« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

【第5節△vs新潟 0-0(キンチョウスタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月29日(土)シャバ@02551

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


攻められて攻められず。

試合終了後の謎の拍手。

勝てなかった選手たちの悔しさにサポがついていけてないんじゃないのか。

タイトルを取るためにはサポーターの成長も必要だ。


ほなね (´・ω・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【介護施設のあり方】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月28日(金)シャバ@02550

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


まず施設の方針をきちんと確立しておくこと。

それもなるべく具体的に。

『どんな人も最期までみる』とかね。

私の施設みたいに、

『胃瘻、カテーテル、酸素、インシュリン、ターミナルお断り』みたいなんではダメです。

残念だけど。

時代の要請は、

『医療依存度の高い要介護高齢者をいかにみていくか』だから。

そのためには『ぶれない方針』が必須。

そこがぐらついてたり、何となくだったりすると施設が迷走し、介護職員も根付かない。

ぶれない方針を何としても立てて、絶対ぐらつかないこと。

それが大事です。

そこが確立されれば、どんな介護職員が必要になるか自ずとわかるもの。

基本の、『ご飯、トイレ、お風呂』に加え、一人ひとりのADLに則した介助を、適切に過不足なくできる職員。

最低ラインはそこになりますね。

加えて、困難なケースにおいて、避けるのではなく、まずはチャレンジしてみるという積極性、看護と連携できる知識、家族をケアに巻き込む渉外力などなども必要になってきますね。

そういう職員を一人でも多く集め、尚且つ、縦のラインをしっかりさせておく。

組織のあり方としてね。

介護の仕事は『感情労働』と言われるように、まず相手に合わすがゆえにとてもストレスが溜まります。

そのときに、横(同僚)に言うと、『不平不満愚痴文句』になってしまいます。

縦のラインをきっちりしておくと、自然と『不平不満愚痴文句』を主任やリーダー、チーフ(上役)に話すことになります。

もし横に流れても、縦のラインが確立されていたのなら、

『話はわかった。

一回○○さんに相談してみ』となります。

そして上役に話すことで、『不平不満愚痴文句』が『相談』という形になります。

そうなれば、そこから建設的な見解も出てくるでしょう。

もちろん出てこなくてもOKです。

不満を溜め込まないことが第一義なのですから。

とにかく、介護職員を孤立させないことが大事です。

『最近どう?』みたいな、たった一言でいいのです。

気にされてるということが伝わることが大事なのです。

ぜひ、主任とか、もちろん施設長とかの役を担ってる人には、施設内を廻ってみることをお勧めします。

もちろん、『あら探し』ではないですよ。

まずは見ても見ぬふり。

ここぞというときに指摘するのです。

職場に適度な緊張感があるのとないのとでは、ケアの質が変わってきますから。

ただでさえ介護施設は閉鎖的な空間なんです。

その閉鎖された空間で、ストレス満載になってる介護職員が、思い通りにいかない日々の業務の中で追い詰められたらどうなるか?

想像しなくてもわかるでしょう。

外に発散すると虐待に、内にこもると精神的なダメージになります。

どっちにしろ介護職員が傷付きます。

もちろん利用者も。

なので、そこまで追い詰められないように、縦のラインをしっかり確立し、適切な声かけをしておくことです。

『ケアする人をケアするシステム』をぜひとも施設の中で確立させておいてほしいものです。

いろいろ書きましたが、これがすべてではないですし、もっといろんな角度から議論が必要かと思います。

なかなか決定的な方法はないのですが、せめて施設を統括する立場の人たちには、何があってもぶれない強さと実行力、包容力を求めたいものです。


ほなね ε=ε=┏( ・_・)┛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【猫も杓子もスマホやね】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月27日(木)シャバ@02549

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


なし崩し的に相談員のままになりそうな感じ。

見え見えやもん、このままやってほしいって。

だから、一段落するまでは相談員のままでいきますか。

相方には、

『もったいない。

もっと他にふさわしいとこあると思う』と言われたけど、それは買い被りすぎかな(笑)

なんも知らんもん。

現場バカなので。

一段落つくまではあと2ヶ月は掛かるし、後がまが来るかわからんし。

最初っからちゃんと雇っとけって思う。

考えとけよってね。

脳ミソツルツルの集まりだわさ。

なのでキリのいいところでちゃんとやってる施設を探してそこに行きます!

それか独立します!

カッチョイー(爆)

私にとってちゃんとやってる施設ってのは、

一人ひとりを丁寧にケアしてる施設。

従来型、ユニット型関係ナッシング。

起床バラバラ、就寝バラバラ、食事もバラバラ、お風呂は個浴(家庭浴)、一人ひとりに合った車イス、イス、テーブル、チューブOK、吸引OK、看取りに取り組んでる施設。

あるんかなぁ(笑)

もちろんすべてが完璧ってんでなくて、施設を上げて前向きに取り組んでいますって施設ね。

探してみるけど。

知らん?

おっと、あっても『お前いら~ん』って言われる可能性もあるけどね(爆)

そういうときはそういうときで。

でも最低、個浴と看取りに取り組んでる施設がいいなー。

それで給料よければなおよし(笑)

ビンボーですから。

早いとこビンボーを卒業しましょうね。

おっとタイトルと関係ないこと書いてた。

猫も杓子もスマホって話。

老若男女総スマホ状態に近いですよね。

明らかに中学生とかがスマホ触ってるの見るとムカつきます!

その子に責任はないけど(爆)

そんだけ親から金もらってんだなぁって思います。

プラス小遣いでしょう?

なんぼもうとんねん!って思います。

スマホはあるし、自分の部屋もおそらくある。

夜通し開いてるお店はコンビニ筆頭になんぼでもある。

ファストフードある、ディズニーある、USJある、映画館ある、その他遊ぶとこもいっぱいある。

蛇口をひねれば水が出る、お湯も出る。

電気使い放題。

なんとまー、日本に住む者たちは恵まれてんだろう…。

なのに幸せに思えないって笑い話ですな。

きっと命を懸けて生きてないからわかんないんでしょう。

やっぱ人生の間に1回は入院とかみたいに、否応なしに不自由になる経験してみるといいね。

私みたいに何回も入退院繰り返してると、何事もなくシャバにいることがどんだけありがたいかがわかる。

ムリして入院するこたぁないけど。

それと、病気になったり、障害を負ったり、ボケたりすんのは当たり前やからさ。

病気になろうが、障害を負おうが、ボケようが、生きてるうちは生きていくもんだから。

それはそれで自然なこと。

そりゃ健康一番で最後まで生きていけたらいいけど、そううまくもいかないわな。

だいたいが、

『好きなものを好きなだけ食って、好きなことして生きてる』わけで。

野放図に生きてるから、病気とか、障害とか、ボケとか老いとかに直面すると、情けないほど情けない姿になるわなぁ。

しゃーないけどね。

でも、自分の周りにそういう人がゼロってことはないし、なかったろ?

他人事として捨てないで、ほんのちょっとだけ自分事として捉えてみ。

もうちょい他人に関心持ってみ。

自分事だけでなくさ。

そういうことを少しでもしたらさ、自分がそうなっときに多少は踏ん張れるから。

1回くらい命に関わるオオゴトを体験してみるのも人生の肥やしになるナリヨ。

まぁ、よっけーなお世話だけど(爆)


ほなね (._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ダラダラ~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月26日(水)シャバ@02548

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


朝イチに歯医者さん行ってそのあとはDVD観ながらダラダラしてました。

こういう日もないとほんまにしんどい日々が続いています。

なんの予定もない休みプリーズ!

けど歯医者さん通いはしばらく続きそうだし…。

定時に終われんから仕事の日にいけんのよね。

職場の近くだと帰るの遅くなるし…。

歯医者さん後にヒトカラ行きたかったけど、麻酔をかけられて断念。

行く体力もないけど(爆)

そんだけ疲れが心身ともに懸かっています。

なんかいい気晴らしはないもんか!

映画も観に行けてないなー。

翌日に予定があるとレイト専門の私は行きにくいのです(-_-)

これは自分のせいだからしゃーないです。

体力ほしいよ~。

電車通勤になってめっちゃ歩いてんだけどさ。

かえって消耗してんのかな。

もう若くないね(泣)

でも立て直しましょ。

生き直し中だから。

もっと楽しく楽しく生きましょう!

おもしろおかしく楽しく愉快にね。

てことで、ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【疲れてます~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月25日(火)シャバ@02547

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


心身ともに。

無免許で高速ブッ飛ばしてるようなもんだからにゃー。

衝突スレスレながらよくやってると自分を褒めよう。

ほんまによくやってる。

いらん雑音がなけりゃもっといいんだけどね。

それはそれでしゃーないんで、割り切ってやるしかない。

できたできないより、やったかやらんかったかだからさ。

そう思うようにしています。

文句言い出したらキリないし、実際に言ってるし。

それで状況が打開できるならなんぼでも言うけど、そうはならないからさ。

ただ人間なんで凹むこともある。

凹みつつも前に進む私、キックアス!

いっちゃんキッついとこにいるわけで。

でも相方さんがいるからめっちゃ救われてる。

全部ケリついたら打ち上げしましょう!

携わった人全部巻き込んで。

そんくらいはせんと。

だからその日が早く来るようにひたすら進むしかにゃい!

ニャイニャイ!

ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【特養申し込みの極意】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月24日(月)シャバ@02546

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


またもこのネタです(笑)

今まではいろいろ書いてきましたが、再度というか再三というか、ひつこいというか(爆)

まずは各行政が指定している申し込みにあたっての標準様式というものがあると思います。

それを『きちんと』書くこと!

もちろんケアマネさんに記入して頂かないといけないところもありますが、申し込み者の住所、連絡先等きちんと書いてください。

とくに連絡先は固定電話だけでなく携帯も!

携帯あるのに書いてないなんてあるかと思いますが、あるんです!

というより多すぎ。

今どき携帯を持ってない人の方が少ないのですから書いておきましょう。

現病、既応歴の欄があれば必ず書くこと。

これは別紙にまとめて添付してもいいです。

できれば、

○○年△△病院にて□□と診断され、こういう治療を受け完治。

△△年□□病院に○○で入院し手術を受ける。現在も通院加療中。


とかね。

大きな病気ですよ!

風邪引いて云々とか腹痛で云々とかは必要ありません。

入居対象者の病歴を把握しておくことは大切です。

複数の施設を申し込んでる場合は隠さず書くこと。

掛け持ちしてるからどうこうということはありません。

ご安心を。

認定調査票のコピー、主治医の意見書のコピーは必ず付けてください。

介護認定を受けたときに、必ず本人用にもらえるはずです。

大事に保管しておいてください。

主治医の意見書も基本手元にあるはずです。

なければケアマネさんが持ってるかも。

認定調査票も主治医の意見書も手元になければ区役所ですが、施設入所理由では主治医の意見書はもらえないこともあるので注意です。

理由?

知らんがな。

家族といえども他人がもらいにいくのは問題あるってことなんじゃね?

在宅の場合は直近3ヶ月の居宅介護支援計画書が必要かな。

そうそう、今、どんな薬を服用しているかはお薬手帳のコピーで構わないので付けとけばいいかも。

とくに精神系のお薬を服用してる場合はとくに。

血液データもあるんなら付けといた方がいいかなぁ。

あまり付けすぎるとあれですが、大きな病気をしたときの診断書とかもあればいいかも。

とくに私のとこみたいに、胃瘻、インシュリン、酸素、ストマ、おしっこの管、ターミナルがダメな施設はちょっとした病気でもハネられる可能性があるので、メディカルなデータは多い方が助かります。

おっと大切なこと忘れてた。

申し込んだからといって必ず入居に向かって話が進むわけではありません。

6ヶ月たっても連絡がない場合は、最初の書類選考でハネられたと思って間違いないでしょう。

もちろん、胃瘻不可の施設に胃瘻の方を申し込んでも一生連絡はきませんよ。

ひどい話ですが、申し込まれたからといって、すべての施設が申し込み者にアクションを起こすとは限りません、というより、

『入ってもらえそうな人にしか連絡はしません』

ほとんどかそうかと。

すべての申し込み者に連絡するのは物理的にムリですし、なぜ入っていただけないかを説明するのも難しいからです。

素直に納得していただける申し込み者ばかりではないですからね。

問い合わせしても仕方ないですし、以前も書いたように、『要注意』扱いされるのがオチです。

ひどい話ですけどね、それが現実です。

ので、『複数施設への申し込み』は必ず行ってください。

近所の施設一つだけなんていつになるかわかりません。

それと、いろんなコネを頼ってくる人もいますが、他の施設(人)は知りませんが、私に関してはそのことで対応を変えることはありません(笑)

粛々と行政が定めた選定方式(緊急性とか)で進めるだけです。

議員から施設に電話などして圧力懸けてきて、ケツをつつかれた理事長や施設長が何か言ってきても私には意味ナッシングですね。

入ってもらえるときにしか入ってもらえないのですから。

逆に『要注意』扱いにしますね。

とまぁ、あれこれ厳しいことを好き勝手に書いてきましたが、ここに書いたことはもちろん私の『独断と偏見』なので、そこんところをきちんとわきまえ上でお読みくださいませ。

不正確なこともあるかと思いマウスので。

とにかく、ふつーにしとけばいつか入れると思います。

問題はその、ふつーができない申し込み者が多いってことなんですよね(x_x;)

しゃーないですか。

やりたくてやることでもないですしね。

てことで(-.-)zzZ


ほなね (-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
【第4節○vs鹿島0-2(HUB心斎橋店)】
平成26年3月23日(日)シャバ@02545

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

<スターティグイレブン>
GK 21 キム ジンヒョン
DF 14 丸橋 祐介
DF 17 酒本 憲幸
DF 23 山下 達也
DF 30 ゴイコ カチャル
MF 5 長谷川 アーリアジャスール
MF 6 山口 蛍
MF 13 南野 拓実
MF 20 杉本 健勇
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 10 フォルラン

<リザーブプレイヤー>
GK 27 丹野 研太
DF 3 染谷 悠太
DF 7 新井場 徹
MF 2 扇原 貴宏
MF 11 楠神 順平
MF 18 ミッチ ニコルス
FW 9 永井 龍

現在首位の鹿島戦。

水曜日に行われたvsブリーラム戦をフォルラン選手の公式戦初ゴールで快勝し、いい感じで迎えることができました。

鹿島にはここしばらく煮え湯を飲まされてばっかりで、かつてのお得意さんが逆転してしまってます。

この試合に勝つか負けるかは今シーズンの大きなポイントになると思います。

さて、今日はワントップにフォルラン選手。

柿谷選手はいわゆるトップ下です。

左右に南野選手、杉本選手。

ドイスボランチに山口選手、長谷川選手。

4バックは丸橋選手、山下選手、カチャル選手、酒本選手。

キーパーはもちろんキムジンヒョン選手が務めます。

試合の出だしはセレッソペース。

パスがよく繋がる感じです。

しかし鹿島が徐々にセレッソのパスに慣れてきます。

イヤんな空気が流れつつも押してるセレッソ。

先制点はセレッソでした。

18分、セットプレーからのこぼれ球、山下選手が戻したところに長谷川選手。

うまく押さえたシュートが鹿島ゴールに突き刺さりました!

いやー、よく決めました。

でもこれで安心とは言えません。

なんだかんだ鹿島は負けないサッカーをしてきますから。

そしてこれ以降、鹿島がペースをつかみ始めます。

それでも前半は山下選手が鬼のように守って得点を許しませんでした。

そして、後半。

セレッソも攻めますが、試合巧者の鹿島。

チャンスの数が違います。

しかし、攻められ続けつつも冷静にセレッソは凌いでいました。

いつもなら長い時間攻められると少しずつ気が抜けてきて、パスを回されてドタバタしたところを決められたり、セットプレーであっさり決められたり、苦労して取った得点を惜し気もなくリセットしてしまうのですが、今日は違いました。

山下選手が守備の大黒柱として機能しきっています。

そして86分、堪え忍んできたセレッソに待望の追加点が入りました!

柿谷選手から長谷川選手へのワンツーで、柿谷選手からフォルラン選手にクロスを送り見事なJ公式戦初ゴール!

フォルラン選手はゴール前で決めきれなかったシーンがあっただけに、今度はしっかりと決めてくれました!

先日の公式戦初ゴールに続きリーグ戦初ゴールです!

これで決まりました。

いつも鹿島にやられてるサッカーを、ものの見事にやり返した感じですね。

このサッカーを続けられるのなら、必ずタイトル取れる!

きっと全国のセレサポ全員が力強く思ったことでしょう!

快勝です!

次の新潟戦も勝利して、第1クールの勝ち点を12に上積みしましょう!


ほなね (⌒~⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村
【行き詰まり】
平成26年3月22日(土)シャバ@02544

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

140222_190801

実はもう弾は尽きている。

散発でくることはあるけど、爆発的な勢いは望めない。

勝手に決着点は決められてるが、それまでに決着することはない。

やれるだけやるしかない状況。

あと一息まで至ってないのに、この状況は厳しい。

いっときは余裕と思えたのに、ここにきてこぼれるケースが増えてきた。

もう決着点のことはなしにしてほしいね。

弾がないねんからムリやろ?

あとは前倒しでやってくしかないんで、焦点をそこにずらす。

選別しつつ前倒しする。

危険とわかってて入れれんだろ!

医療的にOKなら入れろと言われても、精神の部分はまた認知症とは違うから。

トーシロにはわからんだろうけど。

わからんねやったら口出すな!…なんだけどね。

圧倒的な結果で黙らすしかないな。

今ある案件を少しでも前倒しして完結させる。

それと今ある弾を当たり尽くす。

それをやり続けるしかないね。

そして一日も早く決着させるのだ!


ほなね ”(ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【打開策はないか!】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月21日(金)シャバ@02543

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


押し付けられた目標をゴリ押しされて昨日はかんなりムカついてました!

そりゃそーだろー、空白の2ヶ月はぜんぜん私のせいじゃないし。

着地点から逆算してへんかったオマエらのせいやからさ。

今さら『なんでてけへんねん!』と言われてもさ。

何度も書くけど、

『診療情報提供書』は時間が懸かるの!

早くて10日、普通2週間(これでも早い)、通常3週間かなぁ。

もちろん予約の入り具合、ドクターの忙しさにかなり左右されますよ。

直近に同じ検査をしてたら、そのまま数値を使ってもらうから早くなるし。

あと、『その施設が追い出したがってる人』のは早い(笑)

反対に老健なんかは、

『後がまが決まるまで出さない』ことが多いのでは?

家族がせっつくまで放置なんてザラでしょう。

たった一人のために検査しないとも聞く。

要するに、

『誠意』の問題ですな。

何事も手早くしようと考える民間とは全然違う意識で動いてますね。

だから、

『介護職(介護施設職員)の給料は低い』ねん。

世間的に普通の仕事としてやってへんからね。

ぬるま湯どっぷり。

残りは昨日も書いたように、

『自分都合の押し付け』ばっか。

正直者がバカを見る世界だわ。

だから『給料安い』ねん!

カネ払う気ならへんわな。

てことで、ムカついてばかりもおれんので、いや、ムカついてるので、現状を打開する方法は何かないかと考えた。

結論は、

『順番を逆にする!』

つまり、今までは、

介護⇒医療看護という順番を、

医療看護⇒介護のように変える。

いちばん高いハードルを最初に持ってきた方がいいのではということ。

『介護でOKで医療看護でOut』な方が、

『医療看護OKで介護でOut』より多いのではと。

介護OKで気を持たせて、医療看護Outでガッカリさせるより、最初に医療看護というハードルでOutな方が結果が早くわかるのでいいんじゃないかなと。

もちろん面談なしだから、書類のやり取りだけで落とすことになるので、見に気もしないでふるい落としやがってと思う家族もいるだろうけど。

どっちが早いかが今の問題なんで。

いちばん時間が懸かることを先に済ます!

結果的には時間の節約になる…と思うな~。

あとは家族を納得させることができるかってとこ。

医療的にムリってことなら、あきらめてくれるやろか?

家族によるやろけど。

てことで考えてみました。

揉まなあかんわ。

これは最初にお金が懸かることをしてもらわないといけないんで、避けてたんですよね。

でも、どーせ診療情報提供書は作ってもらわなあかんわけで…。

始めに作るかあとで作るかだけやから。

揉みましょう。


ほなね (._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ムカついてますね】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月20日(木)シャバ@02542

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


今週はムカつくことだらけ。

『いつメドが立つねん』

知らんがなー。

この状況になっとんのは最初の2ヶ月、なんもしてへんかったからやろー。

そっから必死に巻き返しとんのになんやねーん。

わかっとんのかいな!

目標を立てとったんやったら最初っから逆算しとけや!

してへんかったからやろ!

こっちの責任とちゃうで!

何とかしようと思とったけどもう知らんわ!

給料がでーへん?

クビ?

そんな脅し文句でビビるわけないやろ(笑)

ぜんぜん脅し文句になっとらんな。

最初の2ヶ月!

ここさえちゃんとしとったらこうはなってへんねんから自業自得やね。

こっちは助けたってんねんで!

自分らの立場ぜんぜんわかっとらんわ!

頭下げんのはお前らや!

それと、

『ダメならダメで他を当たらないといけないので早く返事ください』って、知らんがな~。

それもあんたの都合やろ!

ちゃんとゆっといたで、

『他も当たっといてください』と。

そんときに、

『こちらからは当たりません』って言っといて、今日は『当たらないといけないので』ってね、アホか!

言うことちゃうやろ!

最初っからそうやろ?

『いつ来てくれるんですか?』って切羽詰まってる感じやったから無理して行ったんやで。

そっから無理して話進めてんのはこっちやで。

黙って待っとけよ!

ちょっとは恩に感じろよ!

ほんまに自分都合のヤツ多すぎやろ!

あー、全部実名でバラしたい(笑)

必死に走り回ってんのに、なんも得することあらへんわ。

悪いけど、目標達成はムリやで。

そんなんハナっからムリやん。

最初の2ヶ月なんもせーへんかったから、それが最大の原因やんか。

そこをほったらにしといてなにゆーとんねんやで。

ほんま、フザケンナやで。

失礼やヤツばっかりや。

100倍返ししといたるから覚えとけー!

ええかげんにしとかんと、根こそぎ潰すで~(爆)

はぁ…、誰か私にこの世界の最高権力を与えてくれないかニャ(._.)_


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ゆっくり休みたい~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月19日(水)シャバ@02541

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


と叫びたくなるほど忙しいのです。

慣れ親しんだ仕事ならともかく、手探り状態でやってる現状。

それを思えば介護の仕事はやることがはっきりしているから具体的だね。

ご飯、トイレ、お風呂のいわゆる3大介護がメインで、起床時と臥床時の着替えがこれに加わる。

ただ何気無く自分がやってることを、意識して他人にするってことが難しい。

そこんとこを世間には理解してもらいたいんだけどムリですね。

そーそー、勘違いしてる人多いです、特養で働く者はみな公務員ってね。

喧嘩腰に言ってくる申し込み者とかいるしね。

『お前ら公務員ちゃうんかー!』ってね。

公立の施設はそうですが、私の施設は違います(笑)

たしかに介護保険料が収入の大半ですから、税金から給料をもらってることにはなるでしょうが、金額が比べものになりません。

きっと公務員さんの半分あればいい方で、1/3くらいがやっとじゃないでしょうか…。

低すぎますね。

でも介護職員の意識も低いのが大半なのでどっちもどっちですか。

この状況で、意識の高い職員が増えることはないですね。

この問題は堂々巡りなので…。

介護職員同士のへんな仲間意識も問題あるなー。

仲が悪いよりいい方がいいですが、馴れ合いになるとダメだ~。

へんに庇いあったりね。

利用者中心というごく当たり前の施設としてのモラルが守られなくなります。

もっとプロ意識を持った職員が増えないものか…。

増えないですね。

施設として、法人としてしっかり方針を立てて運営しないと。

私の施設のように、

ターミナル、経管、酸素、インシュリンお断りではね…、職員が成長するわけないじゃん。

死に関わらないのに成長するわけない。

てことで、次勤めるとしたらターミナルをしている施設にします。

その前に自分で立ち上げれたらいいんですが…。

誰かカネくれ!(爆)


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週は忙しいです】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月18日(火)シャバ@02540

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


ちっちゃなスコップくらいの力しかありませんが、ブルドーザー並の働きをしなければなりません。

事は一気に進めたいですが、なかなかそうもいきません。

もっと自分を信じなければなりません。

いつもどっかで、自信なさげに怖じ気づいているんです。

それはそれで私というものなのですから、慎重さという形で前向きに出ればいいんです。

だからもっと自分を信じます。

私が信じないと誰も信じないでしょ。

信じます。

自分というものを。

もっともっと。

信じます。


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いろんなドクターがいるんだけどさ】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月17日(月)シャバ@02539

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


みなさんの主治医、もしくはかかりつけ医は大丈夫ですか?

きちんと診てくれるドクターですか?

私は今、消化器の内科と外科のドクターに毎月診てもらってますが、とてもよくしてもらっています。

緩解中の今も憎悪中のときも。

クローン病という特殊な病気(最近はそうでもないですが)のせいもあるかもしれません。

前の主治医…、えっと今まで何人の主治医がいたっけ?

クローン病になったときのKドクター。

そのときオペってくれたIドクター。

このIドクターはたまたまクローン病のことを知ってくれてたので、スムーズに治療に入ることができました。

次のTドクターはKドクターの先輩。

一生懸命クローン病のことを調べてくれました。

地元に戻ってからはKドクター。

しばらくして開業されました。

次のドクターはSドクターとNドクター。

Sドクターは、クローン病の専門の病院にと後押ししてくれました。

Nドクターは胃カメラの達人でした。

その次が今の病院になります。

TドクターとUドクターです。

TドクターとUドクターは内科と外科なのですが、見た目が正反対で、Tドクターは全然内科のドクターらしくなく、Uドクターの方が内科のドクターらしく見えます。

いろんなドクターがいますよね。

さて、今私がしている業務は入居者選考、といえば聞こえはいいでが、とどのつまり、

『いつまで懸かっとんねん!

早よ満床にせーや!』という世界です。

何度か書いたように、ホッタラカシにしていたヤツラがいちばん悪いのです。

私のせいではありません。

なのに責められる私(ともう一人)。

それはそれで書き出したらキリがないので今度書きますが、入居するにあたって、

『診療情報提供書』というものを提出してもらいます。

書類選考を終えて、面談を終えて、入居選考会議を通った最後のハードルです。

ここで、特養のドクターの守備範囲を越える病気が新たに見つかったりしたら、ここまで話が進んでも、ご破算になります。

申し込み者には十分その旨を伝え、納得していただいてますが、問題はその診療情報提供書です。

中身は診断名、現病、既応歴、レントゲン、心電図、感染症の検査、血液検査などですが、

『仕上がってくるのが遅い!』

事情はわかるんです。

検査をするってたって、予約から入れないといけませんし、要介護高齢者をすんなり病院に連れていくのも大変でしょう。

検査結果が出るのも時間が懸かるでしょう。

忙しいドクターが書類を書くのもなかなかでしょう。

それはとてもよくわかってるんです。

でもねー、そんだけ時間を懸けて、たいへんないくつものハードルを越えてきたはずの診療情報提供書なのに…、

『抜けが多い!』

さすがにレントゲン、心電図は抜けがないですが、感染症や血液検査の抜けが多いです。

診断名は書いていても、他の病歴欄がまっさらとか、おんなじことしか書いてないとか、一体なんですか!

カネ取ってやってんじゃないんですか!

きちんと書いてください!

それからこちらへ寄越してください!

なんでこちらから問い合わせないといけないんですか!

そして、問い合わせたらなんでケンモホロロなのですか!

おいコラ、腐れドクター!

お前らしっかり仕事せんかい!

患者はお前らの客やろ!

その客が、家族を施設に入居させるために必要な書類なんやで!

不完全な形でカネ取んな!

こちらは『施設として』必要なデータやねん!

しかも入居できるかどうかの大きなポイントになんねん!

わかっとんのか!

ドクターやからいうて、えっらそーにしてるだけが能やないで!

ちゃんと検査して、ちゃんと書け!

そーせな、どんどん遅れていくやないか!

こっちも何回も問いあわせたないねん。

あんたもそうやろ?

忙しいのは重々わかっとんねん!

そやから1回ですっきり終わるように書けや!

決して安くないカネ取っとるんやろ!

紛いモン寄越しとったら詐欺とおんなじやぞ!

ちゃんと書け!

それっくらいのことせんとなんやねん!

ほんまに腹立つわ!

てことで、医療関係者の中の極一部の極一部のアホなドクターへの文句でした(笑)


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【施設の力量(にっちよーび)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月16日(日)シャバ@02538

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


もちお仕事です。

ただ日曜なのでほとんど電話が掛かってこないので助かります。

早く通常モードに戻りたい~。

さて、ここからは施設の力量についてです。

施設に早く入所するにはどうするかという視点で2つのblogを書きましたが、今回は違う角度で論じてみましょう(大ゲサ)。

このblogにたどり着いたほとんどの方は私が集団処遇にいい印象をもっていないこと、ユニットケアという形だけの個別ケア(この個別ケアという言い方にもしっくりしてないんですが)にもいい印象を持っていないことはご存知でしょう。

ケアの面ではそうなんですが、今回は医療面です。

施設(ここでは主に特養です)看取りに取り組んでいる施設も、経管一切ダメという施設もあります。

入所するにはそこんところをきちんと調べてから申し込みをするべきであることはすでに触れました。

そこまで気にしたらそれくらいでいいんですが、だめ押しとして確認すべきことは、医療面のフォローがどこまでできるのかということです。

看取りまでしますよーという施設は概ね安心かと思いますが、念のためどういうドクターが管理医師をしているのかを確認してもいいでしょう。

要するに、管理医師の専門は何かということです。

内科系が多いと思いますが、最近増えてきている精神症状にもきちんと対応できるドクターなのかどうか?

結構重要なポイントです。

精神的な部分やパーキンソン、もちろん認知症関連の薬は微妙な調整をしないといけないときもあります。

そのときに専門外のドクターだとまったく薬をいじらないとことがあります、というか専門外だからいじれない&いじってはいけない(!)

ので、ドクターの守備範囲はどの程度なのかを知っておくのもだめ押しとして重要かなと。

ただ、そこまで根掘りすると『要注意家族』と見なされることもありますので、うまいこと訊くか、すでに入所している家族に訊いてみるのがいいでしょう。

多かれ少なかれリロケーションダメージやその他の要因で、入所したては混乱するもの。

不眠にもなるでしょう。

そのときに適切にお薬を出してくれるのか?

とても大事なポイントです。

管理医師の専門は何科なのかは押さえておいてもいいでしょう。

あとは看護師さんから大ブーイングがくるのを覚悟して書きますが、正看ナースの割合です。

もちろん准看ナースだからといって、一概にスキルが劣っているわけではないですし、正看ナースでも使い物にならないナースもおられます(うっ、介護職員はもっと使える使えないがくっきりしてるだろうなー)。

それを踏まえて、あえて正看ナースの割合もチェックしてもいいでしょう。

高齢者を看るにあたって、どの程度のスキルがあるのかです。

ただそれを判断するのは入所前では不可能なことが多いです。

なので、大ざっぱなところで正看ナースの割合です。

ただし、さっきも書いたように、正看ナースだから腕がいい、准看ナースだから劣っているとは一概にはいえないのでお気をつけください。

あくまで、あくまで大ざっぱな目安です。

年齢構成もポイントかなぁ。

でも、あんま根掘りすると、『危険』に思われるので、ほんとに気を付けてください。

見学ではとてもそこまで見れませんからね。

うまいこと訊いてみてください。

例えば、

『ここの看護師さんは、高齢者介護についての経験が豊富な方が多いですか?』とかみたいな(笑)

『高齢者看護』でなく、『高齢者介護』と訊いてるところがミソです(笑)

看護一直線ナースさんはとっても頼りになりますが、ときどき暴走(失礼)、突っ走られるときがおありですから。

いえいえ、そういう看護師さんも必要なんですよ。

めちゃくちゃ頼りになるし、めちゃくちゃ必要なのですが、看護=介護ではないですから。

そこんとこは難しいです。

そうそう、どういうときに外部受診になるかを訊いとくことも大事です。

特養の多くは、外部受診の際は家族が通院に連れてくのがデフォです。

なのでどういうとき、どんな病気のときにその必要が出てくるかをきちんと確認しておきましょう。

家族も暇じゃないですから、通院が必要とされると判断されるたんびに呼び出されたら堪ったもんじゃないですからね。

この辺は、施設職員の補充と、施設に入ってしまうとヘルパーさんが使えなくなることの見直しが法律的に必要になるでしょう。

もちろん管理医師の専門(力量)で、外部受診がどうなるかが決まりますから。

基本的に注射、点滴は外部ですから、それ以外で診れるかということですね。

うーん、かなりヤバいことを書いているです(爆)

ということで、今回も敵ばかり増やしてしまいましたが、医療看護と介護とは、ともに協力しないと海千山千の高齢者をケアすることはできないということです。

それが大切なことなのです。

ただ…こう書いてしまうと今まで書いてきたことをちゃぶ台返ししてしまいますが、『すべてにおいて、そこまでの施設が存在するかどうか』なんですよね。

もともと施設の力量なんて、ほとんどわからないし、表に出てこないもの。

もともと閉鎖的ですからね。

でも少しでもいい施設に巡り合えてもらえたらと思います。

100点満点の施設はなかなかありませんから、最優先にすることは何かということを明確にしておいてくださいねって私もだ。

私もいつか自分の親を施設に委ねないといけないときがくると思います。

そのときに何を第一に考えるか…。

私も考えとかないといけませんね。

一言で『施設の力量』と書いてますが、千差万別です。

最終的には『合うか合わないか』ですからね。

そういう意味では思きしバクチになっちゃいますね。

あーあ、ちゃぶ台返ししちゃった(>_<)

不愉快な思いをさせてしまった方がおられたならゴメンナサイですm(__)m

てことで、ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3節○vs清水4-1(ヤンマースタジアム長居)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月15日(土)シャバ@02537

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重49.0kg


ACL初戦(A)△vs浦項戦1-1
第1節(H)●vs広島戦0-1
第2節(A)○vs徳島戦2-0
ACL第2戦(H)●vs山東魯能1-3

これまで↑という成績のセレッソ。

調子に乗れてるかというと乗れてない。

フォルラン選手との噛み合いにもう少し時間が必要な感じ。

それと中盤でキープできる選手がいない。

横パスばかりで、柿谷選手が裏に抜け出すパスが出せてない…などなどの課題があります。

監督が代わって戦術が変わったので当然といえば当然なんですが、何といっても、

『タイトルを取る!』と言ってますのでね。

甘い目で見ててはダメです。

昨シーズンのように5節ごとにクールを組んでいきましょうか。

おさらいですが、5節ごとの1クールに必要な勝ち点は10。

第30節の6クール目まで勝ち点10ずつ取れていたら60。

十分優勝に手が届く範囲です。

残りの4節も10上乗せできれば勝ち点70。

十分ではないでしょうか。

そこを目指していきましょう。

そのためにはこの第1クールの残りの試合はすべて落とせないですね。

4勝1敗で乗り切れれば勝ち点12になりますから。

清水、鹿島、新潟といずれも侮れはしませんが、チームの完成度が問題なので。

てことで清水戦です。

〈スターティングイレブン〉
GK 21 キムジンヒョン
DF 14 丸橋祐介
DF 17 酒本憲幸
DF 23 山下達也
DF 30 ゴイコカチャル
MF 5 長谷川アーリアジャスール
MF 6 山口蛍
MF 13 南野拓実
FW 8 柿谷曜一朗
FW 10 フォルラン
FW 20 杉本健勇

〈リザーブプレイヤー〉
GK 1 武田博行
DF 3 染谷悠太
DF 7 新井場徹
MF 2 扇原貴宏
MF 11 楠神順平
MF 18 ミッチニコルス
FW 9 永井龍


開始早々は清水のペース。

セレッソの右サイドでゲームを作られまくります。

最後のところで踏ん張ってますが、イヤんな予感が漂います。

そこをぶち破ってくれたのが丸橋選手!

前半15分、山下選手の縦パスを受けて、クロスではなく自分で決めちゃってくれました~♪

これはいい感じです。

柿谷選手しか得点が取れないのでは勝てませんから。

このまま押せ押せでいきたいのですが、清水はうまいことパスを回してきます。

前半23分、エリア内で大前選手を倒してしまい、PKを与えてしまいました。

ジンヒョン選手が止めてくれることを願ってましたが、跳んだ逆方向に決められてしまいました。

でも、PKやからしゃーない。

楽して勝てるわけではないですから。

イヤんな空気が流れつつズルズルといってしまうかと思いましたが、前半32分、ショートコーナーから山下選手がヘッドで決めてくれました!

この時間帯で勝ち越せたのは大きいです。

そして前半終了。

決してセレッソのペースではないですが、何とかしのいでる感じ。

今シーズンは、後半になると運動量が落ちてしまうセレッソ。

タイトルを狙うためには、スタミナ強化&配分も課題です。

しかし、今日は体調がいいのか運動量が落ちません。

このまま押しきってもいいけど、得点シーンが見たい。

そして後半42分、南野選手が送ったボールを山下選手がヘッド、流れたところを詰めていたカチャル選手が決めてくれました~。

いやー、フォルラン選手より先に決めちゃいましたね。

そして後半49分、待ちに待った杉本選手の待望のゴールが決まりました~♪

ようやく結果を出してくれましたね。

いつも周りを活かそうとしすぎな杉本選手。

もっと俺様プレーに徹すればもっと得点が取れると思います。

もっともっとエゴを出してほしいなー。

フォルラン選手もセレッソのサッカーに噛み合い始めたシーンが増えてきました。

1試合でも早く噛み合いきってほしいです。

ということで、第3節清水戦、快勝でした。

140315_170101


ほなね ♪~θ(^0^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月14日(金)シャバ@02536

<エレン>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


ひと月に1回の通院。

おそらく一生続くのだ(笑)

さて、朝一採血なので、いつもと同じ時間に起きて出発!

キツいわ~。

寝坊したいやん。

それでもFightです。

採血は30分ほど待って終了。

今日は5本採りました。

すぐに外科です。

『どーですかー。

ちょっと脹れた感じがするんですね。

たしかに少し脹れてるかな。

膿も少し多い目かもしれませんね。

でも、まだ何か処置が必要な状況でもなさそうですね。

もちろん腫れてきたり、痛みがひどくなったり、熱をもってきたときはすぐ連絡してきてくださいね』とのこと。

一進一退というか、3ヶ月くらい完全絶食しないと良くはならないでしょう。

良くなるとも限りませんが。

クローン病であるかぎり仕方ないですね。

次は内科。

採血の結果が出てからなのでひたすら待ちます。

待つしかないですからね。

2時間近く待ったかなぁ。

『どうですか。

変わりないようですね。

採血は腫瘍マーカーがまだ出てませんが、CRP0.2ですね。

レミケードしてもいいんですけどねー。

バラクルード飲まないといけませんが。

一生飲み続けないといけないとなると、考えちゃいますよね。

今のところは何とかエレンタールでキープできてるし、悪くなったときに考えるということにしときましょか。

それと内視鏡ですね。

一年に一回はして、お尻の状態も確認しとかないといけないですからね。

暖かくなったらやりましょか』てな感じ。

レミケードは踏ん切りつきませんね~。

効くかどうかわかんないですからね。

ゆっくり考えましょう。


ほなね (o^-^o)

○処方薬
・ペンタサ:1回4T、1日3回(朝昼夕)
・ビオスリー:1回2T、1日3回(朝昼夕)
・ロペミン:1回1T、1日3回(朝昼夕)
・タケプロン:1回1T、1日1回(朝)
・イリボー:1回1T、1日1回(朝)
・プロマック:1回1T、1日2回(朝夕)
・エレンタール1回1包、1日3回(朝昼夕夜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ヘロヘロですぅ】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月13日(木)シャバ@02535

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


5連勤乗り切った~!

ヘロヘロです。

眠いです。

やっかいな案件もありましたし、これからもあります。

これまでのエピソードは全部、ケリがついてから書いちゃいましょうか(笑)

どうしても今は現在進行形で書けないこともあってね。

しゃーないですわ。

ネムネムですよ~。

ココロ図太くしなやかに♪

豪放磊落闊達に!


ほなね (._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【明日を乗り切れば~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月12日(水)シャバ@02534

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


5連勤の4日目。

非常にキツい状況ですが、踏ん張ってます!

スゲーぜ!

こんだけ踏ん張ってんだから、きっといいことが待ってるぜ(笑)

いや、ほんとに。

『陰徳あれば陽報あり』といって、目立たない陰の戦いが大きな実を結んでいくんです。

信じれん?

信じる信じないは勝手やから(笑)

うまくいくうまくいくと思っていきましょう。

そうした方が得やね。

さて、頚椎椎間板ヘルニアですが、まだきちんとは治まっていません”(ノ><)ノ

最悪のときに比べると、痛みはかなり消失してきましたが、下を向くと違和感あるのはまだまだ変わりません。

9ヶ月経ちましたね~。

根比べですかね。

まぁ、違和感あるこの状態に慣れてしまえばそれまでなんですけどね。

クローン病もそうだし。

お腹が緩いのとトイレに何度も行かないといけないこと、食べ物に制約がかかること、緩解と再燃を繰り返すこと、どんなに気を付けていても腸に孔が開いたり狭窄すること、当然痛みもでること等々に慣れてしまえばふつーになるかなぁ。

普通なら慣れないけど、慣れないと仕方ないってね(笑)

そういう病を纏ってしまったんだから。

いい意味であきらめた方が楽です。

もちろん完全に治ってしまうのがいちばんですが、でなくとも気にならなくなったら治ったとおんなじやん。

これが道理というもので。

目を血走らしてもね仕方ないでしょ。

どうしようもないことに力を入れるより、どうしようもあることに力を使いたいですよね。

そういうことです。

理解できないだろうけど(笑)

さー、あと一日、しっかり踏ん張って乗り切りましょう!

誰も何もしないなら、私がするしかあらへんからさ。

ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【激闘の日々】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月11日(火)シャバ@02533

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


にわか相談員として激闘の日々。

現場バカの人間に相談員なんてムリさ~と今でも思う。

事務長は、

『自信ない風にすんな!

ウソでも堂々としとけ!

俺も最初はそうやってんから』とのたまう。

事務長ももともと事務長が本業ではないからね。

まぁ、相談員でいるのも入居業務が終わるまで、つまり今のうちなのだが…。

あと長くてひと月半くらいか…。

そんくらいでケリつけたいね。

そんときにどうするか決めりゃいいさ。

今は課せられた使命を粛々とやるのみ!

堂々と(笑)

あのねー、知識もなんもないっての!

介護保険のこと、制度のこと、ぜんぜん知らん~。

ゴメンナサイ。

でもしゃーないやん、現場バカやってんから。

知っとかなきゃいけないことなんだけどさ。

だから今は貴重な経験と言えるんだけど、望んでやってるわけではないし…。

フロアにいくたび思うわ、

『現場楽しそ~♪』ってね。

そりゃ、現場は現場でいろいろあるけどさ。

やっぱ介護職は介護業務をするから輝くわけで。

でもあとひと踏ん張り。

まだまだ越えなきゃならない山も壁も谷もいっぱいあるけど、乗り越えてやるさ~♪。

ココロ図太くしなやかに♪、ね。


てことで(-.-)zzZ


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【特養入所の決め手!(月曜日やん)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月10日(月)シャバ@02532

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


今週はハードです。

日曜からの5連勤。

しか~も、5連勤終わりの翌日は病院。

さらにその次の日は第3節清水戦。

で、来週もハードです(爆)

最近『やせたんちゃう?』とよく言われますが、

『はい、そのとーり!』

とりわけ顔ヤセが目立ちます。

面談で歩き回ってますから。

しかも早足で。

ということで、前振りはこんくらいで本題です。

以前も書きましたが、どうすれば特養に早く入所できるかの第2弾です。

第1弾のおさらいはこちらへ⇒。

あとはその特養に併設されてるデイサービスとかショートスティを利用するでした。

そこで、最後の決め手はなんだ~ってこれです。

前回の後半でも書きましたが、

『家族の態度』

これに尽きます。

よく見られるのが、

『大勢で施設に見学にくる』

印象よくありませ~ん。

本人+付き添い2人くらいが適当でしょう。

もちろん、付き添い3人でも4人でもいいんですよ、大事な家族が入るかもしれない施設なんですから。

でもくれぐれもお願いしたいのは、

『チャンネルはひとつに』ってこと。

息子、娘がたくさん付き添ってきて、各々があーじゃこーじゃ言い出すと施設側も困ります。

見学の段階でこんな感じなら、入所してからもそうなることが予想されます。

キーパーソンがokしても、他の家族がダメ出しをする。

タマったもんじゃありません。

『チャンネルはひとつに』が大鉄則です。

家族間の話はきちんと統一しておいてください。

話が進みません。

私たちは介護のプロです。

極端に医療依存度の高い方は別にして、どんな利用者も見ていきます。

が、家族さんの協力も必要なのです。

なので、勝手なようですが、

『悪い家族より、良い家族を選びます』

クレームばっかりの家族はノーサンキューです。

うまくいかないのわかってますから。

で、どんなのが悪い家族かというと、

『話ができない、話を聞かない』家族です。

この辺は見学のとき、面談のとき、契約のときで確実にわかります。

たいてい、見学の段階で(見学に来たとして)わかります。

忘れちゃいけないのは、私たち介護に携わる人間は、海千山千の高齢者をイヤというほど見てきてて、なおかつ介護をしているわけです。

海千山千の高齢者に比べ、50代、60代の、大人といっても子供でしょ(笑)

底が浅い浅い。

ましてや、社会常識の備わっていない50代、60代だとしたら相手になりませんし、しませんよ。

バカらしいですから。

社会常識を身に付けるなり、教養を身に付けるなり努力していただかないと(笑)

ムリだろうけど。

正当なクレームならなんぼでも受けて立つんですが、論点がズレてたり、その家族だけのファミリールールで話を押し付けられきても困ります。

ほんとに『ノーサンキュー』です。

生まれがわかるとか、育ちがわかっちゃうんですよね。

金持ちかどうかなんて全然関係ないですね。

まぁ、金持ちもセイホも態度が悪いのは共通していますか(爆)

おっとっと、余計なことだった(笑)

とにかく『普通に常識のある家族』さんだと施設が認識すれば、もしかして入所が早まるかもな~。

あくまで、『かも』ですが、結構『決め手』ですね。

あとは

『特養は病院でも老健でもないこと』は理解しててほしいですね。

とくに家族が医療関係者、『とくに看護師』に!

介護施設、とくに特養は病院とちゃうんで、病院の常識を介護施設で振り回されても困ります。

介護と看護は違うのですから、もう少し勉強してください、としか言い様ないな~。

できれば味方になってほしいんですけどね…。

家族に医療従事者がいると揉める元になることが多いです。

医療従事者であることを隠されてても困るんですが、全面に出されても困ります。

委ねられないのなら、あなたがお勤めの医療機関で面倒見てもらってくださいと思うこともしばしばです。

でも、できればさっきも書いたように味方になってほしいんですけどね。

後半はちょっと話がズレちゃいましたが、今回も私の独断と偏見なので、『ふ~ん』くらいの感覚で受け止めていただけたら幸いです。

ということでm(__)m

ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【眠い~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月9日(日)シャバ@02531

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


ほんまに眠すぎ!

寝ても寝ても眠い。

疲れが、それも身体的にも精神的にもキテるんでしょう。

なんとかしたいですが、今週は5連勤なのです\(☆o☆)/

踏ん張れ~!

ココロ図太くしなやかに♪


ほなね ”(ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2節○vs徳島0-2(HUB心斎橋店)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月8日(土)シャバ@02530

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


今年の初HUB心斎橋店にて観戦。

土曜の昼だし、第2節だし空いていました。

試合開始までBeerを飲みつつ。

いつもはキューバリバーからモヒートへと展開するのですが、たまにはね。

試合は柿谷選手がお世話になった徳島。

<スターティングイレブン>
GK 21 キム ジンヒョン
DF 7 新井場 徹
DF 14 丸橋 祐介
DF 23 山下 達也
DF 30 ゴイコ カチャル
MF 2 扇原 貴宏
MF 5 長谷川 アーリアジャスール
MF 6 山口 蛍
MF 13 南野 拓実
FW 8 柿谷 曜一朗
FW 20 杉本 健勇

<リザーブプレイヤー>
GK 1 武田 博行
DF 3 染谷 悠太
DF 16 安藤 淳
MF 11 楠神 順平
FW 9 永井 龍
FW 10 フォルラン
FW 18 ミッチ ニコルス

GKに松井選手、DFに小暮選手、MF濱田選手もいるので、セレッソ同窓会となってますが、勝負ですから甘い気持ちはなしにして勝たなければなりません。

セレッソはフォルラン選手がベンチスタートで、杉本選手がトップ下についています。

というこで、キックオフ。

ここまでの2試合で、前半は調子のいいセレッソ。

この試合もそうでした。

押せ押せムードの中得たゴール前のフリーキック。

4人がボールの周りにいましたが、蹴ったのはそのフリーキックを得た山口選手。

キャンプで練習していたというキックはゴール右隅にきれいな軌道を描いて突き刺さりました。

前半10分、セレッソ先制です。

これで気持ちが楽になりました。

さらに13分、丸橋選手のクロスを徳島の選手がクリアしようとオウンゴール。

これで0-2。

楽勝ムードが漂います。

しかーし、ここからは攻めるものの得点できずに、終わってみれば0-2のまま。

流れの中からの得点はありませんでした。

後半、南野選手に代えてフォルラン選手、柿谷選手に代えて楠神選手、杉本選手に代えて永井を投入しますが、いまいち連携が取れてなく、チャンスらしいチャンスは作れませんでした。

監督が代わり、チーム戦術の浸透もこれからで、熟成という点ではまだまだなんですが、物足りないです。

シーズンは始まったばかりなのでまずは勝つことが第一なんですが、内容も伴いたいです。

『史上最攻』のスローガンの片鱗はまだまだ欠片も見られてません。

今シーズンはACLもあるし、気忙しいのですが、早くスカッとした試合を見せてほしいです。


ほなね (^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【体調が~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月7日(金)シャバ@02529

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


急にさぶくなった。

ここしばらくさぶかったけど、さらにってことで。

職場に行ったら体調不良者がチラホラ。

人間やからしゃーない。

けど、言わしてくれ~!

お前ら三食好きなもの好きなだけ食べとるやろ~!

オイラは一日一食なんだぜ。

それでも体調崩さずやってんだぜ!

頼むわ~。

もっと気を配ってくれよ。

油断しない!

あったかくして寝る。

睡眠を十分とる。

風邪を引きそうになったら、早めに風邪薬。

うがい手洗いをする。

それだけでずいぶんちゃうで。

誤解せんといてほしいのは、ムリせーってわけやない。

体調維持に敏感になってほしいねん。

人間やから風邪も引くし、腹も壊す。

そうなっても日頃からきちんとしとけば回復も早いはず。

ましてや介護の仕事は人間相手の仕事。

うつさないうつされない。

これが基本。

予防をしよう。

おっと、三食食べてるからヤバいのかもよ。

せめて一食はグリーンスムージーにすればいいのに。

お腹の調子も良くなるし。

お肌もツルツルになるし。

いいことづくめじゃないですか。

まぁ、みんな自分それぞれのやり方で、健やかに生きましょう。

ココロ図太くしなやかに♪

豪放磊落闊達に!


ほなね (^^ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【寝ました】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月6日(木)シャバ@02528

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


日頃の疲れで一日寝ました。

貴重な平日休み。

ヒトカラに行きたかったんですが、体力が許さずです。

体力ほしいです。

こればっかは日頃から積み重ねるしかないですね。

歩きたくってるから少しずつはついてるはずです。

さらにつくようにムリしないでつけましょう。

歯も治しましょう。

週一でしか通えませんが。

早く平日休みの状態に戻りたいですね。

決めないといけないです、戻るかこのままでいくか…。

思案のしどころ…かなぁ。


ほなね (-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【4連勤終了~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月5日(水)シャバ@02527

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

140305_2137

いやー、よくやった。

よく乗り切った。

睡眠不足でヘロヘロになりながら。

さぶい日、雨の日、いろんな日がありつつも面談のため足を運びに運んで。

根性というかなんというか。

揉め事もあるさ。

凹むこともあるさ。

でもそれを肥やしにしていきましょう。

ココロ図太くしなやかに♪

そして、豪放磊落闊達に♪

道は自分で切り開くしかないのです。

踏ん張ってる自分の感謝&拍手(^o^)//"""""""

来週は5連勤があるぞー!


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【順序の問題】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月4日(火)シャバ@02526

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


介護側ok。

でも医務側で×。

になるなら順序を逆にしたらいいんでないの?

それで何か問題ある?

介護側でok出しといて期待させて、医務側で×。

私が家族なら怒るね。

胃瘻、インシュリン、ストマ、酸素、吸引、カテーテル、点滴…、最初にハネてんじゃん。

だったら、ターミナル、脳、心臓、肺、肝臓、胃、大腸、腎臓、膀胱、動脈瘤…あらゆる臓器でやばそうなのもハネときゃ、そっからやから効率的やん。

てか、全部受け入れokにしときゃ、なんの問題もないやん。

始めっからそうしとけって。

次建てるときはそうしろよ!

あと1フロア2ユニットでなく、1フロア4ユニットで。

うまいこと正方形的にしてさ。

なんでって?

夜勤がフロアに2人になるやろ。

フロア一人夜勤より安心やん。

今度建てるときはそうしろよ!

てことで、

申し込みがある程度溜まったら診療情報提供書を出してもらうってか、申し込みの段階で作っといてもらえ。

お金懸かるけど。

それを元に医務が確認。

通ったのをケア側が面談に行く。

効率的やん。

よそは全部そうしてたりしてね(笑)

一度は通して落とすなんてヤダよね。

医務が蹴っても断りの連絡するのは私だし…。

ワリに合わね~。

開設準備室には必ず医務側の人間を入れとけ!

よそは全部そうしてたりしてね(爆)

効率悪いのめんどくせーのです。

てことで、ココロ図太くしなやかに♪


ほなね (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【さぶいや~ん】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月3日(月)シャバ@02525

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


フトコロもさぶいが…。

介護の仕事がもっと稼げる仕事にならねーかなー。

そうなるためには介護職員よりいっそうの踏ん張りが必要だぜ。

ご飯、トイレ、お風呂。

その前の寝返り、起き上がり、立ち上がり、移乗のスキルを磨かないと(この逆もね)。

たかがと言うなかれ!

そっからできとらんことが多いねん。

何がいちばん多いって、『移乗すること』だろうよって。

いちばんやる回数が多いことをいちばん磨いておかんとあかん。

起こすときにちゃんと寝返りさせてるか?

身体の生理曲線に従って起き上がりさせてるか?

私たちが普通にするように起こさなあかん。

それがいちばんやりやすいはず。

なのに、『力任せ~』なんだよね。

私は力がないんで、いかに力を使わずに介助するかを考えてきてて、たどり着いたのが、青山幸広さんであり、福辺節子さんであり、下山名月さんだったわけです。

それらの人に教わったのは、

『介助とは力でするものではなく、体重移動と重心ずらし』ということ。

それと、私たちが普通にしている動きをトレースすること。

そりゃ人によっては片マヒや拘縮のある人もいるさー。

でも、動かせるところ、負担にならないところは注意してやればいいんさー。

要するに、他人の身体を動かすことをどううまくするか、なんだよねー。

もちろん声掛けも大事~。

心が動かないのに身体が動きますかって。

心が動けば身体が動く、身体が動けば心が動く。

どっちもありであります。

まずは接する利用者に、

『少なくともこいつは敵ではない』と思ってもらうことが一歩目かなぁ。

こちらがオープンなら相手もオープンになりやすいから。

なかなかうまくいかないこともあるけどね。

それはそれとして。

とにかくもっと介護が稼げる仕事になるように踏ん張っていこうじゃありませんか~♪

ココロ図太くしなやかに♪


ほなね ♪~θ(^0^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【起きれない~】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月2日(日)シャバ@02524

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


理想は毎朝5時半起き。

でも起きれません。

寝るのが遅いから。

なぜ?

家に帰るのが遅いから。

なぜ?

仕事が終わらないから。

なぜ?

やることがありすぎて。

なぜ?

為すべきことを為すべきときにしていなかったから。

なぜ?

知りません!

なのに私が尻拭いさせられてるのです!

私はあくまで介護現場の人間だと思っています。

ケアマネも取ろうかなと思ってはいますが、やりたいとはあまり思いません。

以前からそうでしたが、さすがだなと思えるケアマネが身近にいないから。

それはそれで、私の見る目がないんでしょうけど、今いろんな施設や事業所のケアマネと入居のための仕事をしていますが、デキのいいケアマネとデキの悪いケアマネとの差が激しすぎます~。

これは介護職員も同様ですし、どんな仕事、業界もそうでしょう。

差が激しすぎるのです。

どうしたらいいのでしょうね。

協力的なケアマネならやりやすいんですが、自分の都合ばかりごり押ししてくるケアマネも多いです。

なんだかな~。

きっと合格率が半分に近いくらいのときにケアマネになったんでしょう。

研修制度ができたのも、差が激しすぎるからなんでしょうね。

ケアマネの世界は、自浄作用が働きにくい世界に思われるので、今後もそうなのでしょう。

でも、事業所や施設は自分とこのメンツでもいいですから、デキのいいケアマネを育成してほしいですね。

デキのいいケアマネとはどんなケアマネかという議論は当然ありますが…。

とりあえず、普通に話が通じるケアマネがいいですね。


ほなね ”(ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第1節●vs広島0-1(ヤンマースタジアム長居)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月1日(土)シャバ@02523

<エレンタール>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

140301_125301vs

<スターティングイレブン>
GK 21 キムジンヒョン
DF 4 藤本康太
DF 14 丸橋祐介
DF 17 酒本憲幸
DF 23 山下達也
MF 2 扇原貴宏
MF 5 長谷川アーリアジャスール
MF 6 山口蛍
MF 13 南野拓実
FW 8 柿谷曜一朗
FW 10 フォルラン

<リザーブプレイヤー>
GK 1 武田博行
DF 3 染谷悠太
DF 7 新井場徹
MF 30 ゴイコカチャル
MF 11 楠神順平
FW 9 永井龍
FW 20 杉本健勇


『それぞれのリアクションに任せます』(笑)

負けてんからブーイング以外あらへんやろ!

創設20周年の開幕戦。

タイトル取るといって何年目?

フォルラン選手の初陣、前年覇者の広島を倒したとなれば、どんだけ今日明日のマスコミの取り上げが派手やったか。

計り知れん宣伝効果があったやろう。

それが負けたことで全部お釈迦になってしもた。

ただの1試合を落としたんとちゃう。

そんだけ重い意味のあった試合を落としたってことはちゃんとわきまえとかんとあかん。

惜しかったとか切り替えてとか、そんなん言ってきてなんか変わったか?

強よなったか?

なってへんやろ?

先制点を取られ追い付けず敗戦。

去年の負けパターンとおんなじやん。

点の取られ方も守備の修正がでけへんままバタバタしてる間に取られたやん。

変わってへんやん。

変わらなあかんのちゃうん?

タイトル取るためには。

おんなじこと繰り返しとったら永遠にタイトル取れんよ。

情けない負け方して負けてん。

拍手なんてありえへん。

選手にも失礼。

サポも成長せな。

勝っても負けてもよくやったで強よなるんやったら、とっくに強よなってるやろし、とっくにタイトル取ってるわな。

変わらなあかんねん。

変わらな。

強よなるために、タイトル取るために。

シンプリシオ選手が抜けたんはデカいわ。

真ん中で落ち着かす選手がおらんとキツい。

扇原選手の成長と、山口選手はボランチちゃうくてええんちゃう?

1.5列で使こてほしいわ。


ほなね (¬з¬)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »