« ゲリピーとお腹張り | トップページ | 第1節vs町田 0-1 〇 »

相変わらずのお腹張り

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成28年2月20日(土)

お腹が張るのはエレンタールのせいのときもあるけど、そうじゃないときもある。

次の理由としては『ストレス』。

これですね。

もともとクローン病患者の方の多くは私を始め『悲観的』な方が多いように思います。

これ、めちゃ偏見なんで怒らないでください(笑)

もちろん、めちゃくちゃ『前向き』、『ポジティブ』な方も多くおられると思いますが、

私の今までお会いしたクローン病患者のみなさんの多くが、『悲観的』とまでは言い過ぎかもですが、

少なくとも『楽天的』な方はあまりいなかったので・・・。

ちゃんとした統計をとれば『ぜんぜんそうではないこと』が判明すると思いますが。

血液型のようにね。

信じてる人も多いですが『血液型による性格の差異』はないです。

統計上はっきりしています。

それにA型O型B型AB型が、ほぼ、4:3:2:1の割合なのは日本人くらいで、

他の国々では割合はバラバラです。

南米のネイティブの方はほぼO型ですし。

血液型で性格が診断できると思い込んでるのは『日本人くらい』なんですよね。

話がそれました(笑)

つまり、何事かがあるとついつい悲観的に考えてしまう⇒ストレスになる⇒再燃開始 みたいな。

もちろん、そうじゃない人も多いと思いますが・・・。

私の場合はそうなので、少なくとももう少し楽観的になりたいなとは思います。

心療内科のドクターによると、

『あなたの頭の状態はバッテリーが切れている状態。

だから充電をする必要がある。

いちばんいいのは職場を辞めてしまうこと』だそうだ。

ほんとにそうだと思います。

もともと介護職員なのに業務命令で相談員に。

施設異動でただでさえ通勤時間が懸るようになったのに、夜勤手当がなくなったお陰もあって

手取りで3万減って、しかもいつまでも満床にならないのはなんでやと詰められる。

何を説明しても『言い訳』とか『他人のせいにしている』と言われる。

2時間も立ちっぱで説教される。

内容も理不尽。

答えられないように言葉を詰めて詰めて詰めてくる。

再び診療科のドクターによると、

『あなたと同じ環境に置かれたら誰もが全員そうなります』と。

その言葉でどんだけホッとしたか。

一時はショートステイの送迎中にマンションの上階に上がったときに、

『ここから飛び降りたら楽になるやろなー』とか、

歩いてる時に『車がぶつかってこないかなー』とか、

電車に飛び込もうまではいかなかったですが、非常に危険な精神状態なことは自分でもわかってましたしね。

だから『心療内科の扉』を叩いたわけです。

叩くのにもだいぶ時間と勇気が要りました。

まだまだ薬の調整中なので、気落ち的なものはすっきりしてはいません。

でも、今すぐ仕事を辞めることはできないので、だましだまし日々を過ごしていくしかありません。

『休職願いの診断書を書きましょうか?』とも言われたんですが、今のとこ保留にしています。

とにかく早く満床にしてケリをつけたい!

それが今のいちばんの気持ちです。

しかーし、ここで大問題が!

もうわかりますよね(笑)

職員が足りなくて入れれないのです。

アホですわ―。

さらに『来月から現場に入りながら相談業務してもらうから』ってねー!

そんなんできるわけないやろ!

『2ヶ月くらいや』と上司は言いやがりますが、今まで介護の現場で上司の言う通りやっていい結果がでたことはほとんどありません。

だって『介護のこと何にも知らない!』から。

付け加えるなら『相談員業務のことも何にも知らない!』

だったら『黙っとけ!』と思うのは私だけ?

ほんとに満床にしたら(職員不足でできないけど)次の手を考えます。

残るにしろ去るにしろ。

残る場合は大幅な給与アップ。

最低5万は手取り増えないとね。

最低ですよ、最低!

10万上げてもらってやっとこさって思ってるんで。

早く心と身体の状態とバランスを調えて憂いなく生きていきたいです。

憂いは『クローン病』だけでたくさんなんで。


ほなね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

|

« ゲリピーとお腹張り | トップページ | 第1節vs町田 0-1 〇 »

クローン病」カテゴリの記事

介護の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/63239643

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずのお腹張り:

« ゲリピーとお腹張り | トップページ | 第1節vs町田 0-1 〇 »