いとけよ!

ほんとに面接んときに何を面接してんだ?

普段の生活習慣を聞いとかなきゃあかんだろが!

まぁ、ダメ相談員なんでどうしようもないが…。

とにかくケガがなかったのは幸い。

でも布団にすると起こすとき、寝かすときがやっかいになる。

頼むからゴソゴソは落ちない程度にほどほどにしてほしいにょ。

しっかり上の方に寝てもらってたんだけどなー。

頭足逆にもなってたし。

やっぱ布団対応しかないか。

ほんとに最近のショートさんはクセ者ばっかりだ。

家族もクセ者だったらさらに最悪。

家族総出でどうにもならない高齢者を何人も預かってんだから、もう少し介護する側の人員を増やしてほしいねー。

3対1?

いやいや、2対1でやっとトントンでしょう。

ましてや一人夜勤なんてもってのほか!

それか65歳以上は全員1年の介護ボランティアを義務付けるとかね。

老人の世話は老人がするべきでないの?

介護職員が増えないんだから、そんくらいのことをしようよ。

まー、給料が2倍になれば、もう少し増えると思うけど。

2倍くらいにはしないとワリが合わない仕事だよ~。

高齢者は口は出さずにもっとカネを出そう(笑)


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第10節△vs浦和2-2 (長居スタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月7日(火)シャバ@02229

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

昨日の試合は引き分けでした。

仕事で観に行けず(>д<)

18時始まりなら行けたのですが、HUBさんに行ったとしても試合終了に間に合うかどうかという状況でした。

仕方ないので、ネットの実況文字を頼りにしてました。

結果的には引き分け。

後半、杉本選手のゴールで先制。

追い付かれ、逆転され、最後にまた追い付くという試合展開でした。

ウルルルル、観に行きたかったよー(>_<)

杉本選手がゴールしたし。

次の川崎戦も観に行けないのですー(T_T)

くっそー、試合日は希望休全部取ったろかと思います。

せめて17時始まりとか…。

自分の都合だけでダメですね。

何とかなるべく観に行けるように祈りましょう。

それか土日休みの仕事に転職orそういう立場になりましょう。

けど、15日のナビ鳥栖戦は行けるし18日の柏戦も観れるし、25日の名古屋戦は駆け込みで、後半の後半は行けそうです。

3試合観れたらいいかー。

さて、私の話は置いといて、10節まで終わりました。

シーズンの約1/3を終えたことになります。

第1クールは3勝1分1敗
第2クールは1勝3分1敗

計4勝4分2敗の勝ち点16

優勝戦線に残るには少し足りません。

10-0506(H)△浦和 2-2
9-0503(A)○湘南 0-3
8-0427(H)△大分 0-0
7-0420(A)△清水 1-1
6-0413(H)●大宮 1-2

5-0406(A)●鹿島 1-0
4-0330(H)△仙台 1-1
3-0316(H)○東京 1-0
2-0309(A)○甲府 1-2
1-0302(H)○新潟 1-0

戦績はこうですね。

敗けた鹿島戦、大宮戦がほんとに悔しいですし、今日を含めた引き分け4試合も悔しいです。

ただ救いは、手も足も出ずに敗けた試合はまだないということです。

押されに押された試合はありましたが。

つまらないミスからの失点が多いので、そこを改善できていればあと勝ち点2くらいは上乗せできてたでしょう。

毎クール勝ち点10が優勝戦線に踏みとどまる目安です。

てことは次のクールで30に乗せないといけません。

勝ち点14を稼ぐには、

5連勝!

これなら文句なしですね。

けど現実的には4勝1分で13、3勝2分で11。

うーん、4勝したいですね。

対戦相手は、

11節 川崎(12位)
12節 柏(9位)
13節 名古屋(11位)
14節 磐田(16位)
15節 横浜(2位)

( )内は第10節終わった時点での順位。

ですかー。

横浜戦以外は全部取りたいですねー。

取りたい=勝利=勝ち点3です!
まー、そんなに都合よくはいかないまでも、第13節の名古屋戦後は7月6日の磐田戦まで中断ですから、立て直しは可能かなぁ。

ともあれ、中断期間をどう有意義に使うかです。

たぶんキャンプをするのかなぁ。

どこで?

淡路島辺り?

観に行く?

観に行こ!

てなわけで、うまく休みが被ったら行けるかもしれません。

こらこら、勝手に淡路島キャンプにすんなって(笑)

てことで、バモ セレッソ!


