« 病院の日 | トップページ

夜勤夜勤の最初の夜勤の後の話

タイトルが長くて申し訳ない。

手っ取り早く状況を説明するのに最低限必要な情報をということで。

何回か触れたように私の施設(特養)の夜勤はショート夜勤。

なので出勤したらみな寝てるし(一部は寝てないが)起こして帰るというパターン。

ショート夜勤なので夜勤夜勤と続くシフトがあるのです。

一昨日は初日の夜勤。

当然、その日も夜勤なのですぐ帰りたいところ。

それがクローン病のお薬の『ゼンタコート』はまだ新薬なので2週間しか処方されない。

5月初めの受診の時に消化器内科ドクターが『じゃあ2週間後、ゼンタコート取りに来てください』と予約をいれちまったんだょー。

だから夜勤後に病院に行ったんだけど、ほぼ朝イチ(受付番号310)にも関わらずなかなか呼ばれない。

まー、予約は10時半からだからと夜勤明けなこともあってうたた寝しながら待ってたわけだけど、12時を越えても呼ばれない!

おまけに順番待ちの電光掲示板の表示が消えて、私を診るはずの診察室が終了してる?

てことでさすがに気の長い私(嘘)も診察室のドアをトントンと叩きました。

すぐ看護師さんが出てきてくれて事情を説明すると、これまたすぐ研修医さんが出てきてくれて『すみません、すぐ処方いたします』ってことで無事処方箋をゲットしたわけだけどすでに12時半。

おいおい、今夜も夜勤なんだぜ!

薬局によって結局帰宅ったのが15時。

必死で寝たわけだけど、この日に限って19時半に予定が。

ほんま、『殺す気かー!』である。

でも『すべてを捌き切る』のが信条の私。

捌ききったぜー!

てことで2日目の夜勤に突入したわけだけど、それはまた別の物語。


ほなね ( ´Д`)ノ~バイバイ

|

« 病院の日 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23694/65335343

この記事へのトラックバック一覧です: 夜勤夜勤の最初の夜勤の後の話:

« 病院の日 | トップページ