観戦記

徒然に

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成28年5月21日(土)

えーとですね、最近ぜんぜんセレッソについて触れられていませんが、『観に行く時間がない!』というのが正解です。

仕事を二足のわらじ(介護現場と相談員)でやっているので、ガチの介護シフトに組み込まれてしまっててにっちもさっちっもいかないのです。

それでも何とか行ってきました、第13節vs山口戦。

ホーム戦なので絶対勝たないといけない試合です。

言い方は悪いですが相手はJ3上がり。

負けるなんてあってはならないことなのです。

しかし結果は2-4での敗戦。

前半に1点先取されたときから嫌な予感がしました。

何度も書いてるようにセレッソというチームは『攻撃的』と言われながらも決して『得点力の高いチーム』ではありません。

例外は『香川・乾コンビ』が在籍した2009年シーズンくらいのものなのです。

だからまず『得点を取るサッカー』としてほしいというか、しないと天下は取れない。

そう思うわけです。

あー、それなのに、前半のうちに追いついて逆転したまではよかった。

普通はここで『3点目』と取りにいかないといけないのです。

でも、3点目は生まれませんでした。

チーム戦術もなければ個人戦術もないからです。

クルピ監督が去ってからずっとそうです。

戦術をしっかり構築しないといつまでたってもJ2のままです。

それでもいい人はいいんでしょうが、私は『嫌です!』。

負けないサッカーより勝つサッカーを目指してほしい。

そのためには『どんな試合でも3点取るサッカー』としないといけません。

さらに『いい攻撃はいい守備から』を徹底しなければ。

勝手ながら私は今季6位以内から一度でも落ちるようなことがあれば昇格はできないと考えています。

もし今季昇格を逃せば草刈り場になるのは目に見えています。

絶対そうなります。

気持ちで残ってくれてた選手も絶対出て行ってしまいます。

それを防ぐには・・・『勝つこと!』。

それ以外ないのです。

『引き分け=勝ち点2を失った』。

そのように考えるセレサポが増えてくれるのを望みます。


仕事は相変わらず忙しいです。

一つの身体で二つ分の仕事をしているわけですから。

最近、起きれなくなってきました。

ヤバいです。

でも『やり切る・押し切る・捌き切る』しかないんです。

やるしかないからやるしかない。

周りの理不尽な圧力は強まる一方ですが、攻撃するしかありませんね。

ココロのエネルギーを復活させて攻撃あるのみです。


クローン病も小康状態です。

今月末に受診があるのでとくにお尻はしっかり診てもらおうと思います。

切開しないといけないかも・・・。

そうなったらそうなったで乗り越えてやるまでです。

『やり切る・押し切る・捌き切る!』

やるしかないからやるしかない。

これですね。


ほなね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1節vs町田 0-1 〇

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成28年2月28日(日)

仕事で観に行けてませんが観戦記(笑)

こういうときはtwiterのフォロワーさんたちの実況が頼りです。

GK21キム ジンヒョン
DF 3茂庭 照幸
DF14丸橋 祐介
DF15松田 陸
DF23山下 達也
MF 6ソウザ
MF24山村 和也
FW10ブルーノ メネゲウ
FW 8柿谷 曜一朗
FW 9杉本 健勇
FW11リカルド サントス

控え
GK27丹野 研太
DF 5田中 裕介
DF22中澤 聡太
MF 2扇原 貴宏
MF 7関口 訓充
MF31橋本 英郎
FW20玉田 圭司

試合の流れはあまりよくなく、前半で得点を入れることができなかっただけでなく、町田にかなり押されてた?

大熊監督になってボールを追い掛けるのはまずまずになったようですが、『プレスとしては機能していない』というツイが大多数でした。

やはり、クルピ監督後、監督がくるくる代わったことによる戦術の徹底がなされていなようです。

ポポヴィッチ監督⇒ペッツァイオリ監督⇒大熊裕司監督⇒アウトゥオリ監督⇒大熊清監督と多くの監督が就任しましたが戦術はバラバラ。

むしろ戦術があるのかないのかわからない監督までいました。

だから私は今季の監督もできれば大熊清監督ではなくきちんとチーム戦術と個人戦術を叩き込める監督を求めていましたが、適材がいなかったのか、オファーはしたもののケラれたのかその辺はわかりません。

柿谷選手のように個人技のある選手はいますが、それだけで勝ち抜けるほどJ2は甘くないのは昨年嫌というほど身に染みているはず。

もし、今季J1に昇格できないようなことがあれば、確実に草刈り場となり、数年は昇格不能な状態になるのはわかりきっています。

そこで、今日の開幕戦は今季を占う上で最重要な試合だったわけです。

結果は勝ちました。

でもそれだけの内容だったようです。

実際に観れてない私が論じてはいけないのですが、数年来の得点力不足は手付かずのままで、今日の試合もコーナーキックからのヘッドでした。

私が常々言っているのは『セレッソは得点力が低い』ということです。

なぜか?

それは明白です。

『チーム戦術と個人施術がない』からです。

個人技はあるかもしれません。

でも『試合で活かせない個人技』なんて技術ではありません。

ただの『球蹴り遊び』です。

今季の目標は『J2優勝&J1昇格!』。

それ以外にありません。

大熊清監督の能力を疑うわけではありませんが、それはあくまで『チームを結束させる能力』に長けているだけで、サッカーとしての『チーム戦術&個人戦術』を浸透させられる監督ではないと考えています。

実際、今の日本人監督で『チーム戦術と個人戦術』をきちんと浸透させられる監督が何人いるかはわかりませんが、おそらくそんなに数はいないです。

いるならもっと日本人監督がサッカー先進国へ進出しているはずだからです。

つまり『日本人監督に頼っているだけでは日本から世界へは羽ばたけない』ということです。

ただここで指摘しておかないといけないのは、『日本でのみの指導歴しかない日本人監督』という意味です。

近年は海外のリーグで『監督ライセンス』を取得している日本人監督も垣間見られるようになりました。

世界で通じる一流の監督が取れないのなら、せめてそういう『海外でサッカーを学び、実際にチームをマネジメントしている日本人監督』を招聘してもらいたいものです。

問題はそういう方々が『Jリーグの、しかもJ2のセレッソの監督』を引き受けてくれるかは別ですが・・・。

ともあれ今季は大熊清監督体制でスタートしました。

よほどのことがない限り、監督の変更はないはずです。

もしあるなら『超一流の監督』を招聘できたときだけでしょう。

残念ながら今日の試合は『勝っただけ』の試合内容だったようです。

よく『内容はどうでもいいから勝てばよい』といいますが、本当はそんなことはめったになくて、サッカーというものは『ある程度の内容がなければ『勝てない』ものなのです。

とりあえず今日は勝てました。

次節からの試合でどれだけ連携を高めていけるかが勝利のカギになるでしょう。

おそらく『チーム戦術&個人戦術』はないものと同然だと思うからです。

『連携の熟練と熟成』。

今季のセレッソはこれに賭けるしかありません。


ほなね (ーー゛)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第29節○vs徳島 3-1(キンチョウスタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年10月22日(水)シャバ02760

勝ったけど内容はないですね。


ほなね (TωT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第28節●vs鳥栖 1-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年10月18日(土)シャバ02756

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

アディショナルタイムに失点で敗戦。

引き分けならいいやって思ってた選手たちが多過ぎたんちゃうかい!

もっと根性見せんとあかんわ。

頼むわ、ほんまに。


ほなね (-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第27節●vs清水 3-0(HUB心斎橋店)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年10月4日(土)シャバ02742

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

所要後駆け込みました。

後半開始には間に合いました。

シュート数で思きし負けてます。

イヤな予感満載でした。

案の定、ミスを連発して情けない敗戦。

全員丸刈りレベルです。

勝たないといけない試合に勝てない。

これはプロの姿勢ではありません。

浦和戦の勝ち点3がチャラになってしまいました。

情けないことこの上ないです。

内容が悪すぎます。

何度も書きましたが、セレッソはクルピ時代から決して得点力のあるチームではありません。

今必要なのは得点の匂いのするチーム戦術の確立です。

チャラいプレーはいりません。

ゴールラインまでボールを運んでマイナスのクロスを上げる。

そのことだけに専念してほしいです。

それが一番得点が入りやすいパターンなんだから。

古臭いけどそれを磨くしかないと思います。

なんとしても残留しなければ。

数年後にチーム消滅もありうります!

絶対ヤダ!


ほなね (´×ω×`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第26節○vs浦和 1-0(ヤンマースタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年9月27日(土)シャバ02735

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

首位の浦和に挑むセレッソ。

正直、引き分けなら御の字と思ってました。

でも最小得点での勝利!

メチャクチャアディショナルタイムが長かったけど、勝つことができてよかったです。

この調子で連戦連勝といきたいです!


ほなね ( ゜∀゜)o彡°

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第25節●vs名古屋 1-2(ヤンマースタジアム)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年9月23日(火)シャバ02731

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

先制されオウンゴールで離され前半のうちに0-2。

今のセレッソにはこれを撥ね返せる力はありません。

攻めが単純で直線的すぎるんですね。

部分部分のテクニックはあってもサッカーが下手なんです。

ここんとこを改善しないといつまでもこのままでしょう。

ユースからの根本的な立て直しが必要です。


ほなね (TωT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第24節●vs隣 2-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年9月20日(土)シャバ02728

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

ほんとに悔しい。

でもチームとしての完成度が違いすぎるので結果としては順当だろう。

悔しいけど。

サッカーで勝ち続けるためには継続性が大事。

セレッソとしてのチームのスタイルを確立して徹底的に磨く。

何年もかけて。

監督ごとに戦術が変わるようではダメ。

セレッソらしい戦術を確立しよう。


堅守速攻。

2列目からの飛び出し。

サイド攻撃の活用。

サイドチェンジの多様。

観ていて楽しいサッカー、見応えあるサッカーをしてほしい。

タイトルを取るためにはまだまだいくつもの山を越えないといけない。

悔しさを100倍返しできるようこれからもファイト!


ほなね (/・ 3・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第23節○vs柏 2-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年9月13日(土)シャバ02721

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

大熊新体制になってのリーグ初戦。

いつものように仕事後駆け付け。

前半終了間際に杉本選手がヘッドで。

後半16分に永井選手が美しいターンで追加点。

2-0で勝利です。

まだまだ危なっかしいとこがありまくりですが、ノビノビとやれてるみたいです。

次はお隣との試合。

絶対勝たなあきません!


ほなね ( ゚3゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【天皇杯第4回戦○vs磐田 2-0】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年9月10日(水)シャバ02718

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

仕事後、HUBさんにて観戦。

ガラガラでして・・・。

平日だし・・・。

でもゆっくり観れてよかったです。

大熊監督の初試合。

うまくはまればいいんだけど。

絶対残留を命題とした監督交代だったもんな。

フロントの責任ははっきりさせにゃ。


ほなね (*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