ほなね (●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6連勤終了!】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月6日(月)シャバ@02228

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

てか、会議出席もあったんで9日連続で職場に行ってたんですけど。

気が休まりませんネー(笑)

もっともっとタフにタフになりたいです。

26日にはケツメイシのライヴがありますし。

3時間はあるからヘロヘロになってしまいますよ!

だから最後まで体力持つように!

始めて参戦した神戸では死ぬほどヘロヘロになってしまったのでした。

水分の用意もせずでしたから。

帰り道で紅茶を買ってしまいました。

どの自販機も売り切れ続出だったなー。

人生の中で、あんまいい思い出がないのですが、珍しくいい思い出です。

あのライヴに参加したことで、人生観が変わったと思います。

とくに3曲目の『流れ』。

前にも書きましたが、ケツメイシといってもそれまでは、『さくら』『太陽』『涙』くらいしか知らなくて、しかもちゃんと知ってるわけでもなく、たまたま何度か聴いて、『いい歌だなー』と思ってただけで、フォロワーさんが『ケツメイシのライヴに行きま~す』みたいなことツイってて、『ふーん』みたいな。

けど、1回行ってみようかなーって。

そこで抽選に応募したけど、見事に外れ!

ありゃ、これは縁がないのかなーと思ったけど、やっぱ行ってみようってナゼか思って神戸のに応募したら当選!

初めて行きました。

ただでさえ初めてのライヴ+神戸。

緊張しないわけがありません。

ポートライナーに乗ったらというか、三ノ宮からすでに異様な雰囲気、と勝手にテンパりながら、会場に到着。

最重要グッズであるケツTも買わず、生の姿で、しかも左右を女性二人組に囲まれて、ほんまどーすんのという展開。

緊張緊張また緊張(>д<)

果たして自分はここにいていいのか?

それ以前にナゼここにいるのか?

自分に問いかけても答えが出るわけもなく…。

異様な緊張感を纏いながら始まってしまったライヴ。

1曲目は『マジでライブする5秒前』。

当然知りません。

けど、周りにつられて立ち上がれました!

2曲目は『リディムドライバー』。

当然知りません、てか『さくら』と『太陽』と『涙』を聴いたことがあるってだけなんですよー。

で、異変が起こりました。

いや、すでに異変なんですけど(笑)

3曲目の『流れ』。

イントロが流れた瞬間にナゼか涙ナミダ、なみだ…。

初めて聞く曲なのに!

しかもまだイントロなのに!

ナゼ涙が流れたのかいまだにわかりません。

ココロの奥底に届くサムシングエルスがあったんでしょう。

わかんなくていいんです。

そういうもんでしょう?

で、そのまま3時間越えのライヴを終え、自分が変わったように感じたのでした。

そして、名古屋(日本ガイシホール)、和歌山(ビッグホエール)、静岡(エコパ)と計4ヶ所のライヴに参加してしまったのです。

いやー、以前の私では考えられないことですね。

それで思ったのが、

『面白おかしく、楽しく愉快に』生きたいなと。

すんごく自己抑制して生きてきてしまってて、それはいまだにその傾向で、もっともっと自己開放しないといけないなーと。

自分の人生ですからね。

楽しんでも苦しんでも人生は一度きり。

だったらあらゆることを楽しんで生きていけるようになりたいなと思うわけです。

いろいろ思い通りにならないことが多いですが。

というより思い通りにいかないことばっかですよね。

でもその中でもがこうが、苦しもうが悩もうが、自分の人生なので。

代役はいないわけです。

イヤでも自分でケリつけていかないといけないわけで。

どーせならカッコよく自分らしくケリつけていこうと思うのです。

自分の人生、ほんとに自分の人生ですからね。

あきらめない限り、必ず道は開いているので。

ドンドン開けていきたいと思います。

ノリノリのときも最悪なときも。

どんなときも自分を愛せる自分になりたいですね。

なんか今日は支離滅裂ですが、そういうことで。


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【夜勤95】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月5日(日)シャバ@02227

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ゴールデンウィーク中夜勤。
堪えられないぜ(笑)

こういうお仕事は連休関係なしに仕事なのは仕方ないね。

介護の仕事を始めて今月で丸9年が過ぎ10年目に入りました。

すげーです、そんなに経ってるなんて!

しかも1回オペして、再びの復活ですから。

7年前は常勤職員の陰謀により、当時の施設長から『退職勧告』されましたしね(怒)

ウソをついてまで人を貶めようとするなんて絶対に許せませんし、許してません。

結果はどうですか!

ウソをついた職員は当時の施設長含め全員辞めてるじゃないですか!

誰が施設を、利用者を守っているのか、守ってきたのか、わかるはず!

けどそれがわかんないんだよねー。

別にいいけどさ。

とにかく私は自分のケアのスキルを磨くこと、これしか興味ありません。

高齢者が好きとか、人のお世話が好きとか、そんなことは絶対ありません。

どちらかといえば、そういう人との繋がりはめんどくさいし、一人でいる方が好きです。

私は『見て感じて考えて、工夫してやってみる』。

それが面白いだけで。

高齢者のためとかそんな風には思ってないです。

結果的にそうなってたとしても。

あとは食い扶持ですよね。

いつ病が進んでどうなるかがわかりませんから。

仕事できるうちに、仕事しとこうと思ってるだけで。

もっと稼ぎのいい仕事になればいいんですが(笑)

だから介護職員のお給料はもっと上げてほしいです。

おっと、ダメ職員は除くで。

営業に例えるとダメ職員てのは、

『自分の努力不足で売り上げができないのに、取引先のせいや状況のせいにして自らを省みることなく開き直り、売り上げ優秀な者の足を引っ張る存在』でしょうか。

仕方ない部分もあるんですけどね。

『いいケア』を知らない。

見たこともないのです。

ただ、今さら知っても見ても、『理想だ』みたいに片付けちゃダメですよね。

ダメ職員はダメ職員のプライドがあるのか、絶対自分のケアのあり方を振り返ろうとはしませんし。

だからおんなじことの繰り返し。

成長がありません。

カッコ悪いんですが、開き直ってしまってるので(あるいは鈍感過ぎる)どうしようもありません。

そういうダメ職員にケアされる側は本当にお気の毒としか言いようがありません。

別に理想に燃える必要もないですが、利用者が不穏にならず穏やかに最低限の日常生活を歩めるように支えてあげてほしいですよね。

まだまだです。

介護従事者が増えれば解決するのか?

お給料が増えたら解決するのか?

処方箋はあるんでしょうかね?


ほなね (._.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【(映画)『アイアンマン3』】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月4日(土)シャバ@02226

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

アベンジャーズの戦いから1年後の話。

ペッパーを社長に就けスーツの開発に余念がないトニー…かと思いきや、深刻なパニック障害に陥ってることが明かされます。

『2』のときもヤケクソになってたけど、今回はさらに深刻。

敵も生身の不死身軍団だし、始末が悪い。

話は1999年に遡って始まります。
トニーによる回想話というスタイルです。

映画の最後で誰に聞いてもらってたかが明らかになるのでお楽しみです。

たぶんアイアンマンとしてはこれが最後だと思うんですが、アベンジャーズとの絡みで、トニーがアイアンマンをやめることはないでしょう。

今回はスーツに頼らず生身で戦うシーンも多いです。

なので、

『トニー、生身でも強いやん』みたいな印象。

飲んで遊んで騒いでばかりいると思ってましたが、結構鍛えてるのかもしれません。

そーいえば『2』でハッピーとボクシングのスパーリングをやってるシーンがありましたね。

モナコグランプリに出るシーンもありましたし。

もしかしたらもともと運動神経がいいのかもしれません。

ちょっと『シャーロックホームズ』と被っちゃてたりして(笑)

今回はいろんなスーツが出てくるので、それも見応えあります。

まるでガンダムXのビットモビルスーツみたいな。

それか『2』の敵のドローンね。

飛び交うシーンは圧巻です。

今回の『3』で、戦いが終わったトニー。

これからどうするんでしょう?

