研修

【研修】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年7月16日(水)シャバ@02661

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重48.9kg


久ぶりの研修ー、もちろん自腹です。

施設を通すとめんどくさいし、向上心のない職員に還元すんのは無駄無駄無駄無駄だからさ。

今日のお話は概論てとこで本番は9月ですか。

行ってみてもいいかなぁ。

その後、昆布の土居さんで10倍出汁をゲット。

そして、またまた久ぶりにHUB心斎橋店さんに行ってきました。

キューバリブレと枝豆で軽く仕上げて、ちょっとウロウロして帰宅です。

さて明日は2連休後の大嵐にさらされることでしょう。

クワバラクワバラ。


ほなね (*゚∀゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【運動器の10年・骨と関節の日(ゆやホール)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年10月12日(土)シャバ@02383

<エレンタール>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

131012_132501

大阪臨床整形外科医会主催の『運動器の10年・骨と関節の日』研修に行ってきました。

ロコモの研修会ですね。

ロコモ(ロコモティブシンドローム)=運動器症候群とは、

『骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。運動器の障害のために、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドロームです』

ということで、プレ要介護状態(含む要支援)ってことなんでしょうか。

1.片脚立ちで靴下がはけない
2.家のなかでつまずいたり滑ったりする
3.階段を上るのに手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分くらい続けて歩けない
6.2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
7.家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である

以上の7つの項目の1つでも当てはまれば、ロコモである心配があるので、ロコモーショントレーニングが必要になります。

第一部は『見とこ・知っとこロコモ、骨折・腰痛・膝痛・肩痛の予防のために』で、講演者は佐藤整形外科クリニック院長の佐藤糖哲也ドクター。

ナイスミドル風のドクターで、わかりやすくロコモのことを講演されてました。

ちなみになぜ10月8日が骨と関節の日なのかというと、骨のほをカタカナのホにすると十と八になるからということでした。

マメ知識。

第二部は『姿勢美と筋力メンテナンス』がタイトルで、メンテナンスストレッチアソシエーション代表の城戸逸代さんの講演です。

生徒さんたちが一緒に上がってストレッチしながらの講演でした。

城戸さんはとても姿勢が良くて、イメージはバレリーナとか宝塚の人って感じです。

姿勢を保つための効果的なストレッチ、それもムリのないストレッチのやり方を教えてくださいました。

城戸さん本人はかつて胃ガンをされて、胃を1/3取ってられるそうです。

それでも元気一杯。

生徒さんたちも最高74歳の方でしたが若々しくてカラダも軟らかいー。

でも最初からそうだったわけではなくて、毎日少しずつ取り組むなかで軟らかくなっていったと。

私も柔かくなるかなぁ。

頸椎ヘルニア再発中やけど。

まー、カラダが動くに越したことはないし、カラダのメンテナンスには全国民上げての取り組みが必要ですね。

ダラダラその日暮らしをして、老いてボケるか、前向きな気持ちで暮らして生き生きと生きるか。

決めるのは一人ひとりですね。


ほなね m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ムリしてます?】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月15日(土)シャバ@02268

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

さて研修も終わり日常です。

休ませろーと思います(笑)

だって

4日夜勤
5日明け
6日内視鏡
7日受診
8日夜勤
9日明け
10~14日研修
15日日勤

でしょう。

結構何もない休みってないですやん!

おまけに整形受診に行ったら、

『頸椎椎間板ヘルニア』というありがたい診断名を授かりましたー!

これは6月頭くらいから首が痛くて、左肩甲骨の奧が痛かったのですが、寝違えと思ってたら痛みがなくなりませんし、整形にいったら上記の診断名を授かった次第で。

ムリしてますやん(笑)

ということでしばらく大人しくって明日はケツメイシの神戸ライヴやん。

大人しくしてられへんわー!

リフレッシュ!

とにかくリフレッシュしましょー!


ほなね ( ̄ω ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユニットリーダー実地研修5日目】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月14日(金)シャバ@02267

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

いよいよ最終日。

ようやく長かった研修も終了です。

最終日も『早』です。

昨日と同じように研修ユニットに向かいます。

そこで昨日の介護長の、『他のユニットも覗いてみて』とのことなので覗いてみました。

フロアに4つのユニットがありますが、私のとこは照明も消してて、朝イチのリビング状態。

他ユニットも起きて新聞読んでる人がいるとこは照明つけてますが、ユニット玄関を閉めて静かです。

希望時間まで起こさない、起きるまで寝てもらうが徹底されています。

昨日に引き続き2時間ほど懸けて朝ごはんをバラバラでやってます。

これができたらなーと思います。

朝は戦争ですからね。

1人で9人見てますが、私のとこは2人で22人ですから、やれないこともない?

あとは食介者の人数で決まるかなと。

それと食事後のトイレ誘導はしてなくて、食事前に行ってもらってるようです。

パットの交換も食事前に。

決まった時間ではなく、そろそろかなって感じでしてるみたいです。

理想は『食事前、食事後』ですが、食事後より食事前の方が食事後バタバタしないですよね。

まー、一斉にトイレ誘導&パット交換する方がおかしいのですが。

昼食もバラバラです。

熱発者や眠くて起きれなかった入居者への対策はその時点でナースさんに連絡してます。

入浴も各フロアに浴室が2つあるので、9人×週2回÷6日で、1ユニット1日辺り3人入ったらいいわけです。

もちろん他ユニットとの兼ね合いがありますが、その辺は横の連携でうまくやってるようです。

それと1ユニットの所属が5~7名なので5人としても12ユニットですから60人の職員がいる!

おんなじ100床でも違うなー。

ユニットは2対1。

従来型は3対1。

手厚さが違います。

ほんとはその辺のとこも何とかせんとあかんです。

PTさんもいれば、ボランティアさんもたくさんくるし。

山の手という環境もあるんでしょうね。

私の施設は下町ですし、新施設も下町です。

ハイソな人はほとんどいませんです(笑)

でも違うのは仕方ないので、どうやっていくかが大切なわけで。

午後からは記録を書いてフリータイム。

気になるとこや記録写真とかを撮りました。

最後に施設長、受け入れ担当、各ユニットのリーダーたちと振り返りの時間です。

それが終わったらお世話になったユニットに挨拶に行って終了~。

長かった5日間でした。

実はこの研修は自分で望んだものではなく、知らぬ間に名前が上がってて、すでに申し込まれてて、申し込みが通ったその段階で初めて聞いたもので、最初は『なんやねん!』と思ってましたが、こんなにガッツリ他の施設に入ったのは初めてですし、徹して個別ケアをしているところに『修行に行きてー!』なんて思ってたので、思わぬ形ではありますが願いが叶ったかなと。

具体的に介助に入れたら、もっとよかったんですが、それはまたそれということで。

ということで、今回の研修で、見て感じて考えたことを今の施設で何か形にできるかなぁと思います。

まずはイライラしないまったりケアを目指したいですね。


ほなね (≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユニットリーダー実地研修4日目】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月13日(木)シャバ@02266

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

さー4日目です。

いよいよ恐怖の『早』日です。

疲れのピークなのですが根性で早起きです。

事前に時刻表を見て確認してたんで、スムーズに到着。

けど眠いー!

どうしましょー状態です。

研修ユニットに行くと一人だけ起きてゼリーを食べてるほかはみな寝てます。

自分の施設のおんなじ時間では全員フロアに集合して配茶中です。

早い人は2時間も食事まで待ってます。

当然早く起こされるのでウトウトしてます。

一斉に食事ですから一斉に起こしてるわけです。

けど、ここでは『起きるまで寝てもらう』が徹底されていて、2時間の間に食べてもらえばいいさーってことなのです。

介護長曰く、『しっかり寝てもらうから問題行動が減る』とのこと。

高齢者は毎日が日曜状態。

生活のメリハリは必要だけどそんなにキチキチする必要はないですよね。

もちろん自分で早起きする人はそれでいいし。

起きたい時間に起きることが一日のスタートをスムーズにさせるってことで。

結局2時間ほどかけて朝食終了。

この日の職員さんは明け一人でやってました。

ユニットは9人です。

日勤さんがきたら申し送りをして退勤ー。

お疲れさまでした。

さて、この日は運営計画書の面談がありました。

この研修では何でか全部が一番で、何でかなーと思ったら、番号順なのですね。

30分ほど相談員さんと運営計画書をめぐってあれこれと。

ほとんど例文の丸写しに近い状態なのですが、『細かく計画されてるんで、実行するだけですね』とのこと。

そう言っていただけてありがたいやら何やらで。

別の施設に行ってる主任や、新施設の施設長などとすり合わせ&打ち合わせが必要です。

オープンまでにどうするのかなーと思います。

私もハッキリとした辞令をもらってるわけではないですから、表立って動くわけにもいかないですし(笑)

てことで、夕方まで眠気と戦いながら乗り切りました。

あと1日!

p(^-^)qです。


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユニットリーダー実地研修3日目】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月12日(水)シャバ@02265

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

えー、悲しい出来事がありました。

昨日の帰り、駅に置いてた私の自転車が撤去されちまってました!

朝イチの時間帯じゃなかったんで、大丈夫とタカをくくってました(>д<)

駅について、自転車を置いてた場所について呆然。

白い張り紙とともに私の自転車は影も形もありません。

この絶望感&落胆感…。

傘を盗られたかのようなこの気持ち。

撤去する側の方は一度でも思いを馳せたことがおありなのでしょうか?

そりゃ、禁止区域に置いてた私がいけないです。

でもねー、大目に見ろとは言いませんが、駅周辺の駐輪所を整備する方が先じゃないでしょうか?

もちろん一等地に建ってるパチンコ屋をどかして(笑)

ということで、悲しい気持ちのまま研修3日目。

自転車なら15分のところを30分懸けて行って、さらに乗り換えて実地施設へ。

今日は日勤帯です。

9時からなのですが、まだのんびりと食べてる人がいます。

どうしても自施設と比べてしまうわけですが、9時といわず、8時20分には終わっとかないと、トイレ誘導が終わらないわけです。

そこが違う!

しかも、9時過ぎに起こして食べる人もいる!

徹底してるなー。

そうでないとね。

で、午前中は見学(というかこれが基本)。

ただ今日は施設内案内と、フリータイムがあって、気になるユニットをいくつでも訪問していいのです。

頑張って全部回りましたよー!

その代わり最後らへんは駆け足で、メモも怪しい(笑)

で思ったのは、やっぱユニットによって雰囲気が違う。

基本の間取りは2タイプで、L字型で居室もL型になってる間取りと、四角型で居室は各々が向かい合ってる間取りです。

私は四角向かい合わせタイプなのですが、L字L字タイプと設えが違います。

これは当たり前で、テーブル、ソファ、テレビ、パーティション等の配置が違います。

キッチンは同じ配置なんですけどね。

それに入居者も違うので、雰囲気が違うのが当たり前ですよね。

あとは職員のセンスかなぁ。

どこもかしこもおんなじようになってんじゃないのって思ってましたがいい意味で裏切られました。

もうちょっと自分に想像力がほしいところです。

最後はいつものように記録を書いて修了。

だんだん『気付き・感想・疑問に思ったこと』の内容が薄くなってきてしまってます(笑)

ともあれあと2日。

首の痛みはありますし、自転車のサルベージもしたいですし、研修翌日は出勤だし前途多難ですが、何とか乗り切りましょう!


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユニットリーダー実地研修2日目】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月11日(火)シャバ@02264

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

台風の接近がささやかれるなか2日目。

途中止まりの電車に乗ってしまったんで思いもかけぬ足止め。

実習先に着いたらギリギリだったわさ。

で、昨日と同じユニットで見学開始。

昼食見学なんだけど、昨日と違ってユニットのリビングで入居者さんたちと食べるんで、ふだん他人と一緒にご飯を食べない私は緊張ー。

昼ごはんはエレンだから。

お腹の調子もみていかないといけないので、余計に気を使うのです。

ふだんと違うことをすると疲れますね。

おまけに実は左肩甲骨の奧が痛くて、もう10日くらいになります。

最初は寝違えたか筋をたがえたかと思ってましたが、ここまで痛みが長引くとなるとそうではないようです。

ネットで調べてみると意外と同じ痛みで悩んでる人たちがいて、おそらく首の骨がずれてるのではないかと。

整形外科に行くべきですね。

研修中なんで目処がたったらいきましょう。

もっともそれまでに痛みが引いてくれればいいのですが。

下を向いても、左を向いても痛いですから。

まだ研修中で助かったかな。

整形にいってもすぐさま治るわけではないですが、痛み止めをもらえる場合もあるみたいなので、一度行きましょう。

さて、昼食を一緒に取り、職員さんの動きをひたすら見学。

手持ち無沙汰になるのでメモなど取りながら。

お馴染みの時系列メモね。

13:00 ○○cw、△△さんをトイレへ

とかです。

あとはユニットの見取図とか、入居者さんの名前とADLの観察とか。

うちの施設ではこの人に似てるor近いというのをたとえていれば、あとで説明しやすいかなと。

ところで、静かです。

テレビ音小さめ、NC消音ですから。

テレビは苦情がきそうですが、がっつり観たいならお部屋にもありますし、NC消音は静かな雰囲気を保つためみたいです。

鳴るとうるさいしイライラしますよね。

ユニフォームを着ていないのは最初からで、『家ではユニフォームは着ないでしょ』だからだそうです。

その代わり1人辺り年5000円の被服日を計上してるそうです。

9名の入居者を、早、日、遅の3人で見てるのでゆったりしてますね。

入浴も曜日入浴ではなく、週2回を守るのならいつ入ってもいいようで、これは各階に浴室があるからできるのかな。

入浴時間も決まってません。

一応朝何時からはあると思いますが、夕方もボイラーは一応17時オフだそうですが、連絡すればつけとくと。

遅め入浴をさせに家族が来られてるときもあるとのこと。

やっぱ人手と時間だよ。

それがないと介護は厳しいさ。

あと3日。

すでにお腹いっぱい感が満タンなんですが、乗り切りましょう( ̄ω ̄)


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ユニットリーダー実地研修1日目】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成25年6月10日(月)シャバ@02263

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口3(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

始まってしまいました。

この日までに座学最終日のレポートと、施設運営計画書を書き上げておかねばならないのです。

しかも施設長と上司のコメント付きで。

さらに私の場合は施設が従来型なので、すべての項目について書かなくてはなりません。

でも、施設がなくユニットケアではないので、例文に毛が生えたくらいにしかできません。

実地研修中に運営計画書についての30分の個別面談があるのですが、果たしてどうなるとこやら…。

それは置いといて、初日なので集合30分前に到着です。

一緒に研修する5名の中で、いちばん研修施設に近いのでこれは当然のエチケットでしょう(笑)

玄関入って挨拶して、上履きに履き替えて控え室に通されます。

ロッカーのカギをもらってしばし待ちます。

研修生が揃って、時間がきたら施設長室でまずはオリエンテーション。

施設長からあれこれ一人ずつ質問されながら進みます。

それが終わったら5日間のスケジュールを受け入れ担当者さんから説明を受け、各ユニットへ。

おっとその前に昼食でした。

ふだん昼食はエレンなので、リスクが高いのですが、仕方ないですね。

念のためイリボー飲んでいます。

ご飯、お魚とニンジンの煮付け、白菜のお浸し、おすましです。

ちなみに朝食200円、昼食320円、夕食も320円です。

ちなみに入居者さんと食べるので落ち着かないと思います。

食事時間も休憩時間に含まれるので、がっつり1時間休めないのはキツいですよね。

介護職員の待遇改善は望むべくもないのだろうか…。

その後はひたすらイスに座って見学です。

たまに入居者さんとお話しすることもありますが、基本は見学。

これって結構ツラいです。

でもそれがこの研修の目的なので仕方ないです。

将来的に変更されることもあるのでしょうか?

夕方は施設長交えての振り返り。

いろんな疑問に施設長直々に答えてもらえます。

なかなか訊けないこともあるんですけどね。

たとえば?

『職員の人数が多いんで何とかなってるんじゃないですか?』なんてね。

2対1でしょ。

これは従来型に比べてもかなり有利です。

でもまー、今のとこは法律的にそうなってしまってるんで、仕方ないです。

振り返りが終わったら再びユニットに戻って見学再開。

時間がきたらレポートを書いて提出です。

基本的にこの流れが5日間続きます。

何とか乗り切らねば!


ほなね (>д<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【オムツ外し学会2012西日本(エビスビルのAAホール本館)】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成24年12月9日(日)シャバ@02111

<エレン>
◆鼻注0(1/400ml)
◆経口2(1/300ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

いろいろある中での参加。

約500人の参加者が第1~第3会場に分かれて参加してる。

今日の私は第2会場一択で。

まずは西川勝さんの心に残るお話。

つぎに鷲田清一教授の哲学的なお話。

徳永進医師による爆笑話。

最後は鷲田教授と徳永医師による爆笑対談(漫才)。

介護の研修というとマジメくさったジメーッとしたものが多いという印象がありますが、このオムツ外し学会はそんなことありませんね。

何度参加しても面白いです。

来年もいろんなとこで開催されるよう。

日程が合えばムリしない程度で参加しましょかね。


ほなね (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【高口光子さんの研修】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成24年7月23日(日)シャバ@01974

<エレン>
◆鼻注0(1/366ml)
◆経口2(1/500ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


今回はリスクマネジメントについて。

百戦錬磨の高口さんから語られる様々なケースは、リアリティがあって(だって実際あったことだもんね)すごく参考になる、と同時に自分の施設がいかに立ち遅れてるか愕然&呆然となる。

事故があって警察が来て徹底的に調べて、調べたおす理由は、

『こんだけ調べても100件に2、3件、何年かたってから「あのときの事件を調べ直してください」という訴えがあるんです。そのときに、あのときここまで調べて事件性は微塵もありませんでしたと言い切るためにこんだけ調べるんです。ご理解ください』なーんて下りは警官もプロやのうと思う。

こういう警官ばかりなら安心なんだが。

今回の研修内容は、以前受けた初級のリーダー研修と被る内容が多いけど、だからこそ改めて学ぶという気持ちになれる。

今の施設の状況は、最悪に最悪を重ねてるから、だからこそなのよね。

戻るけど、最初は拘束の話。

言葉による拘束もあるのよねー。

『座っといてー』とかね。

これを『スピーチロック』という。

だからこういう言葉を介護職員が発さなくてもいいようにしないといけない。

他人をケアするためには自分のケアも大事。

不安なこと、心配なこと、不平不満愚痴文句をストレートにそのまま言い合え、受け入れられるようなチームを作らないといけないね。

ほんまにそう思う。

誰のために?

自分のために、ジジババのために。


ほなね (^○^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)