« 【第二週終了】 | トップページ | 【(映画)『ガッチャマン』】 »

【第25節△vs横浜FM 1-1(HUB心斎橋店)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年9月14日(土)シャバ@02355

<エレンタール>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

この試合含めてあと10節でシーズン終了。

今日は首位横浜FMとの試合で勝ち点差は8。

これが5になるか11になるかセレッソにとって天王山の試合。

キリンチャレンジカップで柿谷選手と山口選手を代表に取られて、火曜日のガーナ戦の疲れが気になるけども、若いから大丈夫か。

代表に取られるのはほんとに善し悪しがあるなー。

セレッソの選手が選ばれるのはうれしいけど、怪我なんてされたら元も子もないし。

セレッソを全国にアピールできるいい機会ではあるけども。

さて、試合は分、コーナーキックのこぼれ球を山下選手がボレーシュート。

これが決まって幸先いい展開…といきたいところが、いつものように得点直後の失点で、40歳ドゥトラ選手のミドルをくらいすぐさま同点に追い付かれてしまいました。

どーも、

『セレッソは得点直後は甘くなる』って各チームに浸透してんじゃないかなと。

あと浸透していることは、

『ハイプレスを懸ければ何もできない』

『セットプレーは入らないから気にしないでいい。逆にセットプレーに弱いからドンドン狙っていこう』

『柿谷選手を抑えれば何もできない』

『気を付けるのはショートカウンターだけなので、持たせてもok』

『選手交代もアクセントのある交代はしてこないからリズムは変わらない』…などなど。

攻略法が満点下に晒されています。

これらを反転させられたらいいんですが、今の選手たちの顔触れではキツいようです。

試合はそのまま双方惜しいシュートもありましたが引き分けで終了。

どちらのゴール裏からもブーイングが上がったそうです。

『勝てなかったけど良くやった』のか、『良くやったけど勝てなかった』のどちらのスタンスかでセレッソへの見方は変わってきます。

私は後者です。

でもどうやら舞洲での練習ではカウンターの練習を主にしていたとのこと。

守ってあわよくば戦法ですね。

てことは、

『攻めて勝つ』ことよりも『守って負けない』方を狙っていたのではないかと。

たしかに首位の横浜FM戦。

負ければ勝ち点11差。

この試合を終えれば残り9節。

セレッソ3連勝、横浜FM3連敗でも届きません。

負けないことを第一に、あわよくばというのはよくわかります。

最低限のノルマは果たしたと言えるでしょう。

そこで次に考えないといけないのは内容です。

前後半通じて、ほとんどセレッソらしい攻撃ができませんでした。

山口選手をボランチに置いてることで、数少ないセレッソの2つの攻撃パターン(柿谷選手の裏取り、山口選手の飛び出し)のうちのひとつを封じてるわけですから、攻撃が単調かつ単発になるのは必然です。

横浜FMに攻められっぱなしになりました。

そこをよくしのいだと思いますが、ストロングポイントのうちの一つを欠いている状態では勝てません。

後半にシンプリシオ選手に代えてエジノ選手、楠神選手に代えて黒木選手、椋原選手に代えて小暮選手を入れてきましたが、流れを変える投入でなく、そのままのポジションで、そのままの役割でプレーしてたら何も変わりません。

やり方を変える交代をしてほしかったです。

その辺はクルピ監督の頭の中の話なので、いちばん選手の調子を把握している監督の判断ですから、ゲームのようにできるわけではありません。

でも多くのセレサポは思ったのでないでしょうか?

シンプリシオ選手を交代させるなら一列上げて山口選手を、空いたボランチには交代で横山選手を。

エジノ選手が入るときの絶望的な声が私のいたHUB心斎橋店では上がりました。

現地ではどうだったんでしょう?

たしかにこの日のエジノ選手は積極的にシュートを放っていましたが、ボールロストは相変わらず多くて、危ないシーンを作られることも一度や二度ではありませんでした。

今日の交代でもそうなんですが、

『試合の流れを変える交代』ができていません。

誰が入ってもおんなじようなプレーになってしまっていては相手チームは怖くありません。

せめて山口選手を2列目に上げていたらなーと思いました。

黒木選手もボランチはできるわけですから。

もちろん随時二人でポジションチェンジを効果的にしてもよかったでしょう。

意外性のあることをしないと、プラマイゼロの交代では試合は動かせません。

勝つ気がないならそれでいいですけど…、タイトル取るんでしょ?

タイトルを取るに値するプレー&試合運びをしないと。

そこがまだまだ甘いところです。

上位がコケてくれてるので最小限の希望はまだ持てますが、結局勝たないとタイトルには手が届きません。

1点の重み感じてます。

1点取ることが勝ち点3に直結することを本当に感じています。

次の柏戦、絶対勝ちましょう!


ほなね ”(ノ><)ノ

|

« 【第二週終了】 | トップページ | 【(映画)『ガッチャマン』】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/58200858

この記事へのトラックバック一覧です: 【第25節△vs横浜FM 1-1(HUB心斎橋店)】:

« 【第二週終了】 | トップページ | 【(映画)『ガッチャマン』】 »