スーツの開発はしばらくしないのかなぁ。

でも『アベンジャーズ』では必ず出番があるから、時間軸をどこに置くか…。

『3』のあとに決まってるんですけどね。

いつ、どのような理由で、アイアンマンに復帰するのか見ものです。

とにかく、この『アベンジャーズシリーズ』はすごい好きなので、ほんとに楽しみです(●^o^●)


ほなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第9節○vs湘南 0-3(HUB)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月3日(金)シャバ@02225

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

※スターティングイレブン

GK21キムジンヒョン
DF3茂庭照幸
DF23山下達也
DF14丸橋祐介
DF17酒本憲幸
MF2扇原貴宏
MF6山口螢
MFシンプリシオ
MF枝村匠馬
FW8柿谷曜一朗
FW20杉本健勇


※リザーブプレイヤー

GK22多田大介
DF33椋原健太
MF18横山知伸
MF29小暮大器
MF10楠神順平
FWエジノ
FW13南野拓実


勝負の第9節。

相手は昇格組の湘南。

もし苦戦したり、敗けたりすることがあるなら、次の浦和戦は言うまでもなく、さらにキツい試合になるだろう。

幸い(?)今年は6月に中断期間があるから、長めのキャンプなどを張って立て直す時間があるけど、タイトルを狙うチームへの更なる基盤がどこまで詰められるかはわからない。

何度も書いたように、得点力を増加させるには得点チャンスを増やさないといけないし、そうするためには攻撃パターンを増やさないといけない。

そのヒントは2006年にある。

『えっ? あのシーズンは優勝争いをした次のシーズンで、いきなりの3連敗、第17節を終えてわずか1勝で、結局最終節、雨の長居スタジアムで川崎に敗けて降格したシーズンやん!』

まさにその通り。

2度目の降格をして昇格まで3シーズンも費やすことになった悪夢の2006年です。

このときに打った手が、名波選手のレンタル加入でした。

最終的に降格はしてしまうものの、残留の可能性が最終節にわずかながらも残るとこまで上向いたのです。

ちょっと強引でしょうか?

強引ですね(笑)

けど、このときの『高い技術でタメを作れ、的確なパスワークで攻撃を司る名波選手の加入』が得点力のアップには繋がりました。

攻撃の選手の頭数は揃ってるんです。

あとは、

『イージーゴールできる得点チャンスを増やすこと』だと思うんです。

『技術があっても決める力がない』。

今のセレッソ攻撃陣はそう見えます。

難しい場面でなく、もう少し易しい場面を数多く作り出せたら…、おそらく得点力は倍加するでしょう。

そのためにも『中盤でタメれて、攻撃陣が迷いなく飛び出せるパスを的確に出せる選手』が必要なのです。

問題はそれを誰に託すかなんですよね。

一番手はやはりシンプリシオ選手でしょう。

ボランチで使われることがほとんどで、攻撃より守りに忙殺されてることが多いですが、彼が組み立て役に専念できれば…。

組み立て役に徹するにはシステムをいじらないとダメでしょうか?

4-2-3-1か4-2-1-3、4-3-2-1…。

今のクルピ采配ではあんまり期待できないですか。

4-2-2-2にこだわるのなら、

山口選手と扇原選手をドイスボランチにして、シンプリシオ選手を2列目で使いますか?

うーん、現実味薄いです。

今の得点パターンの1つの、『山口選手の飛び出し』がしにくくなります。

今のポジションでボールをタメ捌くには、もっと前目から守備をするしかないですよね。

それを考えると、やっぱ2列目は、2より3になるんですが…。

それか思きし汗かきタイプを入れるか…。

汗かきタイプ…山口選手以外にいる?

汗かきタイプor掻き回すタイプがほしいですね。

スタメンでなくても。

村田選手はもういませんし、ヘベルチ選手もいない。

南野選手も汗かき&掻き回しにより、決める選手になってほしいし。

けど、どうしてもというなら彼かなぁ、経験を積む意味でも。

どうしてもと言ってるのは私だけですけど。

とにかく今の状況を打破するのにいちばんの処方箋は複数得点だと思いますから。

当たり前のことですが、

『得点を取れば盛り上がる&ノレる』のですから。

選手もサポも。

ということで素人談義はそこまでにして、前半は試合開始直後はうまいことボールが回ってましたが、徐々にリズムに乗れなくなってしまいました。

湘南は3バックから5バック気味にしてカウンターを仕掛けてくることをメインにしてきました。

消極的なサッカーですが、このやり方でも勝てるという読みなのでしょう。

そんだけセレッソは怖くないという印象なんでしょう。

J2上がりのチームにすらナメられてます。

残念ながらそれが現状です。

前半は仲良く0-0。

前半のうちに点が取れないのも深刻な病状です。

さて、後半。

選手交代はなし。

セレッソは前半のやり方のまま迎えます。

幸いなことに今日は杉本選手がイケてます。

しっかりキープできてます。

もしかしたら2列目で使った方が活きるかもしれません。

思い切ってボランチ転身ということも…。

その辺は賛否の否の方がほぼ100%でしょうが。

杉本選手の頑張りで中盤でためれるようにはなってました。

攻撃のリズムが少し出てきたように思います。

そして47分、待望の先制点が、

丸橋選手のフィード

⇒柿谷選手のヒール

⇒杉本選手のパス

⇒山口選手のシュート

という流れの中で生まれます!

いやー、ひさぶりに観たセレッソらしい攻撃!

こういうサッカーが観たかったし、観たいんですよね。

極端な話、こういうサッカーを観れれば勝敗なんて度外視みたいな気にもなってきます。

当然勝った方がもっとうれしいわけですが(笑)

さらに、78分は

杉本選手のパス

⇒扇原選手はスルー

⇒楠神選手から再び扇原選手へ

⇒扇原選手が落として

⇒柿谷選手のシュート

という流れから追加点。

さらに87分に、

杉本選手

⇒柿谷選手

⇒山口選手の折り返し

⇒柿谷選手のシュート

という流れから堂々のダメ押し点。

終わってみれば0-3という結果。

快勝です。

そりゃ、こういうサッカーをするためには、即席の助っ人ではムリだわなーと思います。

よっぽど、もともとの得点感覚&得点イメージが重なってないと。

やっぱ、攻撃ですよ、攻撃。

ただ、課題はやはりあります。

セットプレーの弱さは攻守に渡って相変わらず。

CKもFKも相手からしたら怖くないんですよねー。

セットプレーでも点が取れるようになるともっと勝ちやすくなるんですが。

そこまでは贅沢でしょうか…。

いや、タイトルを獲るには必須です。

怖いチーム、嫌なチーム、勝ちにくいチームにならないと。

いつまでも『気軽に勝ち点3を引き出せるサクラ銀行』ではダメなんです!

もっと強く、もっと強くとサポは望んでいます。

あとは、もっと球際の激しいチームにも、これができるかです。

球際の激しいチームは、もう半歩、あと一歩迫ってきます。

さらにプレッシャーの懸かるシチュエーションでも冷静に落ち着いてプレーできるのか?

ここです、ポイントは。

今日の試合はまだ余裕がありました。

詰め詰めにこられたときにパスミスが出てカウンターをくらう。

これがお約束ですから。

昨シーズンはそれで何度も敗けました。

繰り返してはならんです。

ましてや、『プロ』なのだから。

次の浦和戦が今日勝利がフロックでないことの証明戦になります。

果たして堂々と攻撃サッカーを披露できるか?

大きなポイントです。

私は会議で観に行けない(>д<)

絶対勝ってほしい、つ魂


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【(映画)『ラストスタンド』】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月2日(木)シャバ@02224

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ロートルシュワちゃんがひたすら頑張るコメディかと思いきや、意外とシリアスだったでござる。

シュワちゃんの役どころは、田舎の町の保安官。

けど、昔は凄腕の捜査官だったのだ。

極悪死刑囚がまんまと護送中に脱走し、メキシコとの国境を越えるべくスーパーカーをブッ飛ばす。

FBIの必死の追跡も空振りばかり。

増えるのは死体だけー。

国境を越えるための最後の町がシュワちゃんの町。

果たしてシュワちゃんと即席を含む副保安官たちが、極悪脱走死刑囚を守る武装集団に打ち勝ち、死刑囚をやっつけることができるか否か?

てな感じの映画です。

最初に書いたように、もっとコメディというかギャグ寄りかと思いきや意外とシリアスで、悪役の極悪脱走死刑囚がほんとに悪いヤツで、FBIを悉くブッ潰していくのが憎たらしい。

テンポがいまいち悪いとこもあるけど、お約束の展開もありーの、うまい具合にまとまったんじゃないかなー。

思わずニヤリとするゲストも出てきたりして。

スカッとするにはいい映画です。


ほなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ブラジル人監督】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月1日(水)シャバ@02223

