ドラマ

“仁…最終回”

平成23年6月27日(月)@シャバ01581

●鼻注4(1/250)
●経口3(1/300)
●体重?kg

夢オチじゃなかった。

パラレルワールドってことで。

原作とは違うエンディングだって。

でもうまいことまとまってたって。

主人公に関与した人間が記憶をなくす中、一人だけおぼろげに憶えてて手紙を残していたってとこかな。

わずかまだ150年ほど前やもんね。

そっからしたら遥かに文明は進んだけど精神は果てしなく退化したよなー、特に日本は。

そういうことを思ってしまうのは私が年をとったからだろうなー。

けど今が大事だから。


ほな! m(_ _)m


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“一気観…無印医龍”

2010.12.18.sat@シャバ01410

●鼻注0(1/275-135ml/h)

●経口0(1/300)
●体重?kg

休みだったんで、昼から無印医龍を一気観してしまった。

のぐたんのキャラが違いすぎる(笑)

それはさておき、無印は加藤助教授の野望と伊集院の成長物語がメインだったんだなと改めて思った。

チーム員を集めていく課程がいい。

朝田と深い絆で結ばれてるいるミキ。

激しい対立から信頼へと変わる藤吉。

少しづつボクちゃんから成長する伊集院。

消せない過去を飲み込んで今を生きる荒瀬。

そして、加藤の野望から理想への回帰。

霧島の改心。

一人ひとりが丁寧に描かれてる。

去っていく朝田をさわやかに見送って無印の幕は下りていきます。

うーん、ときどき見返さないとね。


ほな! (^^)/


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“医龍3(最終話)”

2010.12.16.thu@シャバ01468

●鼻注0(1/250-155ml/h)
●経口0(1/300)
●体重?kg


聞くところによると、一話削られたってことで、詰め込みが目立ってしまいました。

ロシア人ピアニスト、いっけいの奥さんに加え、お約束の突然の容体悪化のいっけいの娘さん。

同時に3つのオペを並行してやるはめに。

北洋の二人も取ってつけた感が大きくて。

もう少しストーリーが練り込まれてたら…。

けど、オペの緊張感は見応えあった。

残念なのは黒木が死んだこと。

仕方ないんだけどね。

そういう設定だったんだし。

ど真ん中のストーリーがブレずにあれば…。

のぐたんの失脚もお約束だったけど。

ちょっと消化不良感あったけど面白かったし、続編に期待しましょう。

続編…あるよね?

きっと?

あってほしいなー。


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“医龍3(9)”

2010.12.9.thu@シャバ01461

●鼻注0(1/300-135ml/h)
●経口0(1/300)
●体重?kg


体調が崩れていく黒木。

ついにオペ中に致命的なミスを冒してしまう。

そこに現れるチームドラゴン。

まさかのコラボで患者を救うのだった…。

その陰では野口の復権、鬼頭の失脚。

助っ人も登場し、最終回に向けて、ますます盛り上がります。

ちょっとはしょり過ぎか(爆)

最終回に向けておもきしテンション上がってきたなー。

まー、予想の範囲内といえど。

サブキャラの深堀もあった方がいいんだけど、サラリとしてる方がストーリーがすんなり進むからいいかな。

一人ひとりのエピソードを描くなら、もう少し長いスパンか、3の最初っから仕込んどかないとね。

結構2がそういう展開だったから。

あっ1もか。

チームを0から作るのか1から作るのかの違いかな。

3以降の医龍がどうなるかわからんけど(原作は一切読んでないんで)、レギュラーを出し入れしていくか、まったく違うメンバーにするか、1から作るか。

1はイチから、2はゼロから、3は再結集って感じ(あくまで私基準)。

レギュラーを出し入れしていくのは、太陽にほえろ的になるなー。

まー、終わってないのに次の話も鬼が笑うけど。

楽しみしときましょう。


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“医龍3(1)”

2010.10.14.thu@シャバ01405

●鼻注4(1/200)
●経口4(1/200)
●体重51.7kg

101007_

始まりましたー。

1、2のときはリアルでは観てなかったんで、初のリアル医龍(笑)

いきなりテンションが高くて引き込まれてしまった。

何よりうれしいのは 稲 森 い ず み さんの復帰。

大好きなんです、稲森さん。

ちょっと痩せた感じ?

でも、それがいい。

で、今回のシリーズは、地に墜ちた明真大学付属病院の再生を、朝田率いるチームドラゴンが成し遂げていく…のかと思いきや、ちょっと違うみたい。

心筋梗塞に倒れた荒瀬(阿部サダヲ)を助けたのは、朝田(坂口憲二)でなく心臓カテーテル術の神、黒木慶次郎(遠藤憲一)、だったー。

まさか金髪の遠藤憲一が出てくるとは。

いつものように事前情報一切なしで観てるんで、私の場合はまさに作り手の手のひらでコロコロされてます(爆)

心臓外科vs心臓血管外科ってことになるのかな?

すべての糸を引いているのは、2のラストで捨て犬同然にポイされた野口(岸部一徳)?

アロワナとともに華麗な復活。

しかも学長の座を手に入れた鬼頭(夏木マリ)も野口の野望に乗ってチームドラゴンの敵になるような。

今現在の医療問題を絡めてどう展開していくのか興味はつきない。

ムダのない緊張感溢れるストーリーを期待したいなー。


ほな! (^o^)


にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)