« 【今日もさらに激闘!】 | トップページ | 【飲み会】 »

【第10節△vs大宮 1-1(ヤンマースタジアム長居)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年4月29日(火)シャバ02582

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重48.6kg


第1節(H)●vs広島 0-1
第2節(A)○vs徳島 2-0
第3節(H)○vs清水 4-1
第4節(A)○vs鹿島 2-0
第5節(H)△vs新潟 0-0

第6節(A)●vs柏 1-2
第7節(H)△vs吹田 2-2
第8節(A)●vs東京 0-2
第9節(A)△vs神戸 2-2
第10節(H)△vs大宮 1-1


第10節を終えて3勝4分3敗の勝ち点13で11位。

タイトルを取るためには5節ごとに勝ち点10ずつ積み重ねないと届かない。

ということは、勝ち点7足りない。

とくに第2クールはひどいよね。

0勝3分2敗。

勝利がない。

まずはこの事実を抑えときましょう。

で、今日の試合。

前半はわりとスムーズにボールをキープできて、運べて、それなりにチャンスを作っていました。

大宮の守備がずれてたせいもあり、十分先取点を予想させる展開ではありました。

しかし、前半の終わり頃からリズムが作れなくなりました。

後半は打って変わって大宮のやりたい放題。

セレッソは足が止まったせいもあり、先に得点を入れられてしまいます。

そこからはいつもの通りの、切羽詰ってからの夏休みの宿題一夜漬けです。

ここ数年いつも、先制されるとことごとく試合を落としてきています。

先制する力がセレッソにはありません。

だからタイトルを取るためには、先取点をとるサッカーをしなければダメです。

ひっくり返す力、得点力がないのですから。

これはフォルラン選手が加入しても解決できていない問題です。

しかも今シーズンは柿谷選手の裏抜けからの得点がまったくありません。

縦パスがぜんぜん出てこないんですよね。

監督が代わるとこうも変わってしまうのかと思います。

クルピ時代のいいとこをそのままに、さらに上乗せできる監督が必要なのですが、クラブが選ぼうとしたのは名波氏であり、実際に監督に就いたのはポポヴィッチ氏でした。

どーもクラブ側はタイトルというより、話題性や人気に舵を切ったように思います。

フォルラン選手の加入もタイトルを取るというより、話題性なのではないかと。

あとはユース上がりの選手を使って人気をつかもうとしている。

それはそれでいいいんです。

セレッソが社会的にもっと認知されて人気が出て、サポーターが増えて・・・。

でも、強くなりますか?

それでタイトル取れますか?

私はそこがいちばん気になります。

今日のような本調子でない相手に先制され、終了間際にやっと追い付くようなサッカーしかできていないでいいのでしょうか?

いちばんのファンサービスは『勝つこと』です。

プロである限り勝つことが最優先されるはずです。

あー、それなのに、今日も拍手&ブーイング潰し。

勝てなかった選手たちの悔しさにサポーターがついていけてません。

クラブ側とブーイングしないようにと密約が交わされているのではないかと思ったりもします。

まぁ、応援の仕方は人それぞれなので強制はできませんが、アンセムのときのグダグダとかなんとかなりませんかね。

それと『スローセレッソ』。

私は絶対しません。

その理由はまた改めて書くことにします。

とにかく、今日の引き分けでタイトルからさらに離れたことは言うまでもありません。

勝つしかありません。

お洒落プレーはいりません。

泥臭く勝つことしかありません。

優等生プレーはいりません。

本気になってプレーするしかありません。

ポポヴィッチ監督のままでいいのかどうか真剣にクラブは考えた方がいいでしょうね。


ほなね (-ω-)3

|

« 【今日もさらに激闘!】 | トップページ | 【飲み会】 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/59555104

この記事へのトラックバック一覧です: 【第10節△vs大宮 1-1(ヤンマースタジアム長居)】:

« 【今日もさらに激闘!】 | トップページ | 【飲み会】 »