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

『サッカーというのはこういうもんだっていうのがブラジル人のなかにはあるんですよね。

なんていうか…言葉では説明できないんだけど、僕もブラジルにいたから、ジーコのコメントを聞いてて気持ちがわかるんですよね』。

これはドイツワールド直前のナンバーに掲載された中田ヒデとの対談の中で語られたカズの言葉。

それと、

『ブラジルの監督っていうのは、往々にして選手ありきのところがある。

選手がそれなりのポテンシャルをもっているから、あとはスカウティングをきっちりやって、組み合わせを考えて、人選を決断すればいい。

それで勝てちゃう国なんだよね。』

これは小倉隆史氏のオーストラリア戦を振り返っての言葉。

これをそのままクルピ監督に当てはめられはしないけど、ブラジル人監督はこういう傾向があるってことを知っとくのは大事かなと。

今のセレッソの問題は選手起用をはじめとして、もちろん戦術においてもいろいろあるけども、ブラジル路線でいいのかということもあると思う。

じゃあ鹿島はどうなんだ、ドゥンガがいた時代の磐田はどうなんだと、他の問題が出てきてしまうけど、とりあえず置いといて、勝てないという現実のところから話を始めないと。

なぜ勝てないのか?

もちろん要因は1つじゃないけど、得点力不足…これに尽きる。

なぜ得点できないのか?

それは得点を期待できるシーンを作り出せていないから。

なぜ作り出せていないのか?

これも要因は1つじゃないけど、私的には中盤でためれる選手がいないからと思う。

ご存知のようにマルチネス選手がいたときのセレッソは、中盤でためて、2列目がポジションチェンジなどをしながら流動的にゴールに迫っていた。

効果的なサイドチェンジも行えてて、サイドバックも走り込めていた。

マルチネス選手からサイドにパスが通ると

『おおーっ!』という歓声が上がっていたものだ。

それが今はほとんどない。

もちろん扇原選手から柿谷選手への裏を狙うパスは出てるけど、サイドチェンジの回数は激減したと思う。

以前にも触れたように、今の得点パターンは、

・柿谷選手の裏取り
・山口選手の飛び出し

この2つしかないわけで、それだけでは攻撃のバリエーションが少なすぎるってこと。

マルチネス選手がいた頃の4-2-3-1と今の4-2-2-2では、当然攻撃の展開の仕方が違うわけだけど、中盤でためて、前線が動くという基本はおんなじと思うから、まずはためれるようにするべきですね。

そんときに攻撃のパターンをきちんと落とし込めているのかどうかってことが気になります。

カズの言葉のように、ブラジル人のサッカーとはこういうものだという感覚は日本人とは違うわけで。

また小倉氏の言葉のように、『あとは選んだ選手のポテンシャル次第』ではキツいのではないかと思います。

ましてや、度重なる移籍によって前線の選手が固定されずにきているわけです。

ようやく、柿谷選手を始めてとして、杉本選手、南野選手、枝村選手、楠神選手、リハビリ中の吉野選手等々、前線の選手の頭数は揃ってきました。

けど、連携の面ではまだまだです。

いまだ不発のエジノ選手、輝きの見られないブランコ選手もいるわけですし。

これだけ駒が揃っているのに、攻撃のパターンが少ないというのはほんとにもったいないです。

だから選手任せの戦術ではなく、誰がやっても同じようにできる動きのパターンを作るべきなのではないかと。

そこに選手の個性をプラスする。

基本的な戦術を徹底させてみてはと思うのです。

おそらくそれはした上でのことだと思うんですが、それにしては攻撃の形がおそまつです。

だから、選手ができていないのか、監督が教えきれてないのかを迷ってしまうのです。

クルピ監督はブラジル代表監督候補にも上がったくらいの名監督です。

セレッソにとっても大恩人です。

でも、そこから踏み出す勇気もいるような気がします。

だから前ソアレス監督を連れてきたんでしょうし。

ただ結果的にはうまくいきませんでした。

私は今シーズンがどんな成績に終わろうがクルピ監督は退任すると思います。

次の監督をどうするか?

ブラジル路線でいくのか日本人を立てるのか、それとも欧州から呼んでくるのか、そのどれになるのでしょう?

しょせん日本は極東です。

どんなにお金を出しても今現在名監督と言われる有名監督は来てくれないでしょう。

日本のチームを率いるメリットがないからです。

Jのチームを強くしたところで、それまでの経歴にプラスされることはありません。

ましてや失敗した場合、二度と欧州でのオファーは掛からないでしょう。

ならば、日本で指揮をとることに興味があり、成功することでキャリアにプラスになる人物。

できればセレッソの場合、若手が多いわけですから育成上手な監督が望まれます。

どこかにおらんかなぁ?

たまにはこういうことを考えるのも面白いですね。

でもそろそろクルピ以降の監督選びも考えとかないといけないと思います。


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »