« 【(映画)『ジャッキー・コーガン』 | トップページ | 【(映画)『ラストスタンド』】 »

【ブラジル人監督】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年5月1日(水)シャバ@02223

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

『サッカーというのはこういうもんだっていうのがブラジル人のなかにはあるんですよね。

なんていうか…言葉では説明できないんだけど、僕もブラジルにいたから、ジーコのコメントを聞いてて気持ちがわかるんですよね』。

これはドイツワールド直前のナンバーに掲載された中田ヒデとの対談の中で語られたカズの言葉。

それと、

『ブラジルの監督っていうのは、往々にして選手ありきのところがある。

選手がそれなりのポテンシャルをもっているから、あとはスカウティングをきっちりやって、組み合わせを考えて、人選を決断すればいい。

それで勝てちゃう国なんだよね。』

これは小倉隆史氏のオーストラリア戦を振り返っての言葉。

これをそのままクルピ監督に当てはめられはしないけど、ブラジル人監督はこういう傾向があるってことを知っとくのは大事かなと。

今のセレッソの問題は選手起用をはじめとして、もちろん戦術においてもいろいろあるけども、ブラジル路線でいいのかということもあると思う。

じゃあ鹿島はどうなんだ、ドゥンガがいた時代の磐田はどうなんだと、他の問題が出てきてしまうけど、とりあえず置いといて、勝てないという現実のところから話を始めないと。

なぜ勝てないのか?

もちろん要因は1つじゃないけど、得点力不足…これに尽きる。

なぜ得点できないのか?

それは得点を期待できるシーンを作り出せていないから。

なぜ作り出せていないのか?

これも要因は1つじゃないけど、私的には中盤でためれる選手がいないからと思う。

ご存知のようにマルチネス選手がいたときのセレッソは、中盤でためて、2列目がポジションチェンジなどをしながら流動的にゴールに迫っていた。

効果的なサイドチェンジも行えてて、サイドバックも走り込めていた。

マルチネス選手からサイドにパスが通ると

『おおーっ!』という歓声が上がっていたものだ。

それが今はほとんどない。

もちろん扇原選手から柿谷選手への裏を狙うパスは出てるけど、サイドチェンジの回数は激減したと思う。

以前にも触れたように、今の得点パターンは、

・柿谷選手の裏取り
・山口選手の飛び出し

この2つしかないわけで、それだけでは攻撃のバリエーションが少なすぎるってこと。

マルチネス選手がいた頃の4-2-3-1と今の4-2-2-2では、当然攻撃の展開の仕方が違うわけだけど、中盤でためて、前線が動くという基本はおんなじと思うから、まずはためれるようにするべきですね。

そんときに攻撃のパターンをきちんと落とし込めているのかどうかってことが気になります。

カズの言葉のように、ブラジル人のサッカーとはこういうものだという感覚は日本人とは違うわけで。

また小倉氏の言葉のように、『あとは選んだ選手のポテンシャル次第』ではキツいのではないかと思います。

ましてや、度重なる移籍によって前線の選手が固定されずにきているわけです。

ようやく、柿谷選手を始めてとして、杉本選手、南野選手、枝村選手、楠神選手、リハビリ中の吉野選手等々、前線の選手の頭数は揃ってきました。

けど、連携の面ではまだまだです。

いまだ不発のエジノ選手、輝きの見られないブランコ選手もいるわけですし。

これだけ駒が揃っているのに、攻撃のパターンが少ないというのはほんとにもったいないです。

だから選手任せの戦術ではなく、誰がやっても同じようにできる動きのパターンを作るべきなのではないかと。

そこに選手の個性をプラスする。

基本的な戦術を徹底させてみてはと思うのです。

おそらくそれはした上でのことだと思うんですが、それにしては攻撃の形がおそまつです。

だから、選手ができていないのか、監督が教えきれてないのかを迷ってしまうのです。

クルピ監督はブラジル代表監督候補にも上がったくらいの名監督です。

セレッソにとっても大恩人です。

でも、そこから踏み出す勇気もいるような気がします。

だから前ソアレス監督を連れてきたんでしょうし。

ただ結果的にはうまくいきませんでした。

私は今シーズンがどんな成績に終わろうがクルピ監督は退任すると思います。

次の監督をどうするか?

ブラジル路線でいくのか日本人を立てるのか、それとも欧州から呼んでくるのか、そのどれになるのでしょう?

しょせん日本は極東です。

どんなにお金を出しても今現在名監督と言われる有名監督は来てくれないでしょう。

日本のチームを率いるメリットがないからです。

Jのチームを強くしたところで、それまでの経歴にプラスされることはありません。

ましてや失敗した場合、二度と欧州でのオファーは掛からないでしょう。

ならば、日本で指揮をとることに興味があり、成功することでキャリアにプラスになる人物。

できればセレッソの場合、若手が多いわけですから育成上手な監督が望まれます。

どこかにおらんかなぁ?

たまにはこういうことを考えるのも面白いですね。

でもそろそろクルピ以降の監督選びも考えとかないといけないと思います。


ほなね m(__)m

|

« 【(映画)『ジャッキー・コーガン』 | トップページ | 【(映画)『ラストスタンド』】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/57296706

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブラジル人監督】:

« 【(映画)『ジャッキー・コーガン』 | トップページ | 【(映画)『ラストスタンド』】 »