« 【ガスの溜まりがひどい】 | トップページ | 【介護の日】 »

【第31節○vs東京1-2(HUB心斎橋店)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年11月10日(日)シャバ@02412

<エレンタール>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

<スターティングイレブン>
GK 21 キム ジンヒョン
DF 3 茂庭 照幸
DF 14 丸橋 祐介
DF 17 酒本 憲幸
DF 23 山下 達也
MF 2 扇原 貴宏
MF 6 山口 螢
MF 13 南野 拓実
MF 30 シンプリシオ
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 20 杉本 健勇

<リザーブプレイヤー>
GK 1 武田 洋平
DF 7 新井場 徹
DF 29 小暮 大器
MF 10 楠神 順平
MF 16 枝村 匠馬
MF 18 横山 知伸
FW 9 エジノ

監督 レヴィー クルピ

何度もイヤな目に合わされてる相手。

イヤな目に合わされてない相手なんていないわけだけど…。

前節の鳥栖戦に敗けてしまって優勝の可能性はほぼ0%に近いけど近いだけでここからまさかの逆転劇も0%ではないから可能性あるかぎり戦うまで。

今節から私がクワトロ決戦と名付けてる4戦が始まる。

対戦相手は今節の東京、広島、鹿島、浦和。

横浜以外の上位陣が次節から連戦なので、今節の東京戦は絶対勝っておきたい。

ましてや前節の情けない敗戦。

昨日のゴラセレでも南野選手が、

『何で敗けたんやろう…』と頭を抱えてた。

それはわかるけど、クルピ監督のふてぶてしさを学んでほしいもの。

でも収録の日は気が乗ってなくて、

『トークのキレがなかった』と反省もしてて、真面目なんやなーと思た。

てことで前半。

押されてる感じがありつつ、押され切ってもない感じ。

東京の狙いはハッキリしてて、早いタイミングでルーカスって感じ。

そんなにハイプレスも駆けてこないしやりやすいかもー。

でもなかなかチャンスが作れない。

フィニィッシュまでいけないというイヤんな感じが漂いまくり。

崩されてもないし決壊もしてないけどしのぎきってるわけでもない。

そんななんとも言えない展開の中、前半31分、若武者・南野選手が決めてくれましたー!

これで主導権を握れるぞと思いましたが、Finishが甘く追加点は奪えないまま前半終了。

今シーズンのセレッソ見てて思うのは、複数点差をつけれないこと。

得点直後の失点が多いせいもありますが、突き放すことができない。

今日も後半25分、長谷川選手に決められ振り出しに戻ってしまいました。

こうなってしまっては前懸かりになったところをカウンター食らって逆転されるという悪夢のシナリオが頭をよぎってしまいます。

しかーし、決してあきらめない男=柿谷選手が、ジンヒョン選手の特大ゴールキックに反応して、東京権田選手の股の間を抜いてゴールを決めてくれました!

時間は後半37分。

ギリギリでの勝ち越しです。

ほんまに神経に悪いで(笑)

首位の横浜FMが破れたため勝ち点6差になり、首の皮一枚残りました。

残りの広島、鹿島、浦和戦を3連勝して、桜の意地を魅せてやりましょうじゃありませんか!


ほなね (o^-^o)

|

« 【ガスの溜まりがひどい】 | トップページ | 【介護の日】 »

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/58557787

この記事へのトラックバック一覧です: 【第31節○vs東京1-2(HUB心斎橋店)】:

« 【ガスの溜まりがひどい】 | トップページ | 【介護の日】 »