« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

お給料のお話

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月30日(日)

昨日からの雨で夏もあっさり終わってしまいそうですね。

今年の夏は何かありましたか?

出会いとか別れとか。

私はいつものように別れだけで、出会いはありませんでした。

それは別にいいんです。

そういうもんですから。

今日はお給料のお話。

介護業界のお給料は他業種と比べて10万円くらいは低いです。

しかも昇給がある施設はほとんどないでしょう。

あっても100円単位です、おそらく。

だいたい手取りで10万円半ばから20万円まで。

ほとんどがそうじゃないでしょうか。

もちろん夜勤手当込みです。

夜勤手当もないとこもありますし、一回に付き1万円近く(ほんと?)付くところもあるようです。

こういう状況ですから、働き盛りの男性は介護業界から足を洗うことが多いです。

男性の寿退社も冗談でなく本当にあるようです。

相手がよくても相手の親御さんから、

『キミぃ、この給料で将来やっていけるのかね?

娘を幸せにできるのかね?』

なーんて言われてしまうと、ツラいですよね。

てことで、介護業界のお給料は低いのが定番なのですが、原因は介護報酬にあります。

今回の改定でかなりのマイナスが計上されました。

ご存知の通りいちばん施設経営でお金がかかるのは人件費。

ここをいかに削るかが経営の黒字化の肝ともいえます。

だから常勤より非常勤、非常勤よりパートみたいに常勤の比率を下げる傾向にあります。

ボーナスを出さなくていいですからね、それに社会保険掛けなくていいしも。

給料良くない待遇良くない、福利厚生もイケてないとなると誰が介護の仕事をやんねんです。

そこで、ここ数年景気が上向いてきたと同時に介護業界に入ってくる人の『質』が変わってきました。

数年前までは、

『何もわからないけれど、とにかく介護の仕事がやりたい』とか

『介護の仕事に興味があります』という応募者がまだいました。

しかも若い人で。

でもここしばらくは、

『介護の仕事でもするか』とか

『介護の仕事しかないな』という未経験中高年層の応募が格段に増加しました。

もちろん、経験や年齢ですべての能力を推し量ることはできいません。

実際に介護の仕事に携わってみて、その奥深さに気付き自ら学び一流のケアスキルを身に着けていく人もおられます。

けれど前述の『でも・しか介護職』さんたちにはそういう気持ちはほとんどみられません。

一斉介助を行ってそれで『介護の仕事をした』つもりになっているのです。

それもまだ虐待しないだけマシかもしれないという怖ろしい現実。

虐待事例増えましたよね。

逮捕される介護職の多いこと多いこと。

介護職の総数が増えたせいもあると思いますが、多すぎね?

つまりそれだけ『質』が下がってしまっているのです。

『いいケアをしたい』と思っている介護職員が一定数いることは私も知っています。

ただ分散しすぎているんですよね。

施設を運営する側も、私の施設なんか典型的なのですが『いいケアがなんなのか、それすらわかっていない』のですから。

そういう法人には施設開設の許可を与えないでほしいくらいです。

おっと、話が拡散しています。

介護職員の質が下がることによってケアの質が下がっている。

こういう現状が見て取れるような状況では、とても世間の人たちも

『介護業界に勤める人の給料上げたらなあかんわなー』なんて思ってくれないでしょう。

自分の親が、祖父が祖母が入っている施設で職員がタメ口や赤ちゃん言葉で話しかけている。

いくら在宅時代さんざん手を焼いてきたからといって、そういう場面を見せられるのは屈辱以外の何物でもありません。

でも質が落ちた介護職員にはそれがわからない。

お先真っ暗ですね。

『言葉の崩れはケアの崩れ』

逆に言えば

『いいケアはいい言葉遣いから』なのです。

ホテル並みにしろとはいいません。

おかしな敬語もいりません。

ただ第三者見聞きしたときに違和感を感じさせないような言葉使いから心掛けないといけないのは確かです。

介護業界のお給料はたしかに低いです。

でも自らの振る舞いでそうなっている側面があることをもっと介護業界に勤める人たちは自覚すべきです。

もっともそれを『自覚』できる人が入ってくることはほんとに『稀』になってしまいましたが。

というわけで書いてるうちに最初書こうと思っていた内容とぜんぜん違ってしましましたが、またTwitterでつぶやくといたしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ほなね (#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜間の熱発対策

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月21日(土)

先日こういうことがありました。

夜間に熱発して39度近くまで上がり3点クーリングで朝には何とか38度を切っていましたが、疑問なのは、

『なぜ解熱剤を飲ませないのか?』なのです。

もちろん、『どんな原因で熱が出ているかがわからないから、やたらと熱を下げるのは危険』と施設の管理医師は方針を立てています。

本音は『関わりたくない』のが明白なのですが・・・。

それはそれとして、以前に勤めていた特養ではあらかじめ管理医師が解熱剤を処方していて、

(法律的なことはおいといて)

『○○さんは何度以上になったら○○をこれだけ服用。

服用後、2時間おきにバイタル測定して様観しつつ、6時間おいて下がっていなければ再度服用。

さらに様観。

それでもなおかつ熱が下がらなければ救急搬送』という手順がだいたい決まっていました。

6時間開けていればだいたい明け方にもなってきますし、人手も増えますし対応の幅が広がります。

これが『熱が下がらない状態が長時間続く』というのが、とても危険な気がします。

『原因がわからないのにやたらと熱を下げるのはいけない』という管理医師の方針もわかるんですが、

苦しんでる入居者を3点クーリングはしているといえど放置しているわけで、

さらに夜勤中すっと気にしながら業務をしないといけないのはかなりの負担になるのではないかなと。

看護師へのオンコールも非公式ながらありますが、その場におらず、また介護職から正しい状況が伝えられないまま看護師に適切な指示を求めるのは酷というものでしょう。

そこのところは各施設で対応(方針)が違うと思うので一概に『これがいい』とは言えないわけですが、

大切なことは『入居者の苦しみを取る』ことと『職員の負担を減らす』ということなのではないかと。

一刻の猶予もない場合も当然あるので、夜間での特変対応はほんとに難しいですね。


ほなね (+_+)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆が終わって

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月18日(火)

お盆が終わって通勤客が戻ってきた。

ただ夏休みなので観光客はまだまだ多いよん。

電車が混みます。

それは仕方ない。

でも悲しいのは『連休が取れないー』ってこと。

せめて月一回は連休がほしいとこなんだけど、送迎があるから取れない。

何回も書いてるけど、私の場合は送迎プラス薬の確認(仕分け)をしないといけないので余計休めない。

送迎も薬確認も『相談員がやらないといけない』ってことじゃないから、必ずしも。

誰かが楽をするからしわ寄せがくるのである。

送迎に合わせて半日出勤とかもうたいへんで。

10日連続出勤したこともあるし。

それくらいどーってことないさと言われるかもしれないけど、どーってことありますよ。

働きやすい環境にしないと力を十分に発揮できません。

それは相談員ばかりでなく、職員全部に言えること。

それを考えるのは施設を運営する側。

うちの施設の場合、そこが決定的に無責任だから。

手を入れるならそこからですな。


ほなね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち着いてしゃべりましょう

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月15日(土)

介護業界の人と話してて思うのは、

『しゃべりが下手な人が多い!』ということ。

頭の中で文章を組んでから口から出してくれればいいのに、思うことをそのまま出してくるからかなわない。

おまけに『TPO』を弁えた言葉遣いもできない。

これでは家族さんや外部の人としゃべるときにほんとに困る。

きちんと情報を伝えられないと不要なトラブルにもつながる。

これは看護職も同じで、病院やクリニックに勤めてる看護師さんはまだマシだけど、

介護施設に勤めるようになったらとたんに言葉遣いが崩れる。

やっぱ介護も看護も『社会性が身に付いてない』としか言いようがないなー。

言葉って『見えるもの』だから一発です。

『言葉の崩れはケアの崩れ』。

スマホばっか弄ってないでたまには文芸作品も読んでみましょう。


ほなね ( ^^) _旦~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休んだら

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月7日(金)

前回、休めないとブログったら案の定体調を崩してしまい、水木と休むはめに。

幸い送迎はないから業務には最小限の支障しか来たさないだろうと思いきや、出勤すると机の上がメモだらけ。

やっぱ結論は『休めない』んだなー。

連休なんてもってのほかだよね。

殺す気か―!


ほなね ( 一一)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休めない

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年8月3日(火)

ショートステイの送迎がある日は基本休めない。

送迎があるし、うちの施設の場合、『看護師がショートの薬を触らない』からだ。

一包化されていない薬は相談員がジップに入れて日付を割り振った紙を入れて医務室に持って行っています。

そこからは入居者と同じようにやってっくれるんが、仕分けをしないといけないのがね。

おまけに薬が変わっていても『変わりないですー』という家族がほとんど。

そりゃそうだろう。

『あんた、自分の親がどんな薬飲んでるか知ってるか?』

知ってるとしたら、よほど大病をしたことがあるか、医療関係者。

ほとんどの一般ピーポーはそこまで関心がない。

だからといって何もしないわけじゃないですよ。

面談・契約のときに『薬はこういう風に持ってきてほしい』と説明し、やり方を書いた書面を渡しています。

それでもしてこない本人・家族がいる。

それは仕方ないでしょ?

ドクターの処方通りに服用していない利用者も多いし。

アバウトなんですよ、アバウト。

だから、その辺を細かくグチグチと言う看護師は『ショートに向いてない』と思う。

医療看護知識を振り回すだけの看護師は介護職にとっては迷惑この上ない。

医療看護知識が看護師の口から出ると、なんであないに暴力的になるのか?

看護師の口暴力で辛い思いをしている介護職はほんとに多い。

離職率が高い一つの理由でもあると思う。

看護が介護の邪魔をする。

そういう施設を減らしていかなければ。


ほなね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »