病院の日

10月に入院します―!

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成27年9月19日(土)

あまりにも肛門周囲膿瘍の腫れがひどくなってきたので、またもや病院へ。

昨日は金曜日なのでいつものドクター。

診せると

『あー、これは膿がたまっていますねー。

ちょっと切開しますね』ということで切開。

痛いのです―。

でも仕方ない。

『押しますよー。

あー、結構出てきますねー』ということでかなり溜まっていた様子。

溜まってほしいのはお金だけなのにー!

で、こないだの内視鏡の結果で生検したところの一か所がグループ3という判定ということで。

1が炎症、2が良性ポリープ、3が判定難しい、4が前ガン段階、5がガンだそうです。

3だったので判定が難しいので、今後のことを考えて、

『くり抜きの手術しましょうかー!』ってことに。

わちゃー、3年前にやったあれをまたやるんすかーと。

3年前は全身麻酔にも関わらず一泊二日で強行突破して麻酔科のドクターに

『それはあかんですー』と言われ、外科のドクターに確認され、

『夕方のオペならまぁいでしょう』ということになったのです。

今度はそういうことのないように2泊3日でやります!

日にちは調整しないといけないです。

仕事の絡みもあるし。

手術後のリハパン生活もあるし。

膿みと出血の日々が始まるのね・・・。

でもこれも少しでも問題を解消していくためだから。

前を向いてワクワクしながら手術を受けましょう。

入院セットもバッチリ決めて!

荷物は少なめにするぞー!

てなわけで、結果はまたご報告します。

食事の制限を少し強めましょうかね。


ほなね ( 一一)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【特疾更新】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年10月30日(木)シャバ02768

病院に行ってきました。

来年から制度が変わるのでこの時期になってます。

書いてくれるまでだいぶかかるのです。

4320円かな。


ほなね (TωT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【明日は病院】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年10月2日(木)シャバ02740

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

病院の日です。

最近安定してるせいか、ふた月に1回の受診です。

採血の結果は良好?

栄養と貧血と亜鉛不足は変わらずですが、CRPが0.1と信じられないくらい低値でした。

こんなに低いのはいつぶりだろう。

良いことです。


ほなね ≡ \( ˙-˙ )/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年8月1日(金)シャバ02678

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

外科も内科もとくに変わりなし。

次は10月、採血付き。

どーも、内科のドクターはレミケードをさせたいみたいな。

そのためにはバラクルードを一生飲み続けなきゃならないんだよねー。


ほなね (+д+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年6月6日(金)シャバ@02620
〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg

今日は病院の日。

先月の内視鏡と胃カメラの結果を聞きました。

結果は問題なし。

胃カメラで残渣が残っていたのはストレスでしょうと。

心当たりありまくりでね。

ドクターは、『胃より腸の方が大事なんで、とくに直腸と肛門が』とのこと。

ガン化の可能性を常に診ておかないといけないのである。

クローン病で死ぬことはないけど、関連する病気、派生する病気で死ぬことが多いから。

今年のところはOKということでした。

病院のあとは一旦帰って、職場へ。

会議があるのです。

よくやってるわ。

ただし半分はその後の飲み会目当て。

ストレス半端ないし。

6名の参加でございました。

介護現場にいたら辞めようとは思わないけど、今の状況で続けるのは(乂'ω')

相談員という立場を降りて、介護職に戻るのもありかもしれんけど、私的にはもういいです。

私が入れた人、一緒に仕事したい人もいるけどもこの状況じゃね。

満床になろうがなるまいが退職願を出します。

多分引き止められはしないと思うけど。

ほんまに、けたくそ悪いから。

飲み会後、駅に降りてWALKMANを聴こうとポケットから出して耳に入れたときに事件が起きました!

『鍵がない?』

一緒に入れてたはずなのに、ない!

急いでホームに戻り、電車を降りたとこからトレース。

エスカレーもトレース。

改札近くもトレース。

でも、ない!

見当たらない!

ホームの駅員さんに訊いたら、届いてないと。

改札で確かめてということで、改札の窓口へ。

そこから、全改札に訊いてもらいましたが、ない!

電車の中か~?

飲み会をしたお店か~?

と可能性を探りつつ、明日の朝にお客様センターに問い合せてほしいとのことで、とりあえず帰宅。

帰宅してから考えた。

『もしかして、ロッカーに挿さったままかもしれん!』

なぜなら、今日はお休みの日。

職場へも病院後、私服で行きました。

ロッカーで上のジャージを着て会議に参加。

それから着替えるときに、当然いつもとちがう段取りなわけです。

ということは、挿したまま忘れたかも・・・。

祈るような気持ちで出勤。

恐る恐るロッカーを見たら・・・、

キタァァ━(ノ>ω<)ノ :。・:*:・゜'★

ありましたー(*>`ω´<*)

やりましたー、推理的中!

でも、こういうヒヤリは懲り懲りなんで、キーチェーンを付けようかなぁ。

検討中!


ほなね ⊂('ω'⊂ )))Σ≡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年5月9日(金)シャバ@02592

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重48.1kg


今日は大腸内視鏡の日。

朝一、消化器外科の診察を受けて、処置室でモビプレップを飲むという強行軍。

おっと、腫瘍マーカーの採血もあった。

腫瘍マーカーは問題なし。

モビプレップは初めての腸内洗浄剤。

ニフレックと違って梅味です。

それに、味が濃ゆいです。

これを2時間ほど懸けて飲みました。

もちろんトイレに通いながら。

飲むにあたって処置室を使うかどうか悩みましたが、結局、使わせていただきました。

『あのー、午後から内視鏡検査なんですけど、これ作らせてもらっていいですか~』みたいに声掛けして。

やさしいナースさんばかりでよかったよ。

結構殺気立ってるかなと思ってたんで(笑)

トイレ行ったかなぁ。

たぶん8回は確実かな。

2時間ちょい懸けて無事飲み切って処置室をあとにします。

次は検査室の待合に。

いつも15分は早めに行くので今日も余裕です。

受付を済ませ、すぐ順番が回ってきました。

今回はかなり腸内をきれいにしたと自負してたので順調。

ベッドに左側臥位で寝て、肩に筋肉注射して腸の動きを止めて、肛門にキシロカインを塗ってもらって挿入です。

年々、検査機器と技術、手技が上達していくんですしょうか、スムーズでした。

最深部まで行くのに15分は懸からなかったかなぁ。

検査結果は、『大腸はきれい。切除した回盲部の吻合部がびらんになっている』。

これは去年と同じですね。

生検は5ヶ所。

ガン化してなきゃいいけど。

もしなってても乗り越えてやるけど。

てことで、家に帰ってバタンキューなのでした。


ほなね (*'ω'*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年4月11日(金)シャバ02564

〈エレンタール〉
◆経口2(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


病院の日はいつもと違うとこに行くので、気分転換になりますね。

スマホに変えたので、病院の日のフォーマットが変わります。

てか、使いこなしてないので、うまいことこちらにメールを持ってこれないのです。

ドン臭い私。

でも、入力のコツは、掴んできたよ。

やっぱポケベル入力が早いです。

ということで、朝一病院です。

外科では一番に診てもらえました。

『どうですか?

腫れも変わってないですし、膿も減ってる気がしますね。

来月採血しましょうか』とのこと。

自分ではよくわからんのです。

最悪の状況になれば、オペもしくはシートンですね。

今日は内科も早く呼んでくれました。

『そろそろ検査しないとあきませんね。

来月辺りでしましょうか?

胃カメラもせなダメですし、内視鏡と両方ね。

えーと、オペして何年なりますか?

7年にはなりますね。

そんときは、回盲部切除でしたね。

診察は検査をするからひと月飛ばしましょうか?

予約とっときますね』

てな感じ。

いつもながらここのドクターは話が早い。

それはいいとして、検査か~。

おまけに診察日とかぶってしまったんで、病院で下剤を飲むことに・・・。

処置室の一角を貸してくれるみたいだけどさ。

非常事態の連続なるからツラいなー。

なんとか乗り切るしかないですが・・・。

チャレンジですね。


ほなね ( ω )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年3月14日(金)シャバ@02536

<エレン>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


ひと月に1回の通院。

おそらく一生続くのだ(笑)

さて、朝一採血なので、いつもと同じ時間に起きて出発!

キツいわ~。

寝坊したいやん。

それでもFightです。

採血は30分ほど待って終了。

今日は5本採りました。

すぐに外科です。

『どーですかー。

ちょっと脹れた感じがするんですね。

たしかに少し脹れてるかな。

膿も少し多い目かもしれませんね。

でも、まだ何か処置が必要な状況でもなさそうですね。

もちろん腫れてきたり、痛みがひどくなったり、熱をもってきたときはすぐ連絡してきてくださいね』とのこと。

一進一退というか、3ヶ月くらい完全絶食しないと良くはならないでしょう。

良くなるとも限りませんが。

クローン病であるかぎり仕方ないですね。

次は内科。

採血の結果が出てからなのでひたすら待ちます。

待つしかないですからね。

2時間近く待ったかなぁ。

『どうですか。

変わりないようですね。

採血は腫瘍マーカーがまだ出てませんが、CRP0.2ですね。

レミケードしてもいいんですけどねー。

バラクルード飲まないといけませんが。

一生飲み続けないといけないとなると、考えちゃいますよね。

今のところは何とかエレンタールでキープできてるし、悪くなったときに考えるということにしときましょか。

それと内視鏡ですね。

一年に一回はして、お尻の状態も確認しとかないといけないですからね。

暖かくなったらやりましょか』てな感じ。

レミケードは踏ん切りつきませんね~。

効くかどうかわかんないですからね。

ゆっくり考えましょう。


ほなね (o^-^o)

○処方薬
・ペンタサ:1回4T、1日3回(朝昼夕)
・ビオスリー:1回2T、1日3回(朝昼夕)
・ロペミン:1回1T、1日3回(朝昼夕)
・タケプロン:1回1T、1日1回(朝)
・イリボー:1回1T、1日1回(朝)
・プロマック:1回1T、1日2回(朝夕)
・エレンタール1回1包、1日3回(朝昼夕夜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年2月7日(金)シャバ@02501

<エレン>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


○外科
膿瘍が心持ち軟らかくなっている。

○内科
レミケードは炎症反応が高くなったら。

○検査
なし。

○処方薬
・ペンタサ:1回4T、1日3回(朝昼夕)
・ビオスリー:1回2T、1日3回(朝昼夕)
・ロペミン:1回1C、1日3回(朝昼夕)
・タケプロン:1回1T、1日1回(朝)
・イリボー:1回1T、1日1回(朝)
・プロマック:1回1T、1日2回(朝夕)
・エレンタール1回1包、1日3回(朝昼夕)


朝寝坊しつつ病院へ。

寝るのが遅くなってるから仕方ないの!

でも診察時間には間に合うソツのなさ。

今日も外科から。

珍しく予約時間より1時間くらい待ちます。

患者さん多いからね。

『どーですか?

レミケードの話が出てるんですか。

肝臓のこともありますけど、お尻の孔のところが塞がることで、膿が出にくくなると思いますので、前にやったみたいに切開しないといけないことが出てくると思います。

効く人には効くんですけど、そういうリスクもあるということですね。

膿瘍の部分はいつもより軟らかくなってるので問題ないと思います』等々。

まぁ、レミケードの話はちょっと出てるだけで、私としてはあまり考えてないけど…。

頻度とか負担とか効き目が薄れてくる問題がどうなのかということを明確にして天秤にかけてみないと判断できないですね。

次は内科へ。

どうやら外科の間に呼ばれてたみたいで看護師さんから

『終わられてました? 少ししたら呼びますね』とのこと。

『外科の方はどうでした?

レミケードは炎症反応が高くなってひどくなってきたら考えましょう。

バラクルードはずっと飲み続けないといけないですから。

便回数は何回くらいですか?

5回くらいですね。

次、採血しましょうか。

お薬は30日分、エレンタールは2週間分ですね』てな感じ。

今日の混み具合はそこそこだったかなぁ。

でも診察終わったのは11時半くらい?

会計終わったのが12時かなぁ。

今日はそっから忙しくて、まずは職場へ。

ちょっとした雑用と会議。

休日出勤じゃん!

終わってダッシュで歯医者さん。

左の上のとこの詰め物が取れたみたいで。

職場の近くの歯医者さんも考えたんだけど、まっすぐ帰りたいやん(笑)

でも今は日勤帯で仕事してるから休日になっちゃうけど…。

早く早、日、遅、夜勤の生活に戻りたい~\(☆o☆)/

そうすれば受診日をコントロールしやすくなるのん。

歯医者さんはキツかった。

頚椎ヘルニアのせい。

ずっと上を向いとかなあかんから辛抱できへん。

治療の痛みより頚椎の痛みの方が痛かった…。

治療費4300円も痛かった。

それから麻酔が懸かったままお通夜へ。

忙しくすぐる!

病院、職場、歯医者さん、お通夜。

これも生きてるからしゃーない。

お通夜は後輩のお父さん。

普通に会社に行って帰ってきて、フーッとしたと思ったら亡くなったそうだ。

脳梗塞とか脳出血かなぁ。

65歳…。

若いよ…。

いろいろお世話にもなったし悲しいね。

でも、残された者の心の中にいつまでも残る。

死は新たな生の始まりでもあるし。

人間…すべての生物の生きる意味のひとつに『命を繋ぐこと』ってあるんだろうね。

遺伝子が複製されていくわけだから、そういう世界に生きてるってことで。

私は命を繋ぐ存在になれるかな(笑)

おっと、今日は誕生日でした。


ほなね (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【病院の日】

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村

平成26年1月24日(金)シャバ@02489

<エレン>
◆経口3(1/300ml)
◆鼻注0(1/400ml)
◆滴下速度(1/125ml/h)
◆体重?kg


○消化器外科
診察なし。

○消化器内科
肝胆膵受診の手続き。

○肝胆膵科
慢性B型肝炎治療に関して。

○検査
なし。

○処方薬
なし。


2週間前にも行ったばかり。

気分転換になるからいいけど。

『えーと、今日は何でしたっけ?

そうそう、肝臓のことで肝胆膵科を受けてもらうんでしたね。

今のところ肝臓は問題ないんですが、注意は引き続き必要ですので、肝胆膵の先生に診てもらっておきましょう』とのこと。

診察室で手続きをしてもらって肝胆膵科で待ちます。

肝胆膵科では、

『初めまして』とドクターの自己紹介から。

『えー、慢性の肝炎の治療についての説明なんですが、クローン病の治療をするにあたって、レミケードやヒュミラを使うとなると肝炎のウイルスが増加する可能性があります。

そのときにを飲んでウイルス量を下げる必要が出てきます。

ただこの薬は減らすだけで根絶はできませんので、飲み始めると一生飲み続ける必要がある薬です。

増えたときに飲むか、最初から飲むかの2つの方法があります。

どちらを選ぶかは消化器内科のドクターとよく相談してくださいね。

高い薬なのですが、医療費助成もありますので、一度考えてみてください』てな内容。

再び消化器内科へ。

『説明受けはりましたか。

外科の先生にもその旨書いときますので~』。

てことで、ドクターはレミケードやヒュミラを考えてる様子。

そりゃ私もやってみてもいいかなと思うけど、レミケードは定期的に点滴しに来ないといけないし、ヒュミラは自己注射。

それで半永久的にクローン病の症状が出ないならいいんだけど、徐々に効き目は薄れてくる。

そのときにどうかってことなんだよねー。

今のところは経口エレンタールで安定はしているし、思案のしどころ。

やってもいいけど、やらなくても平気かなぁ。

うーん、完治するならやるけどねー。

原因がわかんないから、

『症状が出なくなることはあっても、完治とは呼べない』わけだ。

厳密に言うならね。

早く遺伝子治療で治るようにならないかなぁ。

そうなったら、生まれる前に施して、病気をしない赤ちゃんや老化しない赤ちゃんとか作り出しちゃうと思うぞ。

それはそれで怖いなー(笑)


ほなね (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