« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

手術が近づいてきてる

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年10月30日(金)

現在の状況は小康状態かなぁ。

膿は出ているものの前ほどじゃなくて、もしかしたら切開後の傷がふさがってるからかもしれない。

となると出口を失った膿が溜まる一方なんすけど・・・。

自壊するのを待つしかない?

そうなるとかなりの痛みが発生するじょーーーーー。

私の場合、肛門周囲膿瘍の痛みにロキソニンは効かないから・・・。

28日に抜歯した痛みもあるし・・・。

痛みばっかりですな(笑)

ココロもカラダも痛いわけで。

そりゃ何事に対してもしんどなりますわ。

だからこの際、お尻も歯も徹底的に治しましょう!

お金と時間が掛かるけどすっきりしたカラダになりたいですよ。

ただでさえクローン病という厄介な病気を抱えているのだから。

すっきりして、お酒飲んで、ライブ行って、サッカー行って、映画行って・・・!

そういう『普通のライフ』を過ごしたいのです。

これはクローン病限らず、生活に何らかの制限が懸っている人はみーんな思ってることだと思います。

だから『悩み苦しみ悲しみからの解放と開放』が必要。

そうすることで解放⇒開放⇒快方になるのです。

何事も消化して昇華していくことが大切なのです。

自分の中で。

ココロとカラダに抑制を懸けることなく生きていきたいです。


ほなね (=^・^=)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前回は平成23年8月23日から24日にかけてでした。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年10月29日(木)

タイトルにもあるように、前回の肛門周囲膿瘍は平成23年の8月23日から24日にかけて入院して行いました。

一泊二日の強行突破だったので麻酔科のドクターから消化器外科のドクターにクレームが飛びました。

それはそれとして、何とか手術を終え退院したわけですが、その後がたいへんでした。

たしか私はバカだから退院の翌日に出勤してたような・・・。

ブログを見る限りではわかんないけど、記憶的に・・・。

今回はそういうことのないように、二泊三日で退院翌日もお休みにしました。

カラダがちゃんとしてないとツラいもんね。

四面楚歌を通り越して八面楚歌の日々だもん。

で、昨日は抜歯してきました。

しかも3本!

かなりグラついていたので仕方がないのですが、気管挿管のときに折れたり取れたりして気管内に入り込んで、誤嚥性の肺炎を起こす、だけならまだしも、もっと危険な状態になるかもしれないということで。

ただ心構えができてないのに3本も・・・。

はぁ、相変わらず無茶なクローン病ライフを送っておりますな・・・。


ほなね ( 一一)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発想がねー、やっぱへんやわ

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年10月14日(水)

えーと、ツイッターでは何度もつぶやきましたが、ブログで触れるのは初めてかもしれません。

話題はお給料のこと。

ご存知のように介護職員から生活相談員に異動になり、資格手当はあるものの夜勤手当がなくなりましたので、手取りマイナス3万円となっております。

おまけに自宅から遠くなるはなんやねんと。

さらに施設長の『ドーンと上がるから』という一言に期待した私がバカでしたが、みなさん、『ドーン!』と言われたらどんだけ上がると期待しますか?

私は世間知らずなので『5万円くらいは上がるかも』と期待してしまいました。

でも私にも常識というものがあります。

我に返り『さすがにそれはないだろうなー。

でも3万は・・・、いやー、現実的には2万かなと・・・』。

はい、実際はその半分も上がりませんでした。

私も金の亡者ではありませんから十分ありがたいのですが、『ドーン発言』があったがゆえに、『なんやねん!』というヤサグレモードになってしまいました。

これでもいちばん施設内で上がったそうなので、どんだけ渋ちんやねんと。

だからベテランや中堅どころが辞めていくんです。

今までの経験の評価が『ゼロ査定』ですからね。

新設施設ですから一番最初はみな同じで仕方ないかもしれません。

私はぜんぜん仕方ないと思ってませんが・・・。

でも『一年後の査定ではそれなりの評価をするから』と言われていたから、みなその言葉を信じて仕事をしてきたのです。

それが一番上がった私でさえ上記の結果です。

そりゃ辞めるでしょう。

納得できないのは、介護職員から相談員になって毎月の手取りがマイナス3万。

これはねー、ふざけてるとしか思えない。

これだけを理由に辞めてもぜんぜんおかしくないと思います。

少なくとも夜勤手当がプラスされてる介護職員と同等かそれ以上の手取りでないと。

モチベーションが保てません。

アホらしいです。

通勤時間も長時間かかるようになって。

本当は通勤時間分も給料を出してほしいくらいです。

などなどのような不満を抱えながら仕事をしてきたわけですが、施設長に言っても改善されず、おまけに上役からは『稼働率がこんなんやのになんでお前の給料が上がんねん』と言われる始末。

腹立ちますよねー!

私が希望して生活相談員になったんではないんです。

施設長から、理事長から『頼まれたから』なったんです。

それなりの待遇で遇するのが当たり前じゃないですか!

それもしないで稼働率や空床のことで詰められる。

給料は介護職員より安い。

アホらしすぎ!

ってことをブツブツ不満が溜まるたびに施設長にぶつけていたら、呼び出されました、上役から。

『お前なー、給料のことでごちゃごちゃ言うな』

『でも正直アホらしいです』

・・・喧々諤々・・・

『わかった、それじゃあこういうのはどうや。

お前、朝早く来てるやろ。

その分を早残業ということで毎出勤日にだそうやないか。

あとは毎日遅いことも知ってるから、残業ない日も30分毎日つけろや。

そうしたら毎日1時間分の残業代が付くから、お前の残業代なら3万まではいかへんかもしれんけど、それなりには出るやろ』

(;一_一)

はぁ、そういう問題ちゃうねんけどなー。

でもいつ気が変わるかわからないので、わかりましたと返事をしました。

でもねー、『金じゃないんすよ』、正直。

ぜんぜん大事にされてないって思うんですよ。

そこんとこが最大の原因なんですよ。

それにそれだけもらってもぜんぜん足りませんから。

どんだけ安い給料で仕事してんねんと。

これでもまだプラマイゼロのマイナスなんですから。

稼働率だの空床だの文句ばかり言いやがりますが、

『あと5万』は手取りで上がらないならさよならですね。

これ以上嫌な気持ちを我慢して、わざわざ遠くまで来て仕事したくないですから。

やっぱ30分以内で自転車で通える距離がいい!

時間が何よりも大切なんです、私にとっては。

そういうことです。


ほなね (-_-)zzz


| | コメント (1) | トラックバック (0)

アウトゥオリ体制続投

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年10月13日(火)

今季はJ2のセレッソ大阪。

観戦ブログもぜんぜん書けてない。

観戦自体も行けてない。

仕事の都合で土日休みが極端に減ったからだ。

それでも節目節目の試合は観に行ってたけど、観戦記を書くまでにはいたらず。

しかし、今夜はアウトゥオリ監督が北九州戦のあとに辞意をロッカー室で辞意を表明したということで書かねばと。

ただ結果的には続投だったんだけど。

どーもチーム内がギクシャクしててね。

これはクルピ監督が退任してからずっとそうで、キナ臭いわけです。

昨シーズン最終的にはユース偏重。

今シーズンはブラジル選手優遇。

まー、ブラジル選手優遇は出場契約もあるだろうし、もともとブラジル人監督はブラジル人選手を使いたがるし。

ただ問題はアウトゥオリ監督に『戦術』がないということ。

チーム戦術も個人戦術も。

ブラジルのチームならある程度の選手がそろってるんでスカウティングするだけで成り立ってしまうとこがあるんだけど、日本人選手には事細かく戦術を叩き込まないと機能しない。

だから私は基本的にはブラジル人監督には反対。

ただ欧州経験のあるブラジル人監督なら賛成かな。

やっぱある程度は自動的にゴール前までボールを運べないとダメで、そこからは圧倒的な個人技で決まることがサッカーでは多い。

圧倒的な個人技が日本人選手の場合はないので(釜本氏くらい)、オートマチックに点が取れるように、最後のパーツを入れ込む必要がある。

そこなんですよねー。

続投が決まった・・・というより最初から辞意は表明していなかった(らしい)今回の騒動。

昇格争いに水を差さなければいいなと思うのみ。

私は『残り限りなく全勝に近い負けなし』でなければ昇格はできないと思ってますが。

あきらめないけどね。


ほなね ( 一一)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